FC2ブログ

紅蓮の虹・46 

砲弾が、次々に着弾して炸裂した。


四郎の周囲の者が、とっさにかばったが四郎の袖に貫通し軽い手傷を負った。


「四郎様が、怪我をした・・・」


「何故だ。絶対傷つかないのではなかったのか。」


「じょあん(天使)に守られているのではなかったのか。」


小さな不安が、城に立てこもった人々の間に広がってゆく。


誰も四郎を、人だと思っていない・・・


決して手を出してはいけないとわかっていた。


硬く握りしめた拳が、震えた。


傷ついた四郎は、血止めの布を額に当てて、気丈にふるまっていた。


コウゲイはこの場に何度佇んだのだろう・・・


散り行く命を黙って見ているのは、気分が悪かった。


コウゲイは沈黙していたが、俺の内側は荒れまくっていた。


ここまで追い詰めた輩を、四郎やそこにいる人たちの代わりに焼き尽くしてやりたかった。


高台の裸城に、寄せてくる幕府軍は稲に群がるうんかのようだった。


今の俺にはそれが出来た。


・・・だがコウゲイが許さなかった・・・

関連記事

0 Comments

Leave a comment