FC2ブログ

【狂おしい秋・学園の狂騒・12】 

BL観潮楼秋企画【狂おしい秋・学園の狂騒・12】

秋企画pioさま、バストショット



そういえば生徒会長の書いた人魚姫でも、銀色の魚の尾と引き換えに人魚姫は人間の足を貰っていた。
エロくないので、確か隼に読ませる予定を、没にしたんだと言っていたはずだ。


作・演出:樋渡蒼太
タイトル:『人魚姫』(ボツ原稿)


『願いを聞いた、海の底の魔女は言う。』

「人間の男の子の足をあげる代わりに、お前のその鈴を転がしたような声をもらうよ。いいのかい?」

「それでも、かまいません。どうかぼくに、人間の足を下さい。」

震えながら懸命に、人魚姫は魔女に願いを伝えました。
王子の愛撫に、どれほど身を捩っても、可愛らしく甘える人魚の声は、もう二度と出なくなったのです。
海の底の兄たちは、愛する人の優しい愛撫にも応えられなくなった哀れな人魚のことを思って、涙を浮かべました。

男の人魚姫が魔女に貰った足の間には、可愛らしいぴんくのぞうさんがくっついていました。
王子さまの深い口付けに、人魚姫のぞうさんは小さく震えて喘いだのです。
ですが、人魚姫の切ない喘ぎと吐息は、王子さまの耳にはもう届きませんでした。

やがて、隣国の姫(男)が王子の舞踏会にやって来ます。
人魚姫の透明な白い肌が、羞恥に薄紅に染まるのを愛おしいと思いながら、王子は小鳥のようにさえずる隣国の姫(男)の声に惹かれて行きました。
声を失った人魚姫は、腕を絡めて仲むつまじく語る二人の様子を、悲しげな瞳で見つめるばかりでした。

寄せては返す波の音を、子守唄代わりに王子は眠っています。
人魚姫が手に入れたかったその王子の胸には、人魚姫ではなく隣国の美しい少年が抱かれているのでした。

ああ・・・王子さま。

人魚姫はたまらくなって、ぽろぽろと真珠の涙を零しました。
床を転がる涙は、数え切れないほどの煌く美しい真珠となったのです。

どうぞ、ぼくの姿を見てください。
あなたのお傍にいるために、こうして銀色の尾を足に変えました。
人間の男の姫となり、ぴんくのぞうさんも付けました。
人間の足で一歩歩くたびに、激しい痛みがぼくを襲います。
それでも踊れといわれたら、ぼくは笑顔でもういいといわれるまで一晩中でも、王子さまのためにワルツを踊るでしょう。

あなたのお傍にいる、隣国の美しい男の姫を本当に愛していらっしゃるのですか。
あなたを助けたのは、このぼくですとあなたにお伝えしたいのに、ぼくはぴんくのぞうさんの付いた足と引き換えに声を失いました。

愛する王子さま。
あなたの愛が得られないと、ぼくは明日の朝日を浴びたら、海の泡になってしまうのです。
あなたの胸をナイフで突いて、その温かな血を足にかければ足は元に戻るけど・・・愛する王子さまにそんなことは、できません。

王子さま。
どうか、お願いです。
その方でなく、ぼくを見てください。
ぼくの全てをかけて、あなたを愛する真実に気付いて・・・・。

・・・お願い、ぼくを愛して・・・

心配する海の兄たちがそっと近づき、男の人魚姫の白い肌にそっと口付けを落としました。

「さあ。そのナイフを、早く王子の胸に突き立てておしまい。」

哀れな男の人魚姫は、兄たちの勧めにもいやいやと首を振りました。
もがきながら、泣きながら、赦しを請いながら人魚姫は足を開くと、王子の名を呼びながら涙と共に白い精を零しました。
悲しむ兄たちは、人魚姫の零したものを認めると、とうとう諦めてさめざめと泣いたのです。
声のない人魚姫は、最後まで人間の姿で居ることを望み、悲しみの中で白々と明けてくる朝を迎えました。

もう、王子さまのお傍で、凛々しい姿を眺めることもできません。
最後に、そっと眠る王子さまに口付けると、王子の胸の血を吸うはずのナイフで、男の人魚姫は自分の胸を突きました。

『さようなら。さようなら。王子さま・・・』

『命の限り、愛していました・・・』

そのまま朝陽を浴びて、海の泡になった人魚姫の魂は救い上げられました。
その身体は朝陽に包まれて、ぐんぐん天に昇ってゆくようでした。

「それが、真実の愛だよ。」

どこかで神さまの声がします。
今は、満ち足りた気持で人魚姫は天国の花園にいるのです。

ぱお~・・・・周二のぞうさんが、吼えた。

「駄目だ。お前のコスプレ、危険すぎ。萌え死ぬわ。」

「で、人魚ってどこに突っ込むんだ?」


・・・アンデルセンにごめんなさい。




たぶん、こんな感じだったよね~・・・と、アバウトに思い出しながら書きました。
それは違うやろ~と、思われた方。きっと、あなたが正しいです。何しろ、性別の段階で激しく違ってますから。
笑って、流してやってください。          此花
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村

観潮楼さま秋企画
こちらで使用させていただいている美麗挿絵(イラスト)は、BL観潮楼さま・秋企画参加のみのフリー絵です、それ以外の持ち出しは厳禁となっております。著作権は各絵師様に所属します。
pioさま鼻血ぷぷっの美麗イラストお借りいたしました。ありがとうございました。きゅんきゅんの綺麗お子さまです~。好きだなぁ。

関連記事

2 Comments

此花咲耶  

NoTitle

pioさま

きゃあ。そうなの。文化祭のことをすっかり忘れてしまっている二人です。今頃、きっと生徒会長は大変です。←まるで、人事のように・・・。
エロくないのを通り越して、なんだこれ~・・・になってます。
眠り姫なんて、もうあんなことやこんなことやしたい放題・・・(@□@;)。赤ずきんちゃんは、きっとpioさまの脳内で繰り広げられていることと此花のビジュアルは同じかもしれないです。うふふ。
『おばあさんの、お口はどうしてそんなに大きいの?』
『おまえを食うためだよ!』
『おばあさんの、ぞうさんはどうしてそんなに大きいの?』
『おまえを食うためだよ!』
『きゃあ。』
きっと、こんな感じで延々と続きます。
コメントありがとうございました。秋企画ももうすぐ終ります。楽しかったです。・・・悲しいよぉ。

2010/10/10 (Sun) 22:08 | REPLY |   

pio  

人魚姫だあ~!

此花さん人魚姫隠し持っていたのねー!確かにあまりエロくなはいけどコレはコレでなかなかいいもんですな~。あとは赤ずきんと眠り姫……て、きりがないですね。見てみたいけど……あとは脳内で(ー_ー)。oO◯妄想……周二じゃなくても萌え死にですよおー!きゃわい~隼くん♬もうすっかり文化祭のことは忘れてます。

2010/10/10 (Sun) 21:50 | REPLY |   

Leave a comment