FC2ブログ

ずっと 君を待っていた・2 

幼馴染で従兄弟の須田青児は、いつもそんなぼくを見て、笑っている。

同い年だけど兄貴みたいな青児のことは、昔から「青ちゃん」って呼んでる。

「クシちゃんは、何でこんなものが、いっつも怖いんだろうねぇ。」

「ほれ、ほれ。」

あのぉ・・・縄跳び用の縄を、ぶんぶん振り回すの止めて下さい。
そこは、自分でもわからないけど、いまやぼくは蒼白です。

どこか身体の内側の深いところで、誰かが囁いている。

「まだ、それに近付いては駄目。」ってね。

「まだ」って、何だろ・・・

でもね、不思議なことに大嫌いな「長いもの」の筆頭の蛇だけど、向こうは何故だか近寄ったりはしないんだ。
まあ、元々、毒持った凶暴なのは、日本じゃ南国意外に、そんなに沢山の種類居ないだろうしね。
やつらは、鎌首をもたげて、じっと遠くから物いいたげに見つめているという雰囲気なんだ。

それが、余計に気味悪くて、「出た~っ」て、つい大騒ぎしてしまうんだけど・・・

道端で、後ずさりするぼくを青ちゃんは、気が付くとそっと背中に庇ってくれる。

・・・そこ、ちょっと不満なんですけど。

「どうして?」
「だって、女子じゃね~し。」

そういうと、青ちゃんは「じゃ、前へどうぞ。」といってぷっと吹いた。
笑うけどね、青ちゃんのこういう所って、きっと少女漫画の王子さまの役目なんだよ。

言っておくけどね。
ぼく、相手が人間なら、かなり頑張れると思うんだ。

こう見えたって一応、青ちゃんと同じく剣道部で有段者なんだよ。
まあ、一年にして既に大学からのスカウトが、引く手数多の青ちゃんと違って、ぼくの方の腕前はたぶん「並み」だけど。
だから、細くても多少、腕に覚えはある。
県内じゃ、個人でも一応トップクラスだしね。
一見、頼りなく見えるかもしれないけど、不良に絡まれたら、死んでも彼女は守るタイプだよ。
だから、安心して。

(誰に言ってるんだ?)

で、その青ちゃんは家庭環境が複雑とかで、荒れかけた中学の頃から、ぼくの家に下宿している。
何が原因か、よくは知らないけど、今じゃ違和感なく、仲のいい兄弟みたいなもんだよ。
きつい目つきも、今じゃ穏やかになったし。

「長いもの」の件を外しても、頼れるいいやつだ。

まあ、いずれ、衝撃の事実が発覚したりするんだけど・・・それは、もっと後の話になる。




ちょっと不思議な感じで、話は進みます。
拍手、ポチありがとうございます。
がんばれよ~!と、言っていただいているようでとてもうれしいです。男子が主人公というだけで、BLだとおもってるんじゃ・・・   「そのようなことは、ございませんっ!」  (p・Д・;)やばいぜ~  此花
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村

関連記事

4 Comments

此花咲耶  

鍵付きコメントkさま

何とかBL風味になるように、がんばります。

!(`・ω・´)きりっ!

2011/01/27 (Thu) 20:20 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011/01/27 (Thu) 11:55 | REPLY |   

此花咲耶  

NoTitle

chobonさま

きゃあ。出だしおっけぇでしょうか。

おお~!chobonさまは、蛇を触れるんですか?
此花の家の周囲は田舎なので、普通に蛇が木の枝の上に丸くなっていたり、枝に化けていたりしますので、油断禁物です。
chobonさまのお描きになった、裃姿のお侍さんを拝見させていただきました。いろいろなものをお描きになるんですね。
凛々しくてとても素敵でした。和ものだと、違った印象です。コラボ絵も眺めてはどきどきです。(//▽//)・・・←よこしま~・・・コメントありがとうございました。嬉しかったです。

2010/10/22 (Fri) 19:47 | REPLY |   

chobon  

NoTitle

コレマタ面白そうなお話しが始まってしまいましたねっ!!

全然関係ないんですが、私は蛇大好きです。
いや……なんで!?って突っ込まないで下さい……。
なんとなく……あの障り心地?が好きなのかも……。

2010/10/22 (Fri) 13:44 | REPLY |   

Leave a comment