FC2ブログ

パンドラの夏・3 

ションベン小僧に、大事な思い人を横合いから掻っ攫われて、数ヶ月。
何の音沙汰もない所を見ると、全て上手く行ってるのだろう。

嬉しいような・・・悲しいような。
つまらないような・・・退屈なような・・・。

元々、夜の世界とは縁の無かった後輩は、今頃ションベン小僧のサッカーの練習を見てやったり、リハビリで忙しいのだろうと、自分を納得させていた。

「木本先輩!」

明るい声で、まだリハビリ途中で松葉杖を手放せないらしい、過去の思い人、元サッカー選手の蒼太が、木本を呼んだ。

「すみません。先輩に何のお礼もできてなくて。世話になりっぱなしだったのに。」

すみませんといいながら、その笑顔は夏の花のように眩しいほど明るかった。

「何だ。今日は、ションベン小僧は一緒じゃないのか?」

「先輩と二人で話したかったんで、置いてきました。」

「・・・何か、あったのか?」

ん~とね・・・と、傍に寄って来て、蒼太は頭をかいた。

「なんかね。俺、あんまり男の子同士の恋愛って分からなくて・・・円は、なんとなく待ってるみたいなんですけど・・・その・・・教えてください。」

「手を出すべきか、もう少し待つべきか?」

くすと、木本が笑った。

「贅沢な悩みだな。さっさと食っちまえ、あんなしょっぱいくそガキ。」

「ひどいなぁ・・・だって、俺、ほんとに円が可愛いんですもん。この間ね、試合のPKを円が外したせいでチームが負けてわんわん泣いてるときに、ほっぺたに軽くキスしたんですけどね。ずっと泣き止まなくて、大変だったんですよ。」

俺が食おうとしたときも、おまえ泣き喚いただろうが・・・と言いたかったが止めにした。

「そういえば、蒼太。俺、おまえにまだこの前の礼をもらってないけど?」

「あ・・・。」

どうやら、蒼太にも自覚はあるらしかった。

「続き、させろよ。少しはそのつもりもあったんだろ?」

大きな目をますます見開いて、視線が泳いだが蒼太は拒まなかった。
自室のソファベッドに、そのまま引き倒して、松葉杖を足で向こうに蹴ってやった。

「あ。杖・・・」

「俺は、用意周到なの。今日こそ逃げんなよ、蒼太・・・」

引き寄せた過去の思い人からは、太陽の匂いがする。

「せ、先輩?前にもいいましたけど、汗かいてて俺、きたな・・・んっ。」

「前にも言ったろ。おまえのなら何だって食うって。」

全てがいい終わらないうちに、舌を引き抜くようなまるで貪るような深いキスを仕掛けた。
頭の後ろに手を当てて、噛み付くように深く何度も木本の顔が沈む。

「ん・・・ん・・んっっ~!!」


―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*


涙目で顔をずらそうとするのをがっしりと掴まえたまま、木本は気配を感じて視線だけをずらした。
泣き濡れた恋敵、ションベン小僧・・・円(まどか)がそこにいた。

「う・・わっ!何で?」

「蒼・・・太兄ちゃん・・・ぼく。ぼくが子供だから・・・ちゃんとキスもできないから・・・?こ、この人と?」

「ものた・・・りなかったの?」

ほろほろと止まらない涙を、拭いもせずにションベン小僧が泣く。
真っ直ぐに泣き濡れた顔を向けていた。

「円・・・」

「ぼく・・・ぼくね。この間、保健体育で習ったせ、精通があったの。夢の中でね、蒼太兄ちゃんとえっちした。」

「だから・・・ちゃんと言おうと思って。蒼太兄ちゃんは、ぼくのことずっと赤ちゃんだと思ってるけど、違うよって。」

木本は、正直頭が痛くなった。
何だ、このションベンくさいおままごとのような会話は?

「他の人と、こんなことしちゃやだぁっ!」

足元に縋りついたションベン小僧を、過去の蒼太は限りなく優しく受けとめた。

「円・・・お兄ちゃんが好きなのは、ずっと円だけだよ。」

余りの馬鹿馬鹿しさに、発熱しそうな気がする。

「あ~~~!!どうでも良いから、おまえ、早いとこ蒼太兄ちゃんを連れて帰れ。」

「こいつはな、おまえが大事で大事で可愛くてどうしようもないんだとよ。今、おまえと大人のキスをしたいけど可愛いから出来ないからって、相談に来たの!わかった?」

「ひっく・・・」

濡れた瞳でじっと木本を見上げたションベン小僧は、ぺこりと頭を下げた。

「ごめんなさい。」

「ぼく・・・自信がなかった。サッカーもチームの中で一番下手くそだし・・・。好きだけど、蒼太兄ちゃんは大人だし。」

思いつめた円の様子に、木本は蒼太に告げた。

「ほら。おまえが思っているほど、子どもじゃないんだとよ。部屋貸してやるから、やっちまえ。」

「やっちまえなんて言ったら、先輩、怒りますよ。すごく大切なんすから。」

ソファベッドに跪いた大切な少年を抱きしめると、そっと額に小鳥のキスを預けて蒼太は立ち上がった。

「帰ろう、円。無理しなくて良いんだよ。お兄ちゃん、円が何より大事なんだ。」

「蒼太兄ちゃん。円は、蒼太兄ちゃんだけが好き。」


甘い二人を見送って、木本は大きなため息をついた。

「あいつら一回、死ねばいいのに。」

最近できた木本の恋人の名前は、過去の思い人と同じ「蒼太」という。

激情をぶつけても、拙い仕草で必死で受けとめようとする、いじらしい年下の恋人だった。


「蒼太・・・可愛いよなぁ。」

どちらの名前か、区別も付かぬまま口にした。






20000hitなんて、思いがけない数字を頂いてすごく嬉しかったのです。
どなたかに「踏んだよ~」と言っていただけるのを、すごく楽しみにしていたわりに(ーー;)・・・自分で踏んじまったぜ・・・此花のあんぽんたん・・・
ですので、自作の夏企画の最終話として地味に続編書きました。
観潮楼さま、夏企画パンドラの夏・1・2の続編です。
お読みくだされば幸いです。どうやら、此花「ぴんくのゾウさん」好きみたいです。←何?この打ち明け話。   此花
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村
関連記事

2 Comments

此花咲耶  

NoTitle

けいったんさま

はい。自給自足100パーセント有機農法でお届けしました。ではこの次は、ぞろ目でリクエスト受付いたしますので、皆様、よろしくお願いします。
控えめな数字です。

木本さんは、蒼太には少し遠慮があるみたいです。愛はあるけど年の差、なんと一回りです。
そんな設定を考えるのが好きな、基本ドMのいじめっ子です。秋なのに文化祭も何も出てないのに、今日気がつきました。ぱお~・・・コメントありがとうございました。嬉しかったです。


2010/09/20 (Mon) 01:26 | REPLY |   

けいったん  

自給自足ですねー

自分で踏んで 自分で リクを・・・・<↑>と、そんな言葉が ふと浮かびました!もう済んだ事は 忘れて ゾロ目で リクを 受け付けて下さ~い。

<22222>で お願いします! 今度は コメの返事や 様子見は 我慢して 待っていてねー 。でも すぐ 来ちゃいそうですね♪

木本は 恋人が 出来たのに まだ 昔の思い人の蒼太に ちょっかいを 出して! 今の 恋人蒼太が 知ったら 可哀相だよー

では(^o^)ゞ...此花たんは、あんぽんたんでは ないよ♪...byebye☆

2010/09/20 (Mon) 01:13 | REPLY |   

Leave a comment