FC2ブログ

月影の鵺・3 

BL観潮楼秋企画【月影の鵺・3】

鵺(ぬえ):暗い森の中にすみ、夜、ヒーヒョーと笛を吹くような寂しい声で鳴く。
または、伝説上の妖力をもったばけもの。頭は猿、胴は狸、尾は蛇、手足は虎、正体ははっきりとはしない。


<前回までのあらすじ>

勘定吟味役の父親が、背後からの刀傷で憤死するという不名誉な出来事から、早6年の時が過ぎた。
武士にあるまじき死とそしりを受け、お家はあえなく断絶となり、幼い兄弟達は行方知れずになっていた。
今は、瀬良家縁の菩提寺に、髪を下ろした妻女が粗末な庵を開いて菩提を弔って居ると言う。

兄弟の所在を聞いても尼は口をつぐみ、父の死に際してまだ前髪の兄が、弟達の手を引いて城代家老にお家存続を涙ながらに言上した話も、ただの孝行ものの哀れな美談で終っていた。

当時、誰も彼等の力になるものは無く、行方不明の兄弟を思いやる家中の者も居なかった。
たまに見目良い兄弟が、生きていればどのように凛々しく美々しい若者になっていただろうかと、女共の口に上るくらいのことである。
悲しみのあまり故郷を出奔したとも、遠縁を頼り西国に行ったとも言われていた。

だが実は、残された遺書によって、父の死が仕組まれたものと知った彼等は密かに仇を討っていた。

*――-――*――-――*――-――*――-――*――-――*――-――*――-――*

天に住む迦陵頻伽が、じっと視線を外さないのが、訝しかった。

「まあ、どうか致しましたか?わたくしの顔になにか?」

稚児顔・piosama背景なし・稚児・pioさま

人気役者との逢瀬がやっと叶い、これから過ごす密の時間を思えば幼い舞い手など早く返してしまいたかったが、つれなくするには余りに月華は愛らしすぎた。

「月華の、母上・・・さま・・・に、そっくり。」

勘定奉行の妻女の膝にしがみ付き、母と呼ぶ美童はいとけなく女の思い人を兄上とも呼んだ。
見上げる顔の泣き濡れた様に、妻女はとうとう、よしよしと頭を抱いた。
懐に入り、月華は胸をまさぐった。

「母上。月華の恋しい母上・・・甘い乳を、月華に下さりませ。」

幼子の細腕がくんと胸に入り、あっさりと肌けさせてしまう。
乳房を両の手で寄せると、真っ赤なクコの実に似た小さな粒を口に含み、幼子のように強く吸った。

「あ・・・っ、これ・・・これは、そなたにやるような乳はもう出ぬ。」

「母上・・・いや、いや。月華はお胸に触っていたい。」

胸を散々にまさぐられて、妻女は困り果て、火照った顔を笹目に向けた。
さわさわと、揉みしだく紅葉のような小さな手に笹目の筋張った男の手が添えられる。

「お妙さま。椀を伏せたような形の良い乳をしておられる。」

「そのような恥ずかしいこと。口にしては嫌ですっ。」

「このようなことも?」

乳房は月華に任せて、笹目は奥の院に指を滑らせた。
そこはとうに潤んで、忍ばせた指を飲み込んでゆく。
しとどに濡れそぼった、赤黒い潤みが笹目の指を何本も咥えこんでゆく。

くつろげた下肢の小さな芽に、顔を滑らせた月華が歯を立てた。

「ああっ・・・そなた・・・妾を母と呼びながら、何と言うこと・・・っ!」

「母上・・・母上。」

着物を割り、襦袢もみんな、兄の身体が入りやすいように広げてやって、月華は頭の方に回った。
笹目は腰を打ちつけるが、素振りだけで決して精をやったりはしない。
乱れた髪を撫で付けながら、自らの膝の上に頭を乗せ、月華はそっと上から額に唇を寄せた。

「本当の、母上ならよろしかったのに・・・ねぇ。」

妙の潤んだ瞳が、ふいにくるりとひっくり返って白目を剥いた。

「でもねぇ、月華のかあさまは、もっと美しい方でしたよ。」

唇をそっと耳元に寄せて、囁く月華の小さな手には細く煌く針がある。
こめかみあたりに、芥子粒ほどの血の玉が盛り上がっているのを、月華はそっと舐め取った。

「奥さまは、月華に乳房を下さったから優しくしてあげます。」

「本当は、奥方さまには、笹目にいさまが石見銀山(砒石・亜ヒ酸などを含む毒薬)を下さるおつもりだったのだけど。」

「余ったこれは、小屋のねずみにくれてやりましょう。」

心の臓にぷつりと、とどめを打ち込んで振り返ると、とうに笹目は部屋を後にしていた。

老女が時間を見計らって、部屋を訪ねると神の依り代の恰好をした、穢れのない稚児がしくしくと泣くばかりであった。
驚き訊ねる老女に向かい、涙にくれながら美しい稚児は語った。

「笹目にいさまが、急な腹痛で小屋に戻られたのです。ですからわたくし、お菓子を頂いてしばらく奥さまとお話しておりました。」

「話とな・・・」

「御伽草子の竹取の翁のお話をして下さいました。」

「お優しいおくさま・・・どうして・・・?どうして何もおっしゃらないの・・・?ああぁ~んっ・・・。」

泣き崩れる美童の背中を撫ぜる老女の目には、何の疑いもない。

役者風情と、束の間の逢瀬を楽しもうとして、神仏の罰に当たったのだ。
この神の童が何よりの証拠。
・・・そう思うことにした。

くっすん・・・と、泣き濡れた稚児の衣装は、神の依り代である。

天上で鳴く極楽鳥の声を模して、じゃんと銅拍手を打ち鳴らし、月華は芝居小屋へと駆けた。

稚児舞





お読みいただきありがとうございます。拍手もポチもありがとうございます。
何だか、すごく月華ちゃんえこひいき。上の兄上、ごめんなさい。そのうち、がんばりますっ!  此花
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村

観潮楼さま秋企画
こちらで使用させていただいている美麗挿絵(イラスト)は、BL観潮楼さま・秋企画参加のみのフリー絵です、それ以外の持ち出しは厳禁となっております。著作権は各絵師様に所属します。
pioさま鼻血ぷぷっの美麗イラストお借りいたしました。ありがとうございました。きゅんきゅんの和風綺麗お子さま達です~~!追加で、書き下ろししてくださった稚児舞美しいです。
関連記事

6 Comments

此花咲耶  

NoTitle

ねねさま

きゃあ。またもや一気読みΣ!(@▽@)ありがとうございます。読みやすい文章じゃなくて、すみません。

悲しい鬼の仇討話、今、三部作の最終章を書いているところです。
お気に入って下さってありがとうございます。すっごくうれしいです。
余りに美麗な挿絵に負けないように、隠微で狂おしい物語になればいいなと思っています。
落としどころがやっと見つかったので、がんがん書いています。
ぜひ、お読みになってくださいね。此花舞い踊ります。
コメントありがとうございました。嬉しかったです。きゅんきゅん♪

2010/10/04 (Mon) 20:12 | REPLY |   

ねね  

美しい鬼夜叉

此花さま、こんばんわv
これまた何とも美しく淫靡な鬼夜叉が3人…。
イラストの美しさに見惚れながら、お話をまたもや一気に読んでしまいました。
歴史物の仇討話はとても好きですが、こんなお話は読んだことがありません。
この仇討がどうなるのか、続きがとても楽しみです。

2010/10/04 (Mon) 18:20 | EDIT | REPLY |   

此花咲耶  

NoTitle

pioさま

きゃあ。pioさまに晴れて、鬼畜ドMの免許皆伝戴いてしまいました。ありがとうございますっ!名に恥じないように、がんばりますっ!←何を・・・?
「シリアス殺しの鬼畜ドSけいったん師匠」の大技で、すっかり超シリアスの「月影の鵺」がコント作品になりつつあります。こら~!!
pioさま・・・、ここは面白い~じゃなくて「わしの美麗挿絵使用しながら、何してくれとんじゃ、われ。」って怒るとこですっ!

このお話は、6話完結ですが真面目に言うと、上の兄上は、最後の仇を倒すときにがんばります。免許皆伝、いつ使うんだって話にならないようにお話考えます。沢木パパの初恋も書きたいし、隼ちゃんの文化祭もしたいし、でも打つのが遅くてぴんくのゾウさん並みだし。困ってしまいます。
コメントありがとうございました。書いててえこひいき楽しかったです♪

2010/09/27 (Mon) 23:44 | REPLY |   

pio  

やはり…

月華殿は幼子のようなのにえろちいですなあ。
清らかさが売りなのに、すでにテクニシャン?
えっちもテクニシャン。コロッチもテクニシャン。
きゃー月華殿かっこいいー!
……………見ました。「そのうち」の文字……。
続くーーー見たい見たい兄上のテクニシャン!

貴殿、此花咲耶様は鬼畜ドMにおいて師範の免許を得る者とす。鬼畜ドM師匠です。決定!

うわわー!鬼畜ドM師匠と鬼畜ドS師匠が、入れ替わり立ち替わりの壮絶なプレイをなさってる~。ちょっと眺めていようかな。。。(・o|Ю……ジイ。わあ~すごい~。コッチも面白いー。

2010/09/27 (Mon) 23:24 | REPLY |   

此花咲耶  

NoTitle

けいったんさま

きゃあ。えこひいきが、ばれてる~(@▽@;)やばす~・・・。

ごめんね、次回は笹目にいさまがえらいことにっ!
弥一郎にいさまは、実は・・・・今回・・・・あまり・・・|・ω・`)チラッ・・・出番が・・・
けいったんさまが、今回焼き豚仕様の 緊縛より 脱出されてしまったから、次回は関節決めて吊るします。
楽しみだねって、そんな可愛い顔で言われてもね~。
コメントありがとうございました。嬉しかったです。

2010/09/27 (Mon) 23:21 | REPLY |   

けいったん  

い~けないんだ!いけないんだ~!

此花さま、<えこひいき>は ダメですぅ(ー3ー)
それも 月華ばっかり~だし~

早く 弥一郎兄さまを もっと 出演さてくれよーー(TへT)

やっと 焼き豚仕様の 緊縛より 脱出成功♪ 緊縛の 次は 何するの~(*^o^*)...楽しみだ~ね~...byebye☆

2010/09/27 (Mon) 22:37 | REPLY |   

Leave a comment