FC2ブログ

【長月の夢喰い(獏)・6】 

BL観潮楼秋企画【長月の夢喰い(獏)・6】

獏(ばく):体は熊、鼻は象、目は犀、尾は牛、脚は虎にそれぞれ似ているとされるが、その昔に神が動物を創造した際に、余った半端物を用いて獏を創造したためと言われている。
人の悪夢を喰う。

※加虐表現があります。苦手な方はお読みにならないで下さい。

<前回までのあらすじ>

勘定吟味役の父親が、背後からの刀傷で憤死するという不名誉な出来事から、早6年の時が過ぎた。
武士にあるまじき死とそしりを受け、お家はあえなく断絶となり、幼い兄弟達は行方知れずになっていた。
今は、瀬良家縁の菩提寺に、髪を下ろした妻女が粗末な庵を開いて菩提を弔って居ると言う。

兄弟の所在を聞いても尼は口をつぐみ、父の死に際してまだ前髪の兄が、弟達の手を引いて城代家老にお家存続を涙ながらに言上した話も、ただの孝行ものの哀れな美談で終っていた。

当時、誰も彼等の力になるものは無く、行方不明の兄弟を思いやる家中の者も居なかった。
たまに見目良い兄弟が、生きていればどのように凛々しく美々しい若者になっていただろうかと、女共の口に上るくらいのことである。
悲しみのあまり故郷を出奔したとも、遠縁を頼り西国に行ったとも言われていた。

だが実は、残された遺書によって、父の死が仕組まれたものと知った彼等は密かに仇を討っていた。
兄弟は今は、芝居小屋に身をよせ弥一郎は、座付き作家、笹目は、当代一の花形女形、月華は子役となっている。

*――-――*――-――*――-――*――-――*――-――*――-――*――-――*


坂崎家の、奥深く。

格子部屋(座敷牢)にはきつく縛された、瀬良弥一郎の姿があった。
手足を封じられた挙句、思うさま男根を弄られ弥一郎は喘いでいた。

「いっそ、殺せっ・・・父のように、背後から斬りつけて路地に捨て置けばよい・・・っ」

samurai1-2顔・pioさま


足の間には、青竹が肩幅よりも広く入れられ、膝が決して閉じられないようにされていた。
縄目が解けても、決して逃げられないように二重三重の枷がかけられている。
格子を背に男色の小者達が両腕を絡めとり、喜色を浮かべて弥一郎を蹂躙していた。
冷ややかに頭上から、坂崎の目が見つめていた。

「そら。城代様のお声がかりじゃ。もっと、声を上げぬか。」

励ますように、小者の声が飛んだ。
やがて両の手は格子に括り上げられ、裸体に袷一枚の瀬良弥一郎は、今や家中の慰み者となっている。
前にも後にも、逃げ道はなかった。
弥一郎は、ひたすら耐えた。

事が露見した場合、瀬良の遺児が坂崎采女の家に押し入ったのを、坂崎が捕縛したということにすればよい。
家臣の頂点ともなる城代ともなれば、無論、町方風情に届ける必要はなかった。
表向き「お取り調べ」は城代に一任された。

武家には武家の流儀がある。
婚礼前の家老の息女に懸想するなど、切り捨てられても文句は言えない。
切り捨てられた方がどれほどましであったか、その身に教えてつかわすと言われ、弥一郎は呻いた。
今や、自分が書いた仇討の筋書きと、現実は違いつつある。
美しくたおやかに成長した静を瞼に浮かべ、婚儀を台無しにした身勝手な自分を詫びた。

「父に似て、たいそう美々しい男振りよのう。6年ものすさんだ暮らしが凄みをあたえたようじゃ。」
「そなたの父も、幼い頃より愛らしくずいぶん可愛がって進ぜたが、どれ、そなたの後庭も父と同じように可愛がってやろうぞ。」

「く・・・っ・・・は、はなせっ!」

膝裏を抱え上げて、坂崎采女が前からぐいと押し入ってくる。
背後からは、小者が裏から自分の肉をもう一本、弥一郎にねじ込もうとしていた。
坂崎は、父の念友でもありながら父を裏切ったのだ。

「念友でありながら・・・何故、父を・・・討った?」

坂崎は歪んだ笑みを浮かべると、知りたいかと不遜な笑みを向けた。

「知れたことよ。そなたの父は、このわしよりも殿が大事だと言いおったのよ。」
「そ、それは、禄を食むものなら・・・誰しもお家大事が道理・・・ぐうっ・・・」

当然のことだと言おうとして、腹中を塞ぐ忌まわしいものの質量に言葉を失った。

「何を言う。誰よりも何よりも、わしが大事だと言いおきながら、殿に忠誠を誓う二心を許せるはずもない。」
「来い、瀬良忠行。あの日のように、わしの前にひれ伏し詫びを言うまで、存分に弄って使わす。」

「わ・・・わたしの名は、瀬良弥一郎だ。忠行ではない。」
「わしが、お前の名を間違うはずもない。忠行、こうして何度も人目を忍んで契ったではないか。」
「違うっ・・・離せ、離せ・・・ああ・・っ、この狂人が。」
「そうして拒みながらも、結局は尻を振るのだ。のう、愛いやつ。」
「わたしは、父ではないっ、おのれっ、父上を辱めたあげく亡き者にするとは・・・ああっ、ち・・・父上ーーーーーーーっ!!」

采女の手にした恐ろしい張り型でぐいと抉られ、思わず弥一郎は父の名を呼んだ。
目も霞む酷い痛みに、おそらく覚えはないが菊門が裂けたのだろうと理解した。

父の受けた背後からの刀傷には、理不尽な男の嫉妬があった。
そうして、今や、狂った螺旋は弥一郎に向けられている。

「逃げるか。忠行?お主の幼子が路頭に迷い、妻がどうなっても良いのだな。俺を捨てて殿を大事と取るか、忠行。」
「俺を求めて慕った忠行が、何故俺を裏切るのだ。」
「う・・・裏切ったのは、父ではない・・・武士の道を貴殿が踏み外したの・・だ。坂崎・・・城代家老の要職にありながら藩を、・・・殿を裏切る、この外道・・・っ。」

ふと視線を落とせば、足の間に大量の血の溜まりが出来ていた。
このまま、失血して死ぬのか・・・ふと、朦朧と意識が飛び視界が暗くなる。
血走った鬼人の顔で、坂崎采女が抜き身の刀をちろと舐め上げた。

「まだ、殿を一番だというか。忠行・・・きつい仕置きが要るな。」




弥一郎にいさまがついに、憎い仇の手に囚われてしまいました・・・・。
敵の手に陥ることは、おそらく筋書き通りのはずですが、思いがけない事実に弥一郎も動揺しています。
笹目と同時に敵の手にあっては、失敗したときに次の手が打てなくなるため、ここに笹目は居ないのです。
・・・って、ちゃんと文章で説明しようぜ~。(@△@;)←さっき、気が付きました。  手遅れ、此花
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村

観潮楼さま秋企画
こちらで使用させていただいている美麗挿絵(イラスト)は、BL観潮楼さま・秋企画参加のみのフリー絵です、それ以外の持ち出しは厳禁となっております。著作権は各絵師様に所属します。
pioさま鼻血ぷぷっの美麗イラストお借りいたしました。ありがとうございました。きゅんきゅんの和風綺麗お子さま達です。・・・思い切り鬼畜な展開でごめんなさい。本当に、ほんとに、ごめんなさい・・・
関連記事

2 Comments

此花咲耶  

NoTitle

pioさま

きゃあ。綺麗お子さまの母上さま。兄上をとんでもない目に合わせてます。(しかも進行形だし。)
ごめんなさい。その上、月華ちゃんも、明日ご一緒にえらいことになります・・・
Σ!!(@□@;)←実は、ここまでやっちゃ駄目って言われたら、どうしようと密かに思ってました。小心者。
仇討ネタは、いつか書きたかったので熟してます。
後は読後感の落としどころです。強引に幸せの欠片を散りばめますから、鬼畜ですけど,お付き合いよろしくお願いします。

pioさまのサイトの数々の美麗絵は、もう本当に、うっとりのため息です。汲めども尽きない妄想の源泉です。日々、ありがとうございます。ぺこり~♪

2010/10/08 (Fri) 22:09 | REPLY |   

pio  

くらくら~~(◎△◎)~◎

弥一郎ニイタマ……これはもう助かっても隼くんと同じナントカ療法でリハビリのコース……!?助かるどころか狂人が抜き身を舐め上げてる~!鬼畜ー!!此花師匠ー鬼畜ですー!(*◎▽◎*)/♬←喜んでる……。

こんな目に合う事も計算の上で敵の手に陥る兄上。全ては敵討ちのため……なんて切ない、なんて残酷な武士道なんでしょうか……。此花様!200%すごい!よく頑張ってくださいました。ブラボ~♬痺れましたー!

サイトご訪問くださってありがとうございます。(*/▽\*)きゃ♬………現在更新をお休みしてますが、此花さん宅で妄想させていただいております!ありがとうございま~す♬

2010/10/08 (Fri) 21:54 | REPLY |   

Leave a comment