FC2ブログ

月影の鵺・4 

BL観潮楼秋企画【月影の鵺・4】

鵺(ぬえ):暗い森の中にすみ、夜、ヒーヒョーと笛を吹くような寂しい声で鳴く。
または、伝説上の妖力をもったばけもの。頭は猿、胴は狸、尾は蛇、手足は虎、正体ははっきりとはしない。


<前回までのあらすじ>

勘定吟味役の父親が、背後からの刀傷で憤死するという不名誉な出来事から、早6年の時が過ぎた。
武士にあるまじき死とそしりを受け、お家はあえなく断絶となり、幼い兄弟達は行方知れずになっていた。
今は、瀬良家縁の菩提寺に、髪を下ろした妻女が粗末な庵を開いて菩提を弔って居ると言う。

兄弟の所在を聞いても尼は口をつぐみ、父の死に際してまだ前髪の兄が、弟達の手を引いて城代家老にお家存続を涙ながらに言上した話も、ただの孝行ものの哀れな美談で終っていた。

当時、誰も彼等の力になるものは無く、行方不明の兄弟を思いやる家中の者も居なかった。
たまに見目良い兄弟が、生きていればどのように凛々しく美々しい若者になっていただろうかと、女共の口に上るくらいのことである。
悲しみのあまり故郷を出奔したとも、遠縁を頼り西国に行ったとも言われていた。

だが実は、残された遺書によって、父の死が仕組まれたものと知った彼等は密かに仇を討っていた。

*――-――*――-――*――-――*――-――*――-――*――-――*――-――*――-――*――-――*

白洲に敷かれたわらむしろに手をつき、役者風情、河原者よ、と罵られている「吉沢笹目」の姿があった。

「その方、訴によると、船宿に夫のいる身の妻女を引き込み、色事にふけったとあるが。」

町奉行は、密かに内偵を勧めたが実は役者に何の不都合もなかった。
そればかりか、死んだ勘定奉行の内儀の内腿を、密かに養生所の女医師に改めさせたが精を放った様子もなく、その場に伏した女形は細腰のどうみても人を殺めたりはできないような優男だった。

「北町奉行様。申し開きの仕様もございません。ですが、この吉沢笹目、人を殺めたりは致しておりません。」

「ご贔屓様のお呼び出しと有って、その場に出向きは致しましたが、腹が下ってわたくしその場からすぐに退出したのです。」

必死に縋る役者の瞳は濡れ、膝が割れるのも構わず、袖に縋ろうとして来るのは、嗜虐の虫を持つ町奉行にはたまらなかった。

「誓って、何もして居らぬというのじゃな。」

「はい、はい・・・お奉行様、三文役者の、この細腕で一体何ができましょうや。」

吉沢笹目は、身を振り絞りはらはらと落涙した。
形ばかりのお裁きに、老女と月華も呼ばれ、奉行は調書を取っていた。

「ただのう、吉沢笹目とやら。貴殿に関わって亡くなったのは、勘定奉行様の愛妾でな。」

まあ・・・と声を上げた後、真っ白い顔を直白くして、よよと泣き崩れた花形役者の悲嘆のさまは、その場にいた老女すら味方につけた。

「お奉行さま。このお方と、奥様はお顔をあわしただけでございますよ。この婆もお傍にいたのですから。ねぇ。」

「あい。婆さま。」

老人班の浮くしなびた老女の手を握る月華と二人、涙を浮かべて奉行に迫った。

「どうぞ、この上は勘定奉行様にお引き合わせくださいませ。わが身の潔白、お調べいただきとうございます。」

「月華が、亡き母上に良く似た面差しだと言って泣くので、つい傍において先に帰ったのです。」

「あい。兄上さまのいうとおり、言うことを聞いて月華も一緒に小屋に戻ればよかった・・・えっ・・・えっ・・・」

「月華の母上さまに似て、たいそう美しゅうて、大好きでしたのに・・・お気の毒な奥様・・・」

とうとう、あ~んと泣き出してしまったいたいけな美童の涙に、奉行は奥の間で静かに沙汰を聞いている勘定奉行のほうを見やった。

背景なし・稚児・pioさま

たんと襖が両側に開き、思わず平伏する笹目と月華であった。

「その方等、済まぬ。どうやらわしの考え違いのようじゃ。」

見上げる美貌の兄弟の姿に、はっと胸を突かれたような奉行二人が静かに視線を絡ませた。
白洲に足を落とすと、砂の上に歩を進め笹目の顎についと手をかけた。

「役者は望まれれば、誰とでも肌を合わすというが、その方等もそうか?」

samurai2-2弟顔・pioさま

「遠く猿楽の昔から、歌舞音曲に携わるものは神の声を聞くものです。人の声を汲み上げ、お沙汰をするお奉行様。もしお望みでしたら、この笹目、神の依り代としてお役に立ってご覧に入れます。」

「ならば、来い。」

「今、一度取り調べる。」

そのまま笹目は奥座敷に監禁され、表向き「取調べ」と言う名の、激しい愛欲の加虐を受けた。

samurai2背景あり弟・pioさま



うわ~・・・どうしよう・・・
思いっきり「激しい愛欲の加虐」って書いちゃった。
きっと「薄い目の物足りない愛欲の中途半端」になるはずです。敵前(?)逃亡してどうするっ!此花っ! 
いつもお読みいただきありがとうございます。拍手もポチも嬉しいです。明日もがんばります。    此花
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村

観潮楼さま秋企画
こちらで使用させていただいている美麗挿絵(イラスト)は、BL観潮楼さま・秋企画参加のみのフリー絵です、それ以外の持ち出しは厳禁となっております。著作権は各絵師様に所属します。
pioさま鼻血ぷぷっの美麗イラストお借りいたしました。ありがとうございました。きゅんきゅんの和風綺麗お子さま達です~~!何でこんなに美しいんでしょう・・・ね~(//▽//)・・・
関連記事

6 Comments

此花咲耶  

NoTitle

kikyouさま

きゃあ。なんでしょう・・・・?
〇〇が激しく気になるんですが、教えては下さらないんですね。
えっと・・・二文字だから「ムチ」・・・「緊縛」「加虐」「被虐」「蝋燭」「木馬」・・・まさかの、挿・・・・きゃあっ!(´;д;`) ←あんぽんたん。

最初、かぶっていた猫が段々ずれ落ちそうになってます。
何だろ~、あ~、どきがむねむねします。(//▽//)楽しみですっ♪

2010/09/29 (Wed) 19:20 | REPLY |   

kikyou  

NoTitle

こんにちは~

うふふ・・・私もけいったんに乗っかりました。
そして漏れなくOOも付いて来ます^^

お楽しみに~

2010/09/29 (Wed) 14:26 | EDIT | REPLY |   

此花咲耶  

NoTitle

けいったんさま

し、しめ縄で緊縛~きゃあ!(//▽//)・・・
何だかありがたい感じです。
ほら、どこか今話題の大相撲の横綱が土俵入りするときに、つける化粧回しみたいな・・・って、こら~!!

「月華。母を緊縛するような子は、杉の木に吊るして晩御飯抜きですっ。」by-此花

「母さま、お許し下さい。わたくし、けいったんさまに言われて仕方なく・・・えっ・・・えっ・・・」by-月華 (´;д;`)

「え~~~っ!!まじっすか!?きたね~こいつ、裏切者~月華~」by-けいったんさま (*`・ω・´)

「長いものには巻かれなさいって、弥一郎兄上がおっしゃいました。」by-月華 (*⌒―⌒*)にっこり♪

「縄だけにね。」by-弥一郎←(悲しいほどギャグセンス皆無)

「母上、この緊縛返しのけいったんさま。どういたしましょう?」by-月華

「ほほ・・・色に気を失った笹目と同じ目に合わせておやり。」by-此花

「きゃあ。母上の鬼畜~・・・」by-月華(*⌒▽⌒*)

と言うわけで、緊縛返し~♪「激しい愛欲の加虐」へと続く~・・・のか?

ps、ブログ開設記念日・・・全然考えたことなかったです。ずっと長いこと寂しい独りモノ書きでしたから。はじめましてと自分で書いてあるから、きっとそうだと思います。きゃあ。サプライズプレゼント・・・けいったんさまご自身にプレゼントリボンをかけて下さるんですか?←フライング。どうしよう・・・楽しみ・・・おいしくいただきます。♪ヽ(*´∀`)ノ ←激しく誤解。

2010/09/29 (Wed) 00:43 | REPLY |   

けいったん  

新たな 仇がーー!

「うんっと よいしょ、よいしょ。重いよ...」 by月華
『あれ 月華、しめ縄で なにしてるの?』 by私
「あぁ けいったん! これ? これで 新しい仇を 縛るの」
『新しい仇! って 誰の事?』
「アンポンタンな 此花だよッ! 笹目 兄さまを 虐めるんだよー」
『あぁ そっか。 なら 私も 手伝って あげるぅ~ あの アンポンタンを 一緒に 虐めようね♪』
「ねー♪」
・・・なので 此花さまを しめ縄で 緊縛~♪

P.S.此花さま、10月28日が ブログ開設日なの? もし そうっだったら 1周年記念で 私から サプライズ・プレゼントを 贈らせてね!
何かは お楽しみ~♪ (^o^)ゞ...間違ってたら ごめんね...byebye☆

2010/09/28 (Tue) 22:41 | REPLY |   

此花咲耶  

NoTitle

pioさま

もう、だめだ~・・・敬愛すべきたくさんの美麗挿絵をお描きになり、柊一郎くんやシーロンちゃん達、綺麗お子様の母上が・・・こんなキャラ・・・もう、大好きですっ!(//▽//)きゃあっ。
しかも、鬼畜ドsさまに、縛られてくれとは!
(@△@;)←ドMの立ち場なし・・・?あ、まさか、お手元のロープが短いから此花じゃ届かないとそんな理由・・・?
もう、こうなったら「薄い目の物足りない愛欲の中途半端」にpioさまを伴いたいです。よろしくて?

2010/09/28 (Tue) 22:22 | REPLY |   

pio  

なぬ~!!

激しい愛欲の加虐が「薄い目の物足りない愛欲の中途半端」に???師匠!師匠!鬼畜ドS師匠~!ここに寝言を仰るドMの師匠がおられます。どうかまた縛られてください!

わあ、また師匠同士のオモシロプレイ劇場見られるかな……ワクワク(・v|Ю……ジイ。

しかしYahoo 辞書を開きながら読み進めるこの私には、「薄い目の物足りない愛欲の中途半端」になっていても気づかないかもしれない模様……(・▽・;)安本丹☆
笹目たん頑張れー!

2010/09/28 (Tue) 21:45 | REPLY |   

Leave a comment