FC2ブログ

BL観潮楼H22秋企画【続・緊縛キューピー】 

BL観潮楼秋企画【狂おしい秋・続・緊縛キューピー】

秋企画pioさま、バストショット




周二の部屋のベッドの上には秘本「縄大全」が広げられ、所々付箋が貼られてあった。

傍にある赤い麻縄は、周二が以前エプロンをかけてことこと煮込み、なめした上物の縄だった。
隼に似合うように、赤く色よく染めてある。

「なあ・・・一回だけだって・・・」

放課後、「めのほよう」にやってきた隼の耳元に、そっと囁いた。

「や。」

「聞き分けのない、ヤツだな。」

付箋のついた、縄の掛け方を試してみたくて周二は、隼の腕をまとめて後に軽く捩じった。

「いやーーーっ!・・・パパ・・・っ!やーーーっ!」

パパと叫ばれて、慌てて手を離した周二に、隼は涙を浮かべてかぶりを振った。

「いや、いや。・・・怖いもん。」

確かにそこにある緊縛の写真は美しかったが、どう見ても素人に同じ恰好ができるとは思わなかった。

一括りにされた両腕は、高く掲げられ白く色を失くしていた。
目には幅の広い皮の目隠しがされ、その表情は分からない。

素肌に長襦袢を一枚、羽織っただけのモデルの中心は持ち上がり、そこだけは別の生き物のようだった。
弓なりに海老反って緊縛されたモデルが、身体で丸く弧を描くようにして吊るされていた。

「これ、隼が思ってるほど痛くないぞ。」

「うそ・・・。」

「俺が隼に嘘言ったことあるか?」(あるけど・・・と、言うか、最初っからつきっぱなしだけど。)

腕の中の可愛い恋人は、ふるふると首を振った。

「ううん。周二くんは、ぼくに嘘をつかない・・・けど。」

「な?それにこんな風に、天井に吊るしたりしないし、ベッドの上でちょっと遊んでみるだけだから。」

「俺、おまえのことだけは、本気で一生大事にするって決めてるんだから。」

隼は回された腕の中で少し考え込んでいた。

「しゅうじ・・くん。」

pioさま挿絵ss



「ぼく・・・こんな風に、ぐるぐる巻きになったら、トラさんのカーペットの借金、早く終わる?」

周二はこの上なく優しい顔で、そっとついばむように口付けた。

「ああ、約束する。きっと、あっという間に終るって。」

「ほんとう?・・・あ・・・ん・・・」

周二の指が、ゆる・・・と奥をくすぐる。

「ぐるぐる巻きになれ、隼。」

「んっ・・・」

ぐるぐる巻きにされた隼の目が潤んで、周二の指をねだった。

もっと、奥にぼくのイイトコロが有るの・・・と緩く腰を振って恋人が啼く。
そこじゃないの、もっと深いところを突いて・・・と甘く囁く。

痛くして・・・。
もっと、虐めて、周二・・・くん。
千切れそうなほど、ち・・・くび、咬んで・・・あぁ・・・もっと、赤くなるほど、吸って捏ねて。

「こうかなぁ。」

「あっ!おい、隼!」

ちょっと油断している間に、「ラブちゃん」と名の付いたキューピー(本名、ラブボディ隼)を本の通り見事に緊縛してしまった恋人は、そのまま周二の腕を軽々と縛めてしまった。

「こらーーーっ!解けって、隼っ!」

「やっぱり、ぐるぐる巻きやだもんっ!周二くんで試してからにする~っ。」

「隼ーーーーっ!!こらーっ!待てって!!」

「や~ん。」

「本気で犯すぞ、てめぇっ!こら、隼っ!」

散々わめく周二の声を聞いて、木本が助けに来たのはそれから20分も経ってからだった。

「周二坊ちゃん、・・・何やってんすか?」

「くっそ、油断してたら隼にやられたんだよっ!あーーーーっ、もうっ!解けねぇんだ。」

木本が部屋を覗いたとき、周二はベッドの上で縄大全の見本と同じに転がされていた。
余り、美しいとは言えない恰好で・・・。
木本は、苦笑した。

「これは・・・ねんね、才能有るかもしれませんねぇ。ちゃんと抜けないように、関節決めてるじゃないですか。」

「ふざけろよ、木本。隼は?」

木本が指差す、ベッドの足元に可愛い恋人はキューピーの「らぶちゃん」を抱いて眠っていた。
細く長いリードが、伸ばされているのを外してやった。

緊縛と闘って、さすがにちょっと不機嫌だった周二の顔がすぐに甘くなる。

「やっぱ、めっちゃ可愛いな、こいつ。」

「しゅうじ・・・くん・・・もっとぉ・・・」

幼子のように無防備な姿で、恋人が周二の名前を呼んでいた。

「もっと?・・・ってどんな夢見てんだろうなぁ、隼。」

周二は自分の舌で喘ぐ隼を想像していた。
半開きの唇から、紅い舌がちろと延びて上唇を舐めた。


「もっと、して。周二・・・くん。」

キューピー
「・・・そうだったら、いいね。」  by-ラブ・ボディ隼




続きがあったんです。書いてて楽しかったのでつい・・・エチ場面ないくせに緊縛って。
誇大広告で、日本広告機構に捕まってしまえ。いや~ん・・・    此花
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村

観潮楼さま秋企画
こちらで使用させていただいている美麗挿絵(イラスト)は、BL観潮楼さま・秋企画参加のみのフリー絵です、それ以外の持ち出しは厳禁となっております。著作権は各絵師様に所属します。
pioさま鼻血ぷぷっの美麗イラストお借りいたしました。ありがとうございました。きゅんきゅんの綺麗お子さまです~。ちょっぴりテクニシャンの隼ちゃんです。

関連記事

4 Comments

此花咲耶  

NoTitle

pioさま

二本拘束機構・・・や~ん、もうだめっ!何、このNKK・・・いつかどこかで使いたいです。
何だか二人はずっとこのままみたいです。いつか・・・って言うことにして、サザエさんの世界のように、二人は閉じ込められた時間の中で生きてゆくのもいいかもしれません。
作者のテクが追いつかないので、とうとう緊縛も人形遊びになってます。
このままでは、いかんっ、いかんよ、此花っ!◯◯や◯◯の刑になる前にちゃんと考えなきゃ。←逃亡間近。

コメントありがとうございました。嬉しかったです。

2010/09/26 (Sun) 02:14 | REPLY |   

此花咲耶  

NoTitle

けいったんさま

きゃあ。拍手喝采~!
嬉しいです。お読みいただきありがとうございます。
何しろ夏から、ずう~っと書いていますから、そろそろ飽きちゃいません?と思いました。
隼より一句
「動物は ゾウさんが一番 好きみたい」←駄目だ~・・・
裏キューピーちゃんは、密かに女好きだったのか~。
「できるなら 凍月のみぃくんと あそびたい」by-ラブちゃん。
もう、パソ前で裏キューピーちゃんの呟きに大爆笑でした。
コメントありがとうございました。うれしかったです。(^3^)ノ☆

2010/09/26 (Sun) 02:03 | REPLY |   

pio  

二本拘束機構です。

「タイホに来たぞ!」
「ほう。これはもしやまたしても周二の妄想オチなのか?」
「さて、どこからどこまでが妄想でどこまでが本当なのかな?」
「まさか最初から最後まで妄想だったなんてことは言ったりはしないわね?」
「さあ、白状なさい!白状しないと◯◯や◯◯の刑にするわよ!」

と鬼畜ドSのけいったん師匠が申しておりました。(・o・)
やはり隼君、素質満載ですね~♫やっぱりchobonさんの言う通り、この二人が(周二君的に)めでたく結ばれるのは先の先………むしろこのままプラトニックのほうが(プラトニックか?)逆にエロティックなのかも。アリだと思います!ない?

2010/09/25 (Sat) 22:52 | REPLY |   

けいったん  

此花さま、おかわり ちょーだい♪

食べても ついつい おかわりしたくなる「狂おしい・シリーズ」

やっぱ 日本人には 毎日食べても 飽きない 米だッ!と 同じく 「狂おしい」も 毎日 喰い尽くす様に 読んでも 飽きませんよーー
この作品で 此花さまの <ギャグ+妄想>センスの 秀逸さに 拍手喝采の嵐が 巻き起こってます!!

ここで 隼より 一句
「周二くん 高校生で 人形ごっこ」by 隼(周二くんて 子供だねー♪)

そして 裏キューピーからも
「遊ぶなら 野郎よりも 女の子」 by裏キューピー (何で 野郎と 遊ばなくちゃいけねぇんだよッ!)
(ー3ー)...チッ すっかり イメージダウンだよ by 裏キューピー...byebye☆

2010/09/25 (Sat) 22:38 | REPLY |   

Leave a comment