FC2ブログ

こんにちは、あかちゃん・4 

ぼくは、どうやら余りできの良いパパではないらしい。

どちらかと言うと、思い切り「役立たず」みたいだ。

沙耶さんは、病院から帰ってきてしばらく横になってる方がいいからと言っても、とても横になんかなっていられないわ・・・と眉をひそめて呟いた。

「きゃあ・・・洸ちゃんが、ミルク吐いたぁ!わ~・・・どうしよう。パパ、小児科っ、小児科の電話。」

その横では、パパが受話器を握りしめ、ぼくは赤ん坊をその辺りにおいて電話帳を繰っていた。

「みぃくん。あなたの職業はなんですか?」

腕組みした沙耶さんが、ぼくに冷たい視線を送りぼくはそこでやっと気が付くのだ。

「あぅ~。い・・・医者です・・・」

「乳幼児が、飲んですぐミルクを吐くのは?」

「・・・よく、あることです。」

「お父さんも、受話器しまってくださいね。パパと一緒におじいちゃんまでおろおろしちゃって、困った人たちでしゅね~、洸ちゃん。」

洸ちゃん・・・と、沙耶さんは名前を呼ぶ。

でも、パパ(おじいちゃん)と、ぼくと、成瀬のおじさん、ユリアちゃんは「天ちゃん」と呼んでいた。

「洸ちゃんは天使みたいだから、いっそテンシって呼んでもいいかな。」

ある日、思い切って打ち明けたら、沙耶さんはいくら何でもそれはだめよと、あきれ果てた。

「どこかで、この子のこと、どうしてテンちゃんって呼んでるんですかって、聞かれたら、どう返事するの?」

「あ・・・の。天使みたいに可愛いから・・・じゃ、だめ?」

「だめ!どこの世界に、自分の子供を天使だなんて呼ぶ親がいるの。もし、居るなら逢ってみたいわ。」

沙耶さん以外の、その場に居た人間(いつもの4人)が「はい。」と手を上げた。

「でもなあ、沙耶さん。」と、すかさずパパも反論。

「客観的に見ても、この子は、ほかの子と比べても本当に可愛いぞ。」

がんばれ、パパ!

「いくらおじいちゃんでも、他所の子と比べてはいけません。どこも自分の子が一番可愛いんですから、失礼です!」

正論に、パパ(おじいちゃん)はぐぅの音も出さず撃沈した。

「でもさ、乳母車で散歩に行っても、すぐに人が見に集まってきてさ。この子ってほんと可愛くて、天使みたいですね~って言われるしな。」と、援護射撃はしょっちゅうやって来ては連れ出そうとする成瀬のおじさん。

日々、洋服や玩具のプレゼント攻撃を受けている。

はっ!まさか洸ちゃん、狙われてる・・・?

「洸ちゃんには、羽なんか付いてませんよね~。」

沙耶さんは常識的に見て、だめなものはだめと意地になっていたけど、その後しばらくすると諦めて「もう・・・テンちゃんならいいわ・・・」と折れてくれた。

手先の器用なユリアちゃんが、テンちゃんの全てのベビー服の背中に、薄い羽を作って縫い付けてしまったから。

「だって~、洸ちゃんはユリアの天使だもん。ほら、似合う~、テンちゃん~。」

きゅうと抱きしめられたお礼に、テンちゃんはよだれでペタペタの手で、ユリアちゃんの綺麗な顔を撫でていた。

「や~ん、テンちゃん、ユリアのこと好きみたい~。」

「こいつ、面食いだな。」

「や~ん、成瀬さんったら。」

「きゃっ。」

相変わらずの、ばかっぷるだったが、テンちゃんが初めて声を上げて笑った。

「きゃあっ!今の聞いたーーー!?」

光につつまれている気がする。

洸一を中心に、世界が回っていた。

幸せな、幸せな時間。





このまま、時が止まればいいのにと思います。
でも、子どもは成長してゆくし天使のままではいられません。
後、二話続きます。お読みいただければうれしいです。

拍手も、ポチもありがとうございます。いつも励みになっています。
もうすぐ50000ht・キリ番です。
どうぞ、よろしくお願いします。
例えば、この続きとかいかがですか?奥さん。←怪しげなセールスみたいになってます~。  此花
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村

関連記事

4 Comments

此花咲耶  

NoTitle

アドさま

こっちも噂話中になってる。(@□@;)・・・この連係プレイはいったい・・・?
BLどころか、天ちゃんのよだれでべたべたです。
ちゃんとしか、キスシーンも出てこないのに続き書いたら、きっと世間はドン引きですわよ。奥さま。
ぴんくのぞうさんにもなってない・・・ぱお~
コメントありがとうございました。うれしかったです。

2010/10/17 (Sun) 17:11 | REPLY |   

此花咲耶  

NoTitle

けいったんさま

「「「...ねぇ...」」 」
この、ご近所のドン引きの会話も、きっと沙耶さんにしか通じないです。ちょっと調べましたら、とんでもない赤ちゃんの名前というのが在って『天使』って普通にいましたよ~~~!奥さん。
(@△@)驚きました~!
一番びっくりしたのは、『宝石』と書いてなんと『ジュエル』ちゃん。「天ちゃんでドン引きしちゃだめっ。」by-みぃくん

2010/10/17 (Sun) 17:04 | REPLY |   

アド  

「オクサーン」
「あら、今日は天ちゃん見た―?」
「それがねぇ、あと2日で見られなくなっちゃうかもなんですって」
「いやぁああああああっ」
「そうでしょう? 近所のオクサン達で、もっと見せてーって頼んでみましょうか?」

と、近所の奥さんも毎日眺めたい天ちゃん!!
キリ番踏んで奥さん代表でリクエストしたいです~~。
48783だわぁ~奥さま~~。

2010/10/17 (Sun) 15:30 | EDIT | REPLY |   

けいったん  

会話シリーズ"噂"

「聞いた?」
『なに、何のこと?』

「松原さん家の 洸ちゃんのことよ!天使みたいに 可愛いから 天ちゃんだって!」
『あぁ 洸ちゃんねぇ~ 確かに 可愛いのは 可愛いけど 天使の天ちゃんって・・・』

「「...ねぇ...」」
と、近所の奥様の噂にも お構いなしで 皆に 溺愛されてる 天ちゃん、スクスクと 元気に育ってねー

天ちゃん、みんなの 幸せの素♪ (^o^)ゞbyebye☆

2010/10/17 (Sun) 14:47 | REPLY |   

Leave a comment