FC2ブログ

紅蓮の虹・49 

「少しは、落ち着いた?」


コウゲイの腕の中で、俺は泣きつかれていつか眠っていた。


「やはり、まだ早かったな・・・」


後悔の様子のコウゲイの声。


「四郎と同じ年になったからと、無理をさせすぎた。」


「記憶が全てだと思っていたが、わたしの虹は我が強い。」


「四郎は、我慢する術を知っていて・・・」


イレーネの指が頬を触った。


「この子は、とても正直なのね。」


「・・・だと思う。」


「どちらも、愛おしい・・・」


・・・眠りは都合よく、深くなった。

関連記事

0 Comments

Leave a comment