FC2ブログ

【狂おしい秋・学園の狂騒・8】 

BL観潮楼秋企画【狂おしい秋・学園の狂騒・8】

秋企画pioさま、バストショット



松本が列に並び、間近で人形のような隼の姿を見て、小鼻を膨らませて興奮している。

「うっわ~、ねんね、超・可愛い~。」

周二はクラス代表のボディガードとして、仕方なく苦虫を噛み潰したような顔をしてそこに立っていた。

「護衛といっても文化祭なんだから、一応は君も制服じゃなくそれらしい恰好をしてくれるかな。」

生徒会長を睨みつけたが、一応向こうの言分がもっともなので、しぶしぶ流行の執事の恰好をしていた。
元々、モデル体型なので黙っている分には、雑誌から抜け出たようだった。
遠巻きにちらちらと女子が熟れた視線を送っていたが、さすがに「いらっしゃいませ、お嬢様」とは言わない。

「あ、松本さん?ぼく、変じゃない?おかしくない?みんな、いなくなってしまったの。」
「ねんね、あうっ!俺も、急にトイレに用事が~・・・」
「松本さん、今日もおトイレなの?おなか冷えちゃったの?」
「ねんね。今度から、めのほよう、その恰好にして。」
「顔で皮膚呼吸できない気がするから、やです。それに、ぼく漢(おとこ)ですからっ。(`・ω・´)きりっ!」←隼。

周二は呆れた。
赤ずきんちゃんに漢(おとこ)ですからって(`・ω・´)←こんな顔で言われても、可愛いだけだぞ、隼・・・。

それから、眠り姫の恰好に着替え、疲れ果てた隼は休憩に入ると憧れのラブシートで、文字通り眠り込んでしまった。

裏口から、粗大ごみの収集車が入ってきた。
作業着を着た彼等は、ラブシートの眠り姫をそっと抱え上げると、これもかな・・・と呟くと大きな箱に入れてしまった。
学園祭の余分な大道具、小道具、必要のない備品、毎年この時期に一掃することになっている。
美術室の割れたマルスの石膏像、家庭科室のわらの出たトルソー、そんなものと一緒に隼は持ち出されてしまったのだ。
気が付かない作業員もどうかしているが、不注意な彼には大きさから見て愛用の「恋するアキちゃん」と同じようなものだと思った。
何しろ、どう見ても人形にしか見えないのだから、仕方がない。

がらくたを入れた箱の行く先は・・・?

さすがに、荷台の振動に気が付いて軽トラックのがらくたの箱の中、隼は目を覚ました。
だが、眼鏡もコンタクトもないから、周囲の状況が分からない。
箱の中から、顔だけ覗かせると車がどこかに向かっているのだけは分かった。

「え~・・・?ここ、どこ?周二くん~・・・」

「何で、ぼくこんな所にいるの・・・?」



(´・ω・`)←どうやら隼ちゃん、すごく困った状況です。どうして、こんなことに?
方向音痴の上、視力が薄いので大変です。
王子さま~、早く来て。・・・
うっかり、お話が長くなってしまいました。一応、完尻(かんけつ)させようと思っています。
お読みいただきありがとうございます。    此花
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村

観潮楼さま秋企画
こちらで使用させていただいている美麗挿絵(イラスト)は、BL観潮楼さま・秋企画参加のみのフリー絵です、それ以外の持ち出しは厳禁となっております。著作権は各絵師様に所属します。
pioさま鼻血ぷぷっの美麗イラストお借りいたしました。ありがとうございました。きゅんきゅんの綺麗お子さまです~。おひめさまモードの隼ちゃん行方不明です。

関連記事

2 Comments

此花咲耶  

NoTitle

pioさま

・・・隼ちゃん、どこへ行くんだろう・・・←此花、時代劇でよれよれ・・・
ここは、一発気合入れて捜索しないとね。

妄想地雷原の主、ブラックchobonさんの黒マントステキ攻め伯爵様がpioさまの美形王子を鎖で締めあげて、とげとげの赤い薔薇でピシピシと……きゃあっ。
白い肌が打たれて裂けて、細いみみずばれに血が滲むのですねっ。汗ばんだ額に、細い金髪が張り付くのですねっ。
で、閉じた目尻から涙がつっ・・・・と流れて一言。
「伯爵さま、優しくして・・・」

きゃあっ。萌えてまうやろ~~・・・はっ!!Σ(@△@)・・・地雷、踏んでしまった・・・うわ~甘くて危険です~~!

2010/10/07 (Thu) 01:23 | REPLY |   

pio  

予想外!!

ドナドナド~ナ~隼君、どこ行くのーっ!
全く予期せぬ展開~。アキちゃんにアキちゃった作業員は、隼君を変わりにお持ち帰りになったのでしょうかー!そしてここでもまた鬼畜な展開がー!わ~い♬楽しい楽しい。……って!いかんやろ!わーん。野生版の周二君help jun~!

きゃきゃ~!ブラックchobonさんの黒マントステキ攻め伯爵様に、うちのアホ王子を虐めていただきたいー!!(@▽@)/鎖で締めあげて、とげとげの赤い薔薇でピシピシと…………てこの展開……やっぱり懲りないコンビだったのかー!ハアハア……ヨダレ。

2010/10/07 (Thu) 00:49 | REPLY |   

Leave a comment