FC2ブログ

【狂おしい秋・学園の狂騒・6】 

BL観潮楼秋企画【狂おしい秋・学園の狂騒・6】

秋企画pioさま全身

結局、ドッキリの映像と隼の妖しい朗読劇のCD-Rをセットにして、希望者に予約販売と言う形をとった。
男子も女子も、先生方も購入希望に〇を入れた。
校長には秘密にしていたが、君、後で並んで写真を撮ろうと隼に声をかけていた所を見ると、校長特権で手に入れたらしい。

今なら、先行予約者に限り、隠し撮り生写真5枚付きなのだそうだ。
もちろん周二も、個人的に生徒会長を半分脅して注文した。

牛乳瓶の厚底眼鏡から一転、醜いあひるの子もびっくりの変貌を遂げた沢木隼は、周囲の羨望と驚愕の視線に晒されていた。
それまでの影の薄さが信じられないほど、艶めいた美しい少年人形に、皆、息を呑んだ。

「何で、コンタクトに許可なんて出したんだよ。心配じゃね~のかよ。」

空いた時間に、茶を飲みにきた隼の父親に聞いてみた。

「隼、学校でいきなり有名人になって、大変だぞ。」
「どあほう。おまえと一緒にいるようになってから、めがねパーにしたの何回だと思ってるんだ。」
「え・・・と。二回くらいっすかね。」
「4回以上だ。あいつのは近視度数が強くて、高圧縮レンズってのを使ってるから、レンズだけでも一枚二万円以上するんだ。」
「両目とフレームで毎回、6万以上だ。こちとら、市民の公僕とはいえ安月給だから、思い切ってコンタクトにさせたんだ。」
「お前がそばにいるから、大丈夫だと思ったんだが、俺の買いかぶりだったか?元に戻すか?」
「いえ、大丈夫っす。隼は、絶対俺が護ります。」


そう沢木パパに約束したものの、周二はこの最近の周囲の雰囲気が少し気になっていた。
金魚のふんではないが、どうもここ最近取り巻く人間が多い。
考えすぎなら良いのだが、放課後、他校の生徒もちらほら目立つのが気になった。
学校にいる間は、執行部なので一人になることはないが文化祭当日が心配だった。
何しろ、隼は人を疑うことを知らない。
そこも魅力の一つなのだが、一度知らない人にくっついて行って痛い目に遭ったくせに、やっぱり今ひとつ危機感はないように見えた。

「少しは、気をつけろよ。」

「周二くんが、いるから大丈夫~。」

秋企画pioさま、バストショット



そういって、肩に頭を預ける隼に優しい目を向けながら、周二の中の野生が危険を告げていた。
往々にして、そういう予感は外れない。

胸騒ぎの、文化祭が始まった。





なんにでも一生けんめいの隼ちゃんをみてると、劇をさせたくなっちゃうけど、どうやら芝居心皆無みたいです・・・。いっそハレンチ学園やっちゃう?
10月いっぱいで秋企画終了です。寂しいな~・・・
「・・・ぱお~・・・(´・ω・`)」通訳・「決まりですから~・・・」  
上げたはずなのに、記事がないッ!慌てて、自分のところを検索したら1970年にアップになっていました。
何でこんなことに~~~?    此花←又、何かやらかしたか・・・
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村

観潮楼さま秋企画
こちらで使用させていただいている美麗挿絵(イラスト)は、BL観潮楼さま・秋企画参加のみのフリー絵です、それ以外の持ち出しは厳禁となっております。著作権は各絵師様に所属します。
pioさま鼻血ぷぷっの美麗イラストお借りいたしました。ありがとうございました。毎日、きゅんきゅんの綺麗お子さまです~。
関連記事

4 Comments

此花咲耶  

NoTitle

chobonさま

お誕生日おめでとうございます。
気の利いたssなど贈れたら、素晴らしいのに・・・と思っていましたら素敵なssでしたね。
皆様、お気遣い素晴らしくて小心者でご挨拶すらまともに行けない、サイト様にもお誕生日ssを見つけて、すごいなぁと思いました。
自分の登場人物すら他力本願です。腕磨いて来年がんばりますから、待っててくださいね。←ハードル自分で上げてどうする・・・これを、俗に墓穴という・・・
コメントありがとうございましたっ。嬉しかったです。
ロザリーさまが落ちるように、マリーアンチョボネットさまもがんばってください。イメージだと、pioさまは、アンドレかなぁ。

2010/10/05 (Tue) 00:31 | REPLY |   

此花咲耶  

NoTitle

pioさま

おそらく、このとんでもない出来事はfc2の責任ですっ!・・・責任者でてこいっ!ということにします。
色々、あんぽんたんなので何かやったんじゃない?といわれると・・・(^▽^)ノ自信ありまっす~!←だめだ~・・・

西洋だと中世十字軍がなかなか、楽しそうです。銀の貞操帯とか今も象嵌の美々しいのが残っているそうです。気になりますね~・・・だってね、ギロチンにかけられる前に髪の毛むしられて薄い肌着で引かれてゆくところとか・・・捕虜になった王子様とか、妄想危険フラグがいっぱいです。ちょうちんブルマの下には、男の子のナニがおおっきく見えるように、綿とか詰めておくポケットがあったらしいです。わ~・・・どうでもいい話でした。
でも、本当の事を言いますとね、pioさまのお描きになる超絶美麗絵の儚げな王子さまってどんなんだろう~・・・と。

マリーアンチョボネットさま。ポリニャックはこれ以上のわがままは言えませんわ。いっそ、ブルボン王家の力でロザリーを懐柔なさって。

「パンがなければ、ケーキを食べればいいのに。」←風前の灯

マリーアンチョボネット・・・フェルゼンとラブラブで、いいなぁ・・・ポリニャックは王妃様の忠実なお友達なので、よろしくお願いします。どこかに、オスカルはいませんか?

2010/10/05 (Tue) 00:23 | REPLY |   

chobon  

もうひと押しですゎ(^ー゜)

ポリニャック夫人、もうひと押しであの方西洋歴史ものに
手をお出しになりますわよ。
ささ、御一緒に!

レッツゴートゥーザ甲冑ワールド‼

此花さんは西洋時代劇バッチコーイですもんねぇ?

とかって無茶ふりなので、当分ベルばらごっこでもして
待ってよ~っと…。
此花さん、ポリニャック夫人ね?
pioさんはロザリーでぇ…
あたし?

あたしはマリーアンチョボネットですゎ‼

2010/10/04 (Mon) 23:33 | REPLY |   

pio  

あっ

だから放映時間にヨダレを垂らしながら、待てど暮らせど隼君達に会えなかったのか!1970年!……ププ。相変わらず此花師匠、やることが面白い。(*・v、・*)

ハレンチ学園に何が起こるのかな~??ワクワク。

あっなんだかchobonさんと二人で、私を魅惑の拷問ワールド(?)に誘い込もうとしてる!まだ検索してないんだもんね~。だって………ぐっさり……ひえー!!((◎△◎))ブルブル……先日の肥後なんとかみたいなヤツはないのかニャ??

2010/10/04 (Mon) 22:46 | REPLY |   

Leave a comment