FC2ブログ

豺虎の秋月・4 

BL観潮楼秋企画【豺虎の秋月・4】

豺虎 (さいこ・あらあらしく強い悪人をたとえていう語)

samurai3-2二人、顔・pioさま  samurai3背景あり二人・pioさま
草むらに脱いだ着物を敷いて、兄弟は秋風に粟立つ肌を合わせていた。
獣のように野良での目合い(まぐわい)であった。

「はっ・・・はっ、もう・・・兄上、もう、笹目の身体が・・・もちませぬ。」

ぎち・・・と、狭い後孔に埋め込まれた兄の深い抽送に、弟は細腰を引き裂かれそうになっていた。
伸ばされた白い足先が、救いを求めるように淫靡に空を掻く。
のけぞった喉元が、ぬらと汗に光るのは淫らで美しかった。

ぐっと握りこまれ、放つのを許されぬままの印が辛く、無意識に腰を引こうとした。

「気を、もってゆかれるっ・・・兄上、もう、もう・・・お許し、下さい・・・。」

構わず突き入れられて、思わずひぃっと百舌が鳴くような、笹目の掠れた嬌声が竹薮に漏れた。

傍で月華は、兄達の禁忌の獣の交わりをじっと見つめていた。

人を殺めた罪は兄達がかぶるからおまえは何も心配せずに、いつか極楽にゆくのだと、兄二人は安らかに言う。

「この身は、とうに地獄の牛頭鬼(ごず)、馬頭鬼(めず)になってしまったから、こうして側にいても兄を人と思ってはいけないよ。この交わりは鬼の咬合なのだから。」

畜生となった浅ましくも美しい鬼が、人の姿のまま汗の浮いた頭を振りたてて、揃って絶頂の長い吐息を吐いた。

「あぁーーーー・・・・っ・・・」

「くっ・・・」

一つ目の仇首をあげて高ぶった熱を打ち付け合い、引き出された上の兄の肉は、月華の知る相模屋のゆるいぶよぶよしたものと違って、放った後も雄雄しく天空を突いていた。
てらてらと濡れて光る怒張にそっと近づくと、唇を寄せ涙を浮かべて月華は兄を見上げた。
稚児顔・piosama otigo背景あり・pioさま
「月華は、極楽の蓮の上に独り置いてゆかれるのはいやですから、冥府まで兄上達とご一緒すると決めました。」

「兄上達が羅刹になるのでしたら、月華も従鬼になりますから・・・どうぞ、置いてゆかないで。」

草の上の下の兄が白い手を差し伸べて、ほろほろ泣き咽ぶ月華をそっと胸に抱えた。
ついと手を伸ばして、兄の姿に欲情して立ち上がりかけた薄桃色の茎を認めると、くすと笑った。

「こら。そなたのここに色がついては、今後の仕事の妨げになるだろう。本懐を遂げる日まで月華は何も知らない清らかな童子で居なければならぬ。決して気をやってはいけないよ。」

「いや、いや。わたしも、弥一郎兄さまと繋がりたい。兄上、笹目兄さまばかり可愛がってはいやです。」

「月華も笹目兄さまのように、足を高く上げて上手に啼けるのに。」

ふくれっ面をして、涙ぐむ月華は鬼となった兄達の再びの蛇淫の絡みを見つめていた。

頭に触れてみても角などはないが、もう行く道は修羅道なのだと兄達が言う。

繰り返される単調な動きに、静かにしていた秋の羽虫がころと音色を立てはじめた。

「父上。この身はどのような地獄に堕ちようと、必ず仇は討ち果たし、本懐だけは遂げてご覧に入れまする。」

「ですから、兄弟諸ともに畜生道に堕ちる不孝をお許し下さい。」

「幼い月華も、この上は一蓮托生、冥府に同道させまする。」

懐に抱いた亡き父の白木の位牌が、禁忌の誓いを責めるように兄の胸の尖りにごりと当たった。

「つっ・・・。」

豺虎の行く道に、仏の救いなど届くわけもない。

本懐を遂げた後、畜生道に朽ちる兄弟が、声を上げて啼くのを秋の月だけが知っていた。

荒々しくも美しい獣が哀しげにふと呟いた。

「まず、一人。」

                                  ― 完 ―
関連記事

4 Comments

此花咲耶  

NoTitle

けいったんさま

きゃああっ。新たな <企画参加>連載・・・?いつの間に~、さすがは鬼畜ドs師匠といわれるだけのことはあります。
秋っていつまでありましたっけ・・・BLじゃなくて、どこかSMの香り漂う陰鬱な救いのない作品になりつつありますけど、いいんでしょうか。
過去のやりきれない時代物、とても好きなので父上を騙した仇を次々片付けてゆく話は書いてて楽しそうですけど、いずれはみんな地獄に行くしかないので、どうやったら救いが生まれるか考えようと思います。←無謀なこと考えてる・・・?「完」はどうした、「完」はっ!?(T▽T;)←ドMの性・・・悲し。

2010/09/18 (Sat) 00:14 | REPLY |   

此花咲耶  

NoTitle

pioさま

きゃあ。pioさまが、此花を褒め殺しにっ!?
幽玄な美々しい若者の姿に、どうしても堕ちてゆくイメージが浮かんでしまいます。美しい絵にそぐわぬ恐ろしいほど鬼畜な作品になってしまいました。(ノд`@)・・・いたた・・・
許されない道行きは、美しくも切ない背徳の世界です。時代物だから許される気がします・・・と、真面目にコメ返ししてしまいました。
秋企画の絵なのに、pioさまのコメント拝見していたら曼珠沙華、死人花が両脇に咲き乱れるあの世への道を三人仲良く下ってゆくのが想像できてしまいます。地獄の業火に焼かれるのにどこか満足げな顔・・・いかんっ、「完」のはず。

2010/09/18 (Sat) 00:05 | REPLY |   

けいったん  

おぉ この流れはーー!!

此花さまぁ この流れでの<完>とは いかにぃーー!

「まず一人」なんですもんねー。 後 何人?って事で また 新たな <企画参加>連載が 決定でしょ。ですよねー

ヤッタァー\(^0^)/勝手に 決定して 勝手に 盛り上がっておりますよー

2010/09/17 (Fri) 22:46 | REPLY |   

pio  

息をするのも忘れます。

鬼畜を超越して美しい~~。
どこをつついても鬼畜なのにどうして美しいの~。芸術的です!地獄絵図に描かれる一輪の花だからこそ美しいのかしら。臭気を放つ死肉の栄養を吸収し、その血に染まっているからこそ毒々しい程目に鮮やかに咲いて見えるのかしらー!
本懐を遂げた後、畜生道に朽ちる兄弟……切ない~。(ToT)```
「まず、一人。」
此花師匠、こんな終わり方ではファンは続編を望んでしまいますですよ?

2010/09/17 (Fri) 22:29 | REPLY |   

Leave a comment