FC2ブログ

こんにちは、あかちゃん・3 

それは、感動の出産だった。

新しい命に立ち会う喜びを、何に例えようかと思ったがそれはもう言葉では例えようがなかった。
パパもぼくに似ているといって大喜びで、二人してうれし涙で抱き合うほどの幸せだった。

タイから帰って来たばかりの、成瀬のおじさんは「みぃに、そっくりだ。」といって、こちらも感動の面持ちだった。
成瀬のおじさんは、実はぼくの亡くなったママの恋人だったりする。

もう、写真を見てもぴんと来ない、ぼくと同じ顔の本当のお母さんと、大好きな洸兄ちゃんが、万難を排しこの命を護ってくれた・・・そんな気がする。

正直に言ってしまうと、オンナノコみたいなぼくに似てしまったら、社会的には余り良いことないんじゃないかなと密かに思ったが、この天使はあっという間に周囲を夢中にさせてしまった。

眠っているといっては、皆が覗き込み、起きているといっては、皆が覗き込んだ。
くしゃみ一つに、そこにいた全員(おじいちゃん、ぼく、何故か成瀬のおじさん、ユリアちゃん)がバスタオルを持って走ってきたのには、沙耶さんが苦笑していた。

「一枚で、いいです。」

「じゃ、これ。」

その場の全員がタオルを差し出した。
オムツを替えるのも大騒ぎで、新生児のぴちぴちうんちすら「・・・愛おしいもんだな~。」とパパがしみじみ言って、沙耶さんをどん引きさせた。
でも、実はぼくも「この子は、うんちすら可愛い」そう思っていた。
・・・どうしようもない。

ミルクを飲んだ後の、小さなげっぷ。
小さな手のひらをつつくと反射的に握り返してくる指。
へその緒がなかなか取れないで、ガーゼをばってんに貼ったばんそうこう。
かえるのような、つるつるのおなか。

小さな爪、柔らかな茶色の髪の毛の一本まで、全てがたまらなく愛おしかった。

『命名・松原 洸一(まつばらこういち)』

パパが字画を考え、考えてくれた名前には大好きだった洸兄ちゃんの名前が入っている。
亡くなった人の名前を付けるのは、その人の人生を背負わせる意味があるから良くないとは聞くけれど、きっと洸兄ちゃんが君を護ってくれるよ。

君のパパを護ってくれた洸叔父ちゃんが、いつも傍にいてくれるよ。
甘い匂いのするほっぺたに、祝福を贈る。


『誰よりも、誰よりも、幸せにおなり、洸一。』




みんな、めろめろです。
どんな子に、育つでしょう。どうやら相当の美人さんになりそうです。想像してください。  此花
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村
関連記事

4 Comments

此花咲耶  

NoTitle

「鍵付きコメントさま」

いつも、キリ番です~と騒ぐだけ騒いで、気が付くと終ってます。(T△T)・・・
ご心配頂いて、ありがとうございます。
あとがきの所に、「もうすぐ50000です」って、入れておくことにします。
色々教えて下さって、ありがとうございます。
早速、今晩から入れます。誰か名乗ってくれると嬉しいな~・・・

2010/10/16 (Sat) 17:12 | REPLY |   

此花咲耶  

NoTitle

けいったんさま

どう見てもBLじゃないです~・・(´;△;`)いいの~・・・?

少しだけ成長したところ迄、書くつもりです。
ちょっとだけみぃくんが傷ついたり、ほのぼのしたりします。
けいったんさまのリクエスト、楽しく書かせていただいてます。
まだ終っていないけど、どなたか50000で名乗ってくださると嬉しいです。
コメントありがとうございました。うれしかったです。きゅんきゅん♪

2010/10/16 (Sat) 17:07 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2010/10/16 (Sat) 16:30 | REPLY |   

けいったん  

想像してみた・・・

みぃの子供だから やっぱり可愛いかった!!

皆の溺愛ぶりが ほのぼのとして 暖かく 読者の私も バスタオルを持って 駆けつけたい程です♪
これだけ大人たちに 愛された子供は 沙耶に似て 優しく
みぃに似て 美人さんに なるでしょうねー

将来が、楽しみで 心配ですよねー

2010/10/16 (Sat) 16:20 | REPLY |   

Leave a comment