FC2ブログ

小説・凍える月(オンナノコニナリタイ)・81 

「お父さんは家から出て行けって言うし、お母さんは泣くし、お兄ちゃんは恥知らずな弟はいらないって・・・だから、わたし・・・わたし・・・成瀬さんに・・・。」

おじさんは、ぽろぽろと涙が零れたユリアちゃんを抱き寄せて、うんと優しくよしよしと頭を撫でた。

ぼくは知らなかったんだけど、おじさんはブログをやっていたらしい。
ユリアちゃんはずっと前からメールで、性同一性障害の自分のことを色々、相談していたみたいだった。

「でも、きっと心配してると思うよ・・・だって、ユリアちゃんの本当のお父さんとお母さんでしょう?」

「みぃ、人それぞれだよ。だから、その話はそこでお終いね。」

成瀬のおじさんの声が、ちょっと厳しくなったので、ぼくはそれ以上言うのをやめた。
ユリアちゃんの深い悲しみは、この間までのぼくの悲しみだった。
誰にも分かってもらえない、心の中のオンナノコの存在に、苦しんでいるのはぼくだけじゃなかったんだね。

高校生になってから、もう解禁といって成瀬のおじさんは、色々な話をしてくれるようになった。
パパと一緒に、ゲイバー「スワン」のママにも会ったけど、どんな場所にも色々な人が居て色々な考えを持っていて、一生けんめい生きているって分かった。

今は、ぼくのような(きっとユリアちゃんも)タイプは、性同一性障害と言う病気だって認められれば、本当のなりたい自分になれる選択肢がある。
病気って言われるのはいやだし、認めるのも少し悲しいけど。
今は水商売以外の道も開けているけど、スワンのママの若い頃にはそんな選択肢はなかったのだそうだ。

昔は、あたしみたいなのはね、新宿二丁目と言う場所で、ひっそり咲く隠花植物と呼ばれたのよと、ママさんは言った。
身長が180センチもあり、靴も28センチ、身体は骨が太く胸板も厚くて、周囲の誰よりも男らしかった。

それでも中身は女なのよ。生きていくにはここしかなかったのと笑うスワンのママさんは、大勢の仲間を死なせてしまったといった。
死なせてしまったなんて、とても平気で口に出来る言葉じゃない。

「それは、何故?」

聞かずにはいられなかった。

「そうね、若い間は良いの。でもね・・・年を取る事を考えるとね、いてもたっても居られなくなるのよ。」

そんな話を聞くとき、ぼくは想像できなくて、胸が痛くてどうしていいか分からなくなる。

「あたしもね、綺麗なうちに早く死んでしまいたいと思ったこと、何度も有るわ。」

「誰でもいいから、泣いてくれる人の居るうちに死にたいって思うわね。たった一人、生きて行くよりは誰かの思い出になりたいのね。」

マイノリティは、10人居れば、その大部分が自殺を考えるんだと、おじさんが言った。
それは驚くことに、きちんとデータが取られていて、実に歌舞伎町で働くニューハーフの74パーセントが死を考えたことがあるという。

「夜の華やかな世界で咲いて、嬌声を上げていてもね、朝になったらしぼんじゃうんだよ、生きる気持も一緒にね。」

「生きていれば何とかなると思いたいけど、時々はそうね、きれいごとでしかないの。」

成瀬のおじさんも、そんなことを考えたのと、聞いてみた。
おじさんは、とても強い人だと思っていたから。

「みぃ。俺が死にたかったのは、祥子を亡くしたときだけだよ。」

ママの事を話すとき、おじさんはとても優しい顔になる。
おじさんは、ママのことが本当に大好きだったのだ。

「みぃを遺してくれたから、死なずにすんだようなものだな。何しろ、祥子にそっくりだった。」

華やかな嬌声と、ミラーボールの回るショウの世界の裏側で、心ない言葉に傷ついて泣く人はいっぱいいた。

普通の仕事に就きたくても、履歴書を書くともうだめで、大抵が不採用になる。
身体と中身の不一致は例外なく深刻だった。
お金さえたくさんあれば、昔も手術が出来たらしいけどみんな「もぐり」で命懸けだったって。
手術が失敗して、言葉は悪いけど不具者や片輪になったものも大勢いた。

酔った客の言葉に笑っていても、みんな深く傷ついて笑顔の裏で血を流していた。
余りに深い傷だと治りきらずに、死にたくなってしまうんだ、きっと・・・

「みぃは、綺麗なだけで幸せよ。ママにうんと感謝なさいね。」

「化け物なんていわれて笑われて、嬉しいわけないでしょ?みんな中身は、人間なのよ。」

水商売で貰うお金は、我慢料なのよとスワンのママが笑った。




ニューハーフの人の事を、別名「ほがらかさん」と、いうのです。
優しい人達が多いです。  此花
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村


関連記事

2 Comments

此花咲耶  

けいったんさま

メゾン・ド・ヒミコという映画をご存知でしょうか。年老いたおかまさんの、お話などもあって、観る度、どこか切なくなってきます。現実には、時々やりきれない事がおおいです。どんどんBLじゃなくなってゆく気がします。( ̄▽ ̄;)
どうしよう・・・
コメントありがとうございました。うれしかったです。

2010/09/28 (Tue) 23:57 | REPLY |   

けいったん  

ほがらかさん...

スワンのママの話しを 読んだ後では
此花さまが <ほがらかさん>と呼ばれていると 書かれていましたが、 何だか 辛いモノが ありますね。

心は どんなに 傷つき 血を流していても いつも 笑っているから。。。
そういう事なんでしょうね。

みぃは まだ 容姿が 可愛いだけ ましかも。でも 辛い事には 変わりは ないのでしょうけど...

2010/09/28 (Tue) 22:22 | REPLY |   

Leave a comment