FC2ブログ

小説・凍える月(オンナノコニナリタイ)・87 

頭の良いのは、佐伯さんの方じゃないかと言ったら、もっといっぱい褒めてくれる?と、楽しげに笑った。

「ねぇ、ナンパしてもいいかな?松原君、今、お茶する時間ある?」

「あるよ。ちょうど喉乾いてたんだ。ぼくのよく行く喫茶店でいい?すぐ、そこだから。」

長時間居座って、本を読んでも何も言わない行きつけの喫茶店が、すぐ近くにあった。

「ここなんだ、どうぞ。」

ドアベルが、客の来店を告げるが店主は中々やってこない。

「え・・と。マスターはいないな。パチンコなのかな。しょっちゅう、お客さんをほったらかしていなくなっちゃうんだよ、ここのマスター。」

この佐伯さんは不思議なんだけど、小さな頃から女の子になりたかった、ぼくの初恋の人だったりする。
ショートカットで一見少年のような快活な瞳で、佐伯さんはそのころの面影を残していた。
子供の頃は、佐伯さんは学級委員で、ぼくはいろいろと助けてもらったんだ。
きっと、見えないところでも色々力になってくれてたのだと思う。
昔。養護の先生が 、松原さんには、四之宮くんと佐伯さんがいるから大丈夫ねって、言ったのを思い出した。

「・・・あれ?何かちょっと会わない間に、佐伯さんの印象変わったかな?」

うふふ・・・と、含み笑いをした。

「すごいなぁ、松原君、気が付いちゃったんだ。」

ほら、ここ・・・と指で差した先に、昔有ったはずの大きなほくろが無くなっていた。

「あ、ほくろがなくなってる。」

「取ったの。小さな頃からすごく悩みの種だったけど、厚みがなかったから案外取るのは簡単だったのよ。」

手術痕もなく、皮膚科で数分の処置だったと佐伯さんは笑った。

「すごく綺麗になってる。良かったね。」

「松原君こそ、相変わらず綺麗・・・って、ごめん。いくら何でもこんな言い方、おかしいね。」

「いいよ。佐伯さんはぼくには特別な人だったから、許してあげる。」

「あ~、そんな上から目線で言うんだ。」

「うん。」

小中学校の同級生と言うだけで、会話は面白いほどスムーズに進んだ。
ドアベルがからんと鳴って、やっとマスターが帰って来た。
ぼくは佐伯さんのために、サンドイッチとコーヒーを頼んだ。

「ほら、四之宮君って、居たじゃない?いつも松原君を保健室に運ぶとき、そうっとお姫さま抱っこしてた大きな彼。」

「うん。」

「この間、たまたまテレビのスポーツ見てたら、オリンピックの最有力選手だって出ててすっごく驚いたのよ。」

そうなんだよ、頑張ってるみたいだね、時々メールが来るよと言うとそっか~、今も仲良しなんだと懐かしむような顔をした。

「四之宮は、ぼくのたった一人の大切な親友だからね。」

佐伯さんはくすりと笑ってあっさりと告げた。

「親友なのね。恋人じゃないんだ。」

「中学のときにね、松原君と四之宮君、男同士で付き合ってるんじゃないかって噂になってたの知ってた?」

「知ってたよ。笑っちゃったけどね。何だか、クラスの女子が面白がって漫画とか描いて回してたでしょ?」

大学ノートに描かれた、鉛筆書きの漫画が女子の間を回っていた。

「見せてもらったことあるけど、ぼくは漫画の中で、しょっちゅう四之宮に襲われてた。オンナノコみたいに。」

「段々、エスカレートして、終いにはらぶらぶ・・・だった?」

お願いだから、それはもう忘れてよね、と言って佐伯さんが苦笑した。

「あ、そうだ。あの子ね、あの漫画描いてた子、本物の漫画家になったのよ。すごいでしょ?」

「え?そうなの?だったら、今度ぼくモデル料の請求に行こう。」

「それは、止めた方がいいかも。下手すると、モデル料の代わりに、松原君もっとひどい話のモデルになるかもよ。今、彼女が描いてるのみたら、松原君気絶すると思う。」

「へぇ・・・何だか気になるなぁ。」

「男の子同士の恋愛ものなの。知ってるかしら、BLっていうんだけど。」

「う~ん、聞いたことはあるかもしれないけど、わかんないなぁ。」

取り留めのない会話が、妙に心地よくていつの間にか数時間も経ってしまった。
突然、はっと気が付いて、時計を見る。

「あ、大変!」

「ごめん、松原君。わたし、家庭教師のバイトが有るからもう行くね。時間押してた。」

「あ、うん。こちらこそ、何か懐かしくて引き止めちゃって、ごめん。」

メアド教えて貰ってもいいかな、と言うのでぴっと交換していたとき、佐伯さんが、会えて良かった~・・・と何気なくつぶやいた。







みぃくん、いつの間にか大学生にっ!(@-@)・・・いきなり、成長加速、トップギア。
お医者様になる道を模索し始めた、みぃくん。洸兄ちゃんの影響もあるようです。
人生にはいくつかの転機がありますけど、今がそのときのようです。

いつもお読みいただき、ありがとうございます。
拍手とポチもありがとうございます。
励みになってます。            此花
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村
関連記事

0 Comments

Leave a comment