FC2ブログ

「一輪花・桔梗」 

ぼくは、カーペットの上に散らばったお金を数えてため息をついた。

「380円かぁ。」

貯金箱を眺めて、呻っているのには理由がある。
大好きなお隣のおにいちゃんのお引越しが、昨日済んだとママたちが言っていた。
就職が決まって、独り立ちするのよと叔母さんが言ってた。

ぼくには何も言ってくれなかったおにいちゃん。
でも、詳しい住所も、叔母さんに聞いたから大丈夫。
隣町だから、自転車で行ける。

引越しのお祝いをしてあげたかったけど、ちょうど新しいゲーム機が発売されて買った後だった。

「う~・・・こんなことなら、ゲーム、買わなきゃ良かった~・・・。何で、黙って引っ越しちゃうんだよ・・・。」

しょんぼりと階段を下りていったら、ママがおやつよと声をかけてくれた。

「いらない・・・」
「あら、いらないの?シェブールの苺ショートなのに。」
「・・・いる。」

ワイルドストロベリーのお皿に乗った、白いケーキ。ケーキ・2

でも、シェブールの苺ショートは普段480円もして、誰かのお誕生日くらいしか買わないのに・・・?
おにいちゃんも、前にぼくの誕生日に、このケーキだったら甘いの駄目だけど食べれるねって言って食べてくれた。
ママが、うふふと笑った。

「なんと、先着100名さまに創業5周年記念で100円だったの~。」

ぼくは、ポケットの380円を握りしめた。

だっしゅ。

残り3個に間に合って、ぼくは運よく2個買うことが出来た。

小さな箱に2個のケーキを入れて、ぼくはそうっと自転車でお兄ちゃんの部屋に向かう。
きっと買えないけど(予算的に)、お花屋さんを覗いてみた。

「好きなお花があるの?」

自転車のかごの前に乗ったケーキの箱に気が付いたみたいだった。
どの花も綺麗だけど、お兄ちゃんに似合うのは・・・あ、これ。
目が留まった花に、お店の人を見やると、にこっと笑ってくれた。

「綺麗でしょう。秋の花だよ。きりっとして繊細で、ぼくもこの花好きなんだ。」

「でも・・・180円しかないの。買えないです。」

「いいよ。あげたいの、大切な人なんだね。」

ぼくは黙って大きく頷いた。
きっとその時のぼくは、真っ赤なトマトみたいな顔だったと思う。

お花屋さんは、花言葉を教えてくれた。
「やさしい愛情」「かわらぬ愛」「やさしい温かさ」「温和」・・・花言葉って、結構当たってると思う。
たった一輪だけど、ぼくのありったけの気持を込めて、お兄ちゃんにお引越しおめでとうと伝えたかった。

マンションを見上げて、ちょっと迷っているとどんと人に押された。

「あっ!・・・」

持っていたケーキの箱と、お花を落としてしまった。

「・・・・。」

ケーキ、絶対、潰れた・・・
ぐしゃって音がしたもの・・・
一つしか付いていなかった花の首も、くたりと折れた・・・

「ひっ・・・く・・・」

あ~あ、泣かせちゃった・・・と、周囲にいた人たちが、思わず声を上げた。
落ちたケーキの箱の前で、こんなところで泣いては相手の人にも気の毒だと思ったけれど、ぼくのちっぽけな気持も一緒に潰れた気がして後から後から、涙は零れて箱の上に落ちた。

「里流(さとる)?」

頭上から、ぼくの聞きたかった声がした。

「今、ここでぶつかっちゃって。」
「泣かせちゃったんだ。知り合い?」

膝を抱えて泣きやまない、ぼくの頭上で会話が続いていた。
後で・・・と聞こえた。

「里流(さとる)。おいで。一緒にケーキ食べよう。」
「だって、潰れちゃった・・・」

箱の中を覗いてお兄ちゃんは優しく笑った。

「大丈夫。苺が転がっただけだよ。それに、ほら、お花にお水あげないと可哀想でしょ。」
「だって、もう・・・」
「ほら、ここ見て。つぼみついてるよ、ちっこいの。おいで。」

大人の男の人の、独りの部屋。
何だか特別な空間のような気がする。

「何もないね。」
「そうだね。越して来たばかりだから、少しずつ増やすよ。」
「どうして、お引越しのこと教えてくれなかったの。」

お兄ちゃんは、ちょっと困った顔をした。

「そうだね。里流(さとる)とちょっと離れた方が良いかなと思ったんだけど・・・」
「どうして?お仕事とかの邪魔だから?」

ぼくがいつも、くっついて離れないから困ってしまったんだろうか。
ぼくがお兄ちゃんのこと、大好きなのは迷惑だといわれたような気がして、酷く悲しくなった。

「帰る・・・ね。も、困らせない・・・から。」
「里流、君はぼくが好き?」
「う・・・ん、大好き。」

その言葉に嘘はなかった。
うんと小さなときから、大好きだった。

「里流といるとね、ぼくは優しいお兄ちゃんでいられなくなるんだよ。」

悲しい目をして、お兄ちゃんはため息をついた。
指で生クリームをすくうと、じっと視線を向けたまま一本ずつ指を舐めてゆく。
その仕草は、どこかいけないことをしているようで、長い指が濡れた唇に呑まれるのを、ぼくはぼうっと見とれてしまう・・・。

「里流は、生クリームでできているわけじゃないから、こんな風に食べちゃいけないだろ?」
「だから・・・ね。ここには、もう来ちゃいけないよ。」

ある日突然、引越しの話を聞かされてぼくがどんなに寂しかったか、お兄ちゃんは分かっていない。
ぼくは、お皿の上の潰れてしまった苺ショートを掴むと、自分の顔に塗りたくった。

「食べてよ!一緒に食べるんでしょ!」

呆然としていたお兄ちゃんが、そっとぼくに触れた。
綺麗な顔が傍に近づいて、耳をくすぐった。

「引越しのお祝いだから、二人で食べるんだったね。ここも・・・いいの?」

ほっぺたに付いた生クリームを舐め取った舌が、ぼくの唇を割って侵入してきた。
長い指が、ぼくの肌にしっとりと体温を伝えた。

「お祝いありがとう。里流。・・・もう、お兄ちゃんはなしだよ。」

ぼくは、もう全身が真っ赤な苺になって、丸ごと食べられてしまう・・・・

「お、お引越し・・・おめでとう。kikyouさ・・・ん。」

小さなつぼみの付いた、一輪花がグラスで震えた。


桔梗





お引っ越し祝いを書かせていただこうと思ったのですが・・・・思ったのですが・・・、とんだ駄作で申し訳ない・・・言い訳から、入る情けない此花。
気持だけ受け取っていただければと思って、そうっとアップします。いっそ、気がつかないで下さい位の勢いで
「kikyouさま、ブログお引越しおめでとうございます。」       此花
関連記事

4 Comments

此花咲耶  

NoTitle

アドさま

こちらにまでコメントありがとうございます。(^▽^)ノ
お会いしたことないので、作品から受けるイメージで書きました。
此花はいまだに後孔の説明も出来ないテクなしだけど、みなさまの想像力がカバーしてくださっているみたいで良かったす。
アドさまのところで感想いただけたり、コメ下さった方が居たりでうれしくて(´▽`〃)舞い上がってます。アドさまとkikyouさまが喜んでくださったのが何より嬉しいです。正直、自分の書いたものでお二人にこんなに喜んでいただけるなんて。実はそれが一番嬉しい・・・(/∇\*) きゃあ。恥ずかし。

2010/10/13 (Wed) 08:18 | REPLY |   

アド  

(*/∇\*) キャ

kikyouさんが、イケないお兄さんにヾ(´∀`〃)ノ~♪
此花さんkikyouさんといいアドさんといいとっても素敵なSSです~~(うっふふ~アドさんですよー、名前出てるけど~)引っ越しに掛けてケーキとお花とナニやら自分まで「お祝」に持って行ってしまった里流くん。
さと・・・? おお!! 里がついているんだ!!
あっちこっちに仕掛けがありますね~~、エチカワイイです。
kikyouさん本格お引っ越しおめでとうございます。

2010/10/13 (Wed) 05:40 | REPLY |   

此花咲耶  

NoTitle

kikyouさま

きゃあ。早くもコメントありがとうございます。
わ~ん、喜んでもらえたよ~。・゜゜・(/□\*)・゜゜・泣く・・・。
先ほど一応、お知らせだけしに行きました。

どうぞ、生クリームプレイ(そんなのあるんですか?)してください。けいったんさまの「一輪花」というタイトルがすごく印象的で素敵だったのでパクリました。

既にすごい閲覧者の数ですね。さすがです、上様。
いっぱいの拍手!
これからもがんばってください。楽しみにしていますっ!

2010/10/12 (Tue) 00:37 | REPLY |   

kikyou  

び・びっくり!

夕方から出かけてて今、村を見たら人気記事の1位にあって、
おお新作か?と思って来てみたら!

もうビ・ビックリ!!

ありがとう!すっごく嬉しい!!
素敵なSS、ああきっと花屋のお兄さんは此花さんなのね。
里流クン良かったね、良いお兄さんに出会えて。

そしてこれから生クリームプレイ?(笑)

マジでじ~んと来ました。
引越し祝いにこんな素敵な話を書いてもらって、
いや~本当に素敵です。
ありがとうございました!

これからも宜しくお願いします!

ひやぁ?ちゃんと言葉になってるか?私。
舞い上がって、何だか凄い文章になってるような・・・

本当にありがとうございました!

2010/10/12 (Tue) 00:26 | REPLY |   

Leave a comment