FC2ブログ

こんにちは、あかちゃん・5 

でも・・・と、言わなければならない。

洸一が天使みたいだったのは、小学校3年生までだった。

天使のテンちゃんじゃなくて、乱暴者のランちゃんに名前を変更しなければならなくなった。
さすがに、ご近所の奥様方からの「天使」の称号も、いつしか返上されていた。

「やっぱり、男の子ね。」

そんな風な、噂が聞こえてきた。

見た目は天使のイラストのように儚くて、誰もが驚くほど綺麗な少年だったけど、洸一の中身はぼくとはまるで違っていた。(当たり前だけど)

学年が変わってから、三日に一度は学校から、呼び出された。
文句の電話も、同級生の親からしょっちゅうかかってきるようになった。

誰に似たのか、洸一は元気が有り余っているのか、度々誰かと喧嘩をした。

「みぃくん。これ、先方さんに渡す菓子折りね。」

「う・・・ん。行ってきます。」

「しっかりね。」

ぼくは、玄関でしょんぼりと靴を履く。
沙耶さんが一度、謝りに行ったとき向こうがずいぶん失礼だったとかで、ケーキを投げつけて帰って来て以来、お詫び担当はぼくになった。
そのほうが、向こうが折れやすいからと、沙耶さんが言う。

「みぃくんの顔を見たら、たいていの人は怒れないから。」

「そうかなぁ・・・。家ではしょっちゅう怒られてるけど?」

大抵の人は、玄関でぼくを見ると固まって目を丸くする。(もう、慣れた)
松原洸一の父親ですというと、お母さんたちの声が急に半音上がるのが不思議だった。

「この度は、お宅のお子さんに洸一が乱暴してしまって、申し訳ありませんでした。よく言って聞かせますから、許してやってください。」

頭を下げたぼくは大抵涙目になっていて、平謝りの間、顔も上げられない。
洸一の乱暴には何か原因があるのだろうかと思っていたけど、その日謝りに行った子の家で、原因が明らかになった。

そこのお母さんは、ずいぶんしっかりとした人で、いくら子どもの喧嘩でも、双方から話は聞くべきですと言ってくれた。

「洸一くんのお話を、きちんと聞く機会になさってはいかがですか?」

「怪我は、大したことありませんけど、お父さんと洸一くんの、お二人でいらしてください。」

それでぼくは、洸一の手を引いて殴った同級生の家に向かったのだけど、途中で洸一の足が止まった。

「パパじゃなくて、ぼく、一緒に行くならママが良いんだけど・・・。」

「え?でもパパにお話しましょうって、相手の人は言ってくれたんだよ。だから・・・」

「ママが良いの。パパじゃだめ。」

頑なに言い張る洸一は、頑固でうんといわないので、仕方なく近くの公園で宥めることにした。
並んでブランコをこぎながら、聞いてみた。

「洸ちゃん、どうしてパパじゃだめなの?」

「・・・男らしくないから。」

「あ・・・そ、そっか・・・」

いつか息子に、そんな風に言われる日が来るんじゃないかと思ってはいたけれど、余りに唐突に訪れたその日に、一瞬で世界は色あせた。
錆びたブランコの軋む音だけが、呆然としたぼくの脳内に響く。

ああ・・・とうとう、この日が来てしまった。

白くなってゆくぼくの顔を見つめた洸一が、ブランコからとんと飛び降り、ママを呼んで来ると告げた。

ぼくの・・・一番大切な洸一の背中が・・・小さくなってゆく。

明るかった世界が、厚い雲に覆われてゆく気がした。

心が、イタイよ・・・沙耶さん。





洸一の真意はどこに?
傷心のみぃくんです。努力で何とかなることならがんばれるけど、これはきついね・・・
拍手も、ポチもありがとうございます。いつも励みになっています。
もうすぐ50000ht・キリ番です。
どうぞ、よろしくお願いします。
「うぶないい子がいますぜ?奥さん。」←怪しげなキャッチ・セールスみたいになってます~。  此花
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村

関連記事

6 Comments

此花咲耶  

ねねさま

きゃあ。お久しぶりです。(^-^*)/
男らしくないから、はきついです。みぃくんは、御想像どおり今、ぐだぐだです。
お読みいただきありがとうございます。きっと、ねねさまのおっしゃる通り、ここを乗り越えたら、固い絆がうまれそうです。
コメントありがとうございました。うれしかったです。


2010/10/18 (Mon) 23:03 | REPLY |   

ねね  

みぃくん、がんばれ!

此花咲耶さま、こんばんわv

「・・・男らしくないから。」かぁ…。
これはとても厳しい一言ですね…。

これがみぃくんにとって子供の親としての一大転機になるのでしょうか?
これを超えればみぃくんファミリーがまた一つ成長できるはず…。
続きも楽しみにしています♪

2010/10/18 (Mon) 22:24 | EDIT | REPLY |   

此花咲耶  

NoTitle

アドさま

「「ねー❤」」 ・・・ハートつき。

(@△@)・・・こちらも噂話中です~。厳しい言葉に、パパが傷ついています。
でも、子供って親のことは無条件に好きだから(そう、思ってます)ただの乱暴ものじゃないはずです。
見た目、パパと同じの設定です。・・・というか、アドさま。
お忙しいはずなのに、コメントありがとうございます。
J庭に向けて、がんばってくださいね。「男妊娠」おお~・・・!面白いですっ。

2010/10/18 (Mon) 20:04 | REPLY |   

アド  

うわぁあああ

これは(◎ω◎)

「パパが男らしくないから!」

言うようになったなね~~天使の「ランちゃん」…でも、可愛い。
真意があるんですねー。

「奥さま―、ランちゃん乱暴だけどかわいいわー」
「だって、奥さん。パパが可愛いったらないんですものー」
「「ねー❤」」

やっぱり「噂」やっちゃった(*/∇\*) キャ

2010/10/18 (Mon) 18:28 | REPLY |   

此花咲耶  

NoTitle

けいったんさま

「「ねぇ~...」」

(@△@)・・・本当に、そこでこんな会話が交わされているみたいに、リアリティ抜群です。
男前のだんな様を持っているお母さんは、大抵主婦仲間の中では、ねたみ心でぼろかすに言われます。
上記の会話、ありそうです~・・・

洸ちゃんには、洸ちゃんの言い分があります。
一気に成長させてしまって、ごめんね。
洸ちゃんの言い分を、聞いてあげてください。
姿がいただいた「一輪花」のみぃくんだと思ったら、もうめっちゃ愛おしくなってしまいます。←書いといて。
コメントありがとうございます。うれしかったです。

2010/10/18 (Mon) 16:05 | REPLY |   

けいったん  

会話シリーズ「噂・2」

「ねぇ 知ってる?松原さん家の洸ちゃんったら 最近 やたらと 乱暴で...」
「知ってるわよ! うちの子も あの子に 怪我させられたんだからッ!!」

「あら お宅の子も。うちの子もなのよッ!」
「ほんと 怖いわねぇ~ 天使の顔をした 悪魔よッ!」

「でも 何で あんなに 乱暴に なっちゃのかしら?」
「そうよねー 洸ちゃんのパパって すっごく優しそうだし・・・」
「きっと ママに似たのかも! だって しっかりしてて 気が強そうだものー」
「きっと そうよ」
「パパに 似れば 良かったのにね・・・」

「「ねぇ~...」」

ご近所で またまた 噂になってる松原家の洸ちゃん。
でも 今度は 悪い噂。
みぃパパが 男らしくないからなの!?
洸ちゃん、みぃパパを 嫌いにならないでね(ToT)...byebye☆



2010/10/18 (Mon) 15:41 | REPLY |   

Leave a comment