FC2ブログ

小説・凍える月(オンナノコニナリタイ)・77 

次の日、ちょっと勇気がいったけど、ぼくは四之宮君を呼び出してきちんと伝えた。

「ぼくは、四之宮君のこと、小学校の時から本当に大切な友達だと思ってる。」

「好きか嫌いかって聞かれたら、すごく大好きだと思う。きっと、お友達の中では一番大好きだよ。」

四之宮君は真っ赤な顔をして、頷きながら、ぼくの話を真剣に聞いてくれた。

「四之宮君は、ぼくのことどんな風に好き?」

「どんな風って・・・可愛いとか?好きじゃなきゃ、キスなんてしないだろ。」

四之宮君は、熟れたトマトみたいに耳まで真っ赤だった。
何かぼくも、どきどきする。

「でも、本当のこと言うとさ。」

四之宮君は、松原のことすごく可愛いと思うけど、つきあいたいかどうかは自分でも分からないんだと、言いはじめた。

「だって、松原は男だからさ。」

ちょっと心に風が吹いた。

オトコダカラ・・・?

お腹がきゅうっとなる。

「そうなんだ。じゃあ、ぼくたち、親友でもいいのかな?」

「親友?恋人にはならないの?」

「うん。」

あのね。親友と言う言葉はちょっと変かもしれないけど、心の友って書くんだよって言ったら、四之宮君はだったらいいよって言ってくれた。
ぼくは、四之宮君には恋人よりも、何でも話せる大事な友達になって欲しいと、懸命に告げた。
親友なんて呼べるのは、この先もきっと四之宮君だけのような気がするからって。

ぼくには全ては話せないこともあるけど、四之宮君はすごく優しい笑顔で、包んでくれる。
松原は女よりなよなよしているし、内股で歩くし、非力で体力もないけど、芯はしっかりしてるって褒めてくれた。

「そうかなぁ?でも、その言い方じゃ、あんまり褒められてる気がしないんだけど・・・。」

四之宮君は、真面目な顔で頭を振った。

「褒めてるよ。だって、松原は上級生に毎日いじめられても、ちゃんと学校に来たじゃないか。それだけでもすごいよ。」

それはね、本当は大好きなパパに、心配かけたくなかっただけ。

そういえば、いつの間にかいじめが止んだのはどうしてかなと思っていたけど、四之宮君が教えてくれた。

ぼくの知らないところでクラスの代表が、先生抜きで、いじめについて何度か話し合いをしたらしかった。

ぼくが気に入らない担任を学校から追放したと言うありえない根も葉もないデマや、もっと酷い噂も、誰が言い出したんだと言う話になったらしい。

家で聞いた大人たちの話を、持ち寄ってつなぎ合わせてゆくと、6年生の噂話の方がおかしいんじゃないかという事になったらしい。
オンナノコミタイナ松原が、そんなことするわけがないよと、何人かが言ってくれたみたい。
何か、それを聞いたときはすごく嬉しかった。
ずっと一人ぼっちだったけど、ほんの少し味方がいたような気がする。

そして、ぼくの方が被害者だったという真相はいつの間にか、みんなの知るところになっていた。
どこまで皆が知っているかは、よく分からないけど、ともかくいじめは解決した。
言い訳しないところが、超・男らしかったと女子にも言われて困ってしまったけど、いわれのないみんなの誤解が解けたのは、すごく嬉しかった。

だって、大勢の中で独りで居続けるのは、本当に悲しかったから。

ぼくは、初めて嬉しくてちょっと泣いた。



いじめが解決しました。
うんと長い間、悲しい目に合っていたみぃくん。
いつもお読みいただき、ありがとうございます。拍手もポチもうれしいです。ほんの少し、ランキングが上がってきました。どきどき(//▽//)  此花
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村



関連記事

2 Comments

此花咲耶  

NoTitle

けいったんさま

みィくんは、今でもクラスで浮くほど可愛いですけど、この先かなりの美人になりますからね~・・・(筆力の都合でお伝えできないのが、ちょっと悲しいです)
四之宮君はどうやら、ノンケのようです。きっと見た目が好きなんだと思います。じゃいあんのよく言う「心の友よ~」な関係です。

私信・・・(〃ノ∇ノ)きゃ~っ!きゃ~っ!天木眞希 ちゃん・・これはまじで人生変わりましたからっ。
こんな世界があるのかとびっくりして、その次こんな生き方があるのかと胸が痛くなって、それでも死を安易に選ばない主人公に持って行かれてぼろ泣きしました。「生きる」のを簡単に諦める人に読ませてあげたいと思いました。そんな話です。
で、好きなエピソードはね・・・ってここに書いてどうするんだ、此花。
実は、小心者なんで一番初めにこそっと御挨拶だけはさせていただいたのですが、それ以後読み逃げ逃亡犯です。舞い上がっちゃう。「それ愛」も素敵でした。BL作品で納得したり、安堵したり、心が揺さぶられたり胸の痛くなることが多いです。

その後、他の方の作品も時々読ませていただくようになって、こっちの世界に来て正解だったと思います。「ぼくの背中~」の千尋くん、チワワのサクラちゃん、錦くん・・・(書ききれないので、すみません省略)好きなキャラクターを生み出す方達が実は仲良しさんだったり、びっくりの事実もいっぱいです。ご伝言ありがとうございました。心臓とまりそうですっ!

2010/09/24 (Fri) 17:29 | REPLY |   

けいったん  

お友達~♪

四之宮くんは お友達に 決定! みぃくんも 四之宮くんも 良かったね♪
でも 四之宮くん、君は 将来 それを 悔やむ事に なるんだよ!
(*´0`*)...四之宮くん、お気の毒...byebye☆

P.S. Rotue Mさま宅での コメで 此花さまも 私と 一緒で 「天木眞希」が BL世界に入る切欠だと 書いたら 此花さまの名前は 知ってらして 詳しくは 知らないけど 作品に出てる可愛い男の子が 好きと 書いておられました。(これはRotue Mさまからの伝言ですよー。 )

2010/09/24 (Fri) 15:56 | REPLY |   

Leave a comment