FC2ブログ

ずっと 君を待っていた・3 

温かくなると、蛇が冬眠から覚めて石垣の隙間や、朽木のうろからぞろぞろ出てくるんだ。
しかも、登下校、毎日必ず出くわすんだ。

「あぁ、クシちゃん、この季節は大変だねぇ。」

「今日も、お出迎えの皆様大勢いらっしゃってる。」

青ちゃんは分かっていて、ため息混じりに、そんなことを言う。
学校から自宅まで、自転車で20分の間に、数えて27匹の蛇に遭遇した日には、さすがにこれは少しはおかしいと思ったらしい。

数える方も、数える方なんだけどさ。
身体中の毛穴から、脂汗が噴いた気がするよ。

どう考えても、おかしいに決まっている。
27匹の蛇が全て鎌首挙げて、道路端でとぐろ巻いてこっちを向いていた日には、普通の女子ならきっと卒倒すると思う。
俺も、今日は青ちゃんがいなかったら、正直危なかったかもしれない。
過呼吸寸前で、何とか自宅にたどり着いたけど、顔色は蒼白で、恥ずかしながら、指先までがたがた震えていた。

「出たの?」

母親が言う。

「今年は、半端なく多い気がする・・・」

冷や汗が喉元を伝った・・・
27匹いたよと、数を告げた。

「何かさ、あいつらクシちゃんのこと、すげぇガン見してんのね。」

と、一度、青ちゃんがしみじみ真顔で言ったことがある。

そうなんだよ。

先の割れた舌を出し入れしながら、じっとこっちを見つめてるの。

「クシちゃんのこと、すごく慕ってるみたいだ。」

「いや。もしくは、狙っているというべきなのか?何か、お婿さんになる話あったよね、日本昔話でさ。」」

「やだ~っ!俺、どうせなら人間の女の子がいい~っ!」

俺、肌に蛇を這わせるような、マニアックな趣味なんて、持ってないもん。




眺めるのは嫌いではないですけど、触るのはちょっと・・・

お読みいただきありがとうございます。
明日もがんばれ~と思ったら、ポチと拍手お願いします。舞い上がって喜びます。   此花
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村

関連記事

0 Comments

Leave a comment