FC2ブログ

【狂おしい秋・学園の狂騒・13】 

BL観潮楼秋企画【狂おしい秋・学園の狂騒・13】

秋企画pioさま、バストショット



開店前の木本の経営するSMバーで、隼はフルーツタワーを眺めて幸せそうだった。

「おなか、ぺこぺこだもんっ。」

そのまま学校に戻る事無く周二の家に来てしまったから、学校では長蛇の列に並んだ人々が騒いで大騒ぎになったらしい。
テレビのモニターに大写しになって、一体誰なんだと話は大きくなったそうだが、何も知らない二人は呑気にフルーツをぱくついていた。

数時間前。

事態の収拾に努めた生徒会長だったが、さすがに張り上げた声も群集にかき消されかけた。

『アクシデントは、文化祭に付き物だよなぁ。』

外部の派手な男が、低い一声で蒼太の手から拡声器を取ると、恫喝するように瞬時に周囲を黙らせた。

「木本さん・・・」

助けてもらったのが嬉しくて胸に縋りつかんばかりの生徒会長、樋渡蒼太を視線で制し木本は学外に出た。
そこにいた、視線が存在の異質さに気が付き、騒ぎになると蒼太が困ることになる。

「なんで、もう帰るんですか?ほら、蒼太から喫茶のチケットこんなに貰ってたのに。ケーキと紅茶くらい、食べて帰りましょうよ。木本の兄貴。も~・・・」

松本は、ほんの少し不服そうだった。
派手な外車も目立つから、遠く離れた駐車場に置いて来た。
何だかんだ言いながら、蒼太が可愛くて仕方がないと思っているのは、傍にいる松本にもばればれだった。

「一本くれ。」

紫煙をくゆらし、高架の歩道橋で座り込むと、漂う煙に視線を泳がせた。

木本さん




「なぁ・・・蒼太、立派に生徒会長やってたな。」

「あいつ、やっぱり頭良いんでしょうね。あれだけの全校生徒、指一本で動かしちまうんですから。先公も一目置いてたっぽいですしね。」

「自由にしてやらなきゃなあ・・・と、思ってさ。そろそろ、あいつも進路とか考える頃だろ。」

季節はいつの間にか、晩秋となりアキアカネが飛ぶようになった。

「でも、あいつ。木本さんのこと大好きじゃないですか。きっと離れませんよ。」

「そんなときゃ、こっちから別れてやるのが、大人ってもんだろ。」

木本はほっとため息をつき、いつもと違う顔を見せていた樋渡蒼太の顔を思い浮かべた。

『これも、愛?木本さん・・・?』

何故かいつも縋りつくような目で、愛を確認する年下の恋人だった。
狂おしい秋に、引導をわたし自由にしてやろうと思った。

元々、沢木隼に対する「おいた」が過ぎて、仕置き代わりに無理矢理抱いた。
真性サディストの自分に必死で縋る、蒼太を可愛いと本心から思っていた。
だが今日、木本は気付いてしまったのだ。

「蒼太と俺じゃ、生きる世界が違うんだよ。」

そう冷たく言い放った年上の恋人の傍で、蒼太は血の気を失って青白い頬のまま、辛うじて立っていた。
カップを持つ手が、小刻みに震えていた。

・・・それは、又、この先別の話になる。





秋企画のイラストでこの素敵な叔父様を見つけたとき、お話を思いついて、内心ちょっと浮かれてしまいました。
イメージ違ってたら、ごめんなさい・・・です。   此花
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村

観潮楼さま秋企画
こちらで使用させていただいている美麗挿絵(イラスト)は、BL観潮楼さま・秋企画参加のみのフリー絵です、それ以外の持ち出しは厳禁となっております。著作権は各絵師様に所属します。
pioさまカロリーハーフ・chobonさま鼻血ぷぷっの美麗イラスト、素敵叔父様お借りいたしました。ありがとうございました。
関連記事

2 Comments

此花咲耶  

NoTitle

pioさま

chobonさんの素敵叔父様の、綴り絵を見た瞬間に、妄想がどか~ん・・と膨らみました。
観潮楼さまお抱え絵師様の、萌えポイントはがっつりと高いです。きゅんきゅんします。
隼ちゃんと周二くんがらぶらぶになった(あくまでも予定)後、木元さん達もらぶらぶになればいいなぁと思っています。
別れを切り出された蒼太くん、どうなるかなあ。うふふ・・・←ブラック(鬼畜)此花。
pioさまが、面白いよ~といってくれるように、がんばりますっ。0(^▽^)0

2010/10/12 (Tue) 23:28 | REPLY |   

pio  

きゃきゃきゃー!!

す、す、すてき木本様~!(*@▽@*)渋カッコイイ~!シビレますた……。chobonさん叔父さまステキ過ぎ~☆
ももも、……もしかしてこれはchobonさんのステキ叔父さまが此花さんに妄想をもたらして、蒼太くんに悲劇という展開に……?
ぎゃー!蒼太くん、犯人はステキ叔父さまメーカーのchobonさんという人ですよ!←チクっちゃった♬

2010/10/12 (Tue) 22:32 | REPLY |   

Leave a comment