FC2ブログ

小説・凍える月(オンナノコニナリタイ)・96・最終回 

ぼくは医者の仕事をするとき、いつも女性用の白いパンツスーツで、診察室に入る。
サイズ的にも一番合うからなのだけど、さすがにスカートと言うわけにはいかないから。
長い髪は後で一つにまとめてあって、一見女医さんにしか見えないだろうと自分でも思う。

この先のことは、不確かで誰にも分からないけど、とりあえず今はこうして精一杯生きてゆく。
じぶんをごまかさないで大切にして生きることは、洸兄ちゃんが教えてくれた。

自分を大切にするということは、自分の周囲も大切にするということだと、今のぼくなら分かる。
洸兄ちゃんの先輩のクリニックで、心療内科の医師として、ぼくは患者さんの心に寄りそう。

自分を責めて苦しんで生きている人は、驚くほど多い。
上手くいかないことを、全て自分の荷物にして背負ってる。

「まず、自分のことを考えて。ね?」

ぼくが患者さんに必ず告げる言葉。
例えば、授かった赤ちゃんの命を大切に考えて、無理して出産する人は多い。
だけど、力尽きそうなあなたを支えてくれる人はいるのかと問うと、驚くほど返事は重い。
今日も、不本意にできた赤ちゃんをどうすればいいか、悩む女性が相談に来た。
周囲は、年齢的に次は無いかもしれないから、生むべきだと諭したらしい。

でも、彼女にはしたい仕事もあり、身体も丈夫ではなかった。
サポートしてくれる人も、近くにはいなかった。
いくら考えても、答えが出せずに彼女はぼくのクリニックのドアを叩いたのだ。

「赤ちゃんは大切。だけど、あなたも同じに大切なんだよ。」

そんな一言だけで、ふっと楽になれるほど、心が疲れている人は多い。

「死にたくなるほど頑張らないで。死んでもいいなんて言わないで。」

「あなたが死ぬと、ぼくが悲しいから。」

患者さんに、そういう伝え方をするぼくは、やはり医者としては常識的に外れていて、普通ではないのかもしれない。
それでも、先生と話をした後はもう少しだけ生きていようと思えるの、と言われるとぼくもすうっと楽になる。
話を聞いているうちに、切なくなって一緒に泣いてしまうような涙もろい医師だけど、独りくらいこんなお医者さんが居てもいいと思う。

こんな幸せの容(かたち)を誰が想像しただろう。

仕事帰りに見上げた空には、半人半狼の少女たちが眺めた月が凍えている。

冴え冴えとした空気に、微かに混じるのは春の気配。
遠くの温かいお日さまの光が、無機質な孤独な月を光らせる。
手に注ぐ凍える月光が、いつしか体温で温まって行くようだ。

知らずに感傷的になり、何度も見上げて泣いた過去(むかし)の孤独に惜別する。
自分が自分でいるために、どれだけぼくは涙を零し、迷惑を掛け人に縋ってきただろう。

今は、流れる涙すら温かい気がする・・・

やがて月は満ち、沙耶さんは身二つになり、可愛い男の子を産んだ。
母となった沙耶さんよりも、父親になったぼくよりも感激に打ち震え泣いたのはパパだった。

そして桜の花が咲き始めた頃、ぼくはちょっと無理をして新郎としてタキシードを着た。
着丈と肩幅が合わなくて、スーツを着たぼくはいつかのようにやっぱり七五三のようだったけれど、髪もきちんと撫で付け写真を撮った。

「ね、沙耶さん。ぼく、おかしくないかな?」

「素敵よ。飾って置きたいくらい。」

「沙耶さんも、すごく綺麗だ。」

沙耶さんはシンプルな白いウエディングドレスを選び、それは母親になって輝く彼女にとても良く似合っていた。

そして、結婚式当日、両家の親族が集まった中で、まるで一つのイベントのようにして、ぼくはお色直しのドレスを着せてもらった。
酒の入った無礼講の席で、成瀬のおじさんが撮ってくれた家族写真はまるで二人の花嫁のようでぼくを幸せにさせた・・・
こんな一片(ひとひら)の幸せが、ぼくの手元に届くなんて、誰が想像しただろう。

一陣の風・・・

耳元で、大好きだった洸兄ちゃんがささやいた。

『みぃ、すげぇ可愛い・・・』

凍月最終回



「洸兄ちゃん・・・」




    

 ―完―





とうとう、一応の完結かなと思います。
長い作品にお付き合いくださいまして、本当にありがとうございました。あとがき書きます。  此花
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村
関連記事

14 Comments

此花咲耶  

拍手コメントさま

(〃゚∇゚〃) きゃあ~……たくさんのコメントをいただいてしまいました。
お気に入ってくださったようで、とてもうれしいです。

まだまだ拙いですけれど、こうして感想をいただくと本当に良かった……と思います。
励みになりました。

中々同じ感性を持っていただくことは難しいのではないかとおもっていますから。
此花の好きな登場人物に感情移入してお読みいただき、本当にありがとうございました。
他の作品もお読みいただいているようで、くるくるしてしまいます。
これからも頑張ります。(`・ω・´)

2012/06/17 (Sun) 07:56 | REPLY |   

此花咲耶  

小春さま

小春さま

> 沢山泣きました。

一気に読んでくださって、どうもありがとうございました。
みぃ君のために泣いてくださってありがとうございます。
>
> 色々な事があったけれど、最後は笑顔になりました^^

はい。続編の「こんにちは 赤ちゃん」では子育て中ですしね。
小説を書くというのは、自分が創造主になる事なので、中々楽しいです。
>
> 素敵なお話ありがとう!
こちらこそありがとうございました。(*⌒3⌒*)♪ 小春さんに、うちゅう~~~
|ω・`)逃げた方がいいよ~・・・

たくさんコメントありがとうございました。幸せでした♪

2010/12/30 (Thu) 02:56 | REPLY |   

小春  

一気に読んじゃった^^

沢山泣きました。

色々な事があったけれど、最後は笑顔になりました^^

素敵なお話ありがとう!

2010/12/30 (Thu) 02:34 | REPLY |   

此花咲耶  

アルファさま

アルファさま

> 拙宅にいらして下さったので、お邪魔させていただけました。此花さんがいらしてくれなかったら、こんな素敵な文章に出会える事もなかったのか…と感激しています!

・゜゜・(/▽\*)・゜゜・きゃあ。いきなり嬉しくて涙が溢れそうなコメント、ありがとうございます。
こんなに書いていただいて、どうしましょう。(//▽//)←うかれぽんち~

> BLでも無く、GLでもなく、家族の物語でもあり、一人の男の子の奮闘記であり…。幸せでとっても涙が出るお噺でした。私には言葉で言い表すことができません!

そんな風に言っていただけると、書いた甲斐があったというものです。BLは、意識してきちんと書き始めたのが夏ごろからなので、お気に入ってくださって本当に嬉しいです。

> こんな感想文みたいなコメントでゴメンナサイ!

嬉しかったです。こちらこそ拙文にありがたいコメントいただいて、胸いっぱいです。
長いお話を読んでいただいて、ありがとうございました。(*^ー^)ノ
ちなみに「こんにちは あかちゃん」が、みぃぱぱのお話になっております。さりげなく宣伝しておきます。・゜゜・(/▽\*)・゜゜・
コメントありがとうございました。うれしかったです。

2010/12/06 (Mon) 22:49 | REPLY |   

アルファ  

NoTitle

あわわわ!
拙宅にいらして下さったので、お邪魔させていただけました。此花さんがいらしてくれなかったら、こんな素敵な文章に出会える事もなかったのか…と感激しています!
BLでも無く、GLでもなく、家族の物語でもあり、一人の男の子の奮闘記であり…。幸せでとっても涙が出るお噺でした。私には言葉で言い表すことができません!

こんな感想文みたいなコメントでゴメンナサイ!

2010/12/06 (Mon) 21:32 | REPLY |   

此花咲耶  

NoTitle

「拍手コメント」rさま

嬉しいお言葉、ありがとうございます。此花舞い上がりです~(≧∇≦)
こんなに長い作品、一気読みしてくださったとのこと、とてもうれしいです。
もしかするとBL作品でお越しになったと思うのですが、お気に入ってくださってよかったです。
「こんにちは あかちゃん」が、続編になります。みぃくんの真剣な子育てです。
もしお時間がありましたら、お読みになってください。
コメントありがとうございました。励みになりました。(⌒▽⌒) わ~いっ♪

2010/11/04 (Thu) 13:29 | REPLY |   

此花咲耶  

NoTitle

「鍵付きコメント」さま

きゃあ。お忙しい中、涙が出そうな温かいコメントありがとうございます。
きっとこんな風に、気配りのできるところが皆さまが大好きなところですね。素敵です。
いいところは、見習って此花も「仮」が取れるようにがんばります。
いつかお暇ができましたら、読んでやってください。
どうもありがとうございましたっ!コメント嬉しかったです。
作品楽しみにしています♪(^▽^)ノ

2010/10/13 (Wed) 16:02 | REPLY |   

此花咲耶  

NoTitle

「鍵付きコメント」さま

いつもお読みいただきありがとうございました。
期待に応えれるかどうか、怪しいですけど精一杯がんばります。
みぃくんの子育て・・・うわ~・・・すごいだめそう・・・

2010/10/13 (Wed) 15:53 | REPLY |   

此花咲耶  

NoTitle

りんさま

お読みいただきありがとうございました。読んでくださった方を感じることが出来て、嬉しかったです。
此花のテクが不憫なせいで、どんどんどこがBLやねん~になってしまいましたが、コメントもいただけて本当にうれしかったです。
たくさんの愛の形を認めてくださってありがとうございます。
完結したので、感謝をこめてりんさまにも・・・下手くそですけど・・・お礼のうちゅ~を・・・(≧3≦)逃げて~っ~!

2010/10/13 (Wed) 15:50 | REPLY |   

此花咲耶  

NoTitle

けいったんさま

「みんな、幸せになるために生まれてきたんだよ。」

どんな形でも、望んで努力すればきっと・・・そう思いたいです。この作品で、けいったんさまに、コメントを頂いてすごく嬉しかったのも、なんだかすごく昔のことのようです。
たくさん励ましてくださってありがとうございました。
本当に嬉しかったです。たくさんの感謝をこめて。「大好き」ですっ!
下手くそですけど・・・お礼のうちゅ~・・・(≧3≦)逃げて~っ~!

2010/10/13 (Wed) 15:41 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2010/10/13 (Wed) 15:23 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2010/10/13 (Wed) 13:48 | REPLY |   

りん  

ありがとうございました

完結おめでとうございます。
たくさんの愛の形がありましたね。みぃ君はみぃ君なりに、みんなもそれぞれ幸せになれてよかったです。
素敵なお話をありがとうございました。

2010/10/13 (Wed) 13:37 | EDIT | REPLY |   

けいったん  

NoTitle

迷っても いい... 躓いたって いい... その手を しっかりと 伸ばせば 誰にでも 幸せは いつか 来るのだから、と 教えてくれた作品でした。

みぃが 皆から 優しさの心を 貰った分  医師となって 患者に 与えてくれたら いいなと 思います。

完結、お疲れさまでした。

2010/10/13 (Wed) 13:26 | REPLY |   

Leave a comment