FC2ブログ

紅蓮の虹・41 

「おまえ・・・何を知ってるんだ?」


・・・怖かった・・・


まじ、びびった。


「わたしの虹」がついていないことが、こんなに怖いことだったなんて・・・


少し後悔したけど、もう遅い。


もつれた螺旋は、少しずつほどけようとしていた。


「逆鱗に触れる」という、ことわざを知ってる?


龍のあごの下にある逆さに生えたうろこに人が触れると、龍が怒ってその人を殺すという話がある。


誰にも触れてはいけないものがあるんだ。


「怒らないで、話をしてよ、コウゲイ。」


「何なら、今から過去に跳んだっていい。」


「知っているんじゃないよ。」


「思い出したんだ。」


「初めて、イレーネとコウゲイと手をつないで過去に跳んだとき、俺に大きな傷の跡が浮かんでた。


コウゲイはそのとき、忘れておしまいって言ったけど、違うだろ?


・・・忘れたかったのは自分だろ?」


コウゲイが小さな声で「人間ずれが・・・」とつぶやいた。


灯がないせいで、青白く火花が散るのが見えるのが、怖くていやだった。


俺は今、神様を怒らせているんだと思うと、背中を冷や汗が流れた。


明日になったら、俺の葬式かもしれない。


ごめん百合。


八つ裂きになった、俺を抱きしめて泣いてくれ・・・


「わたしの虹。


君を抱きしめて泣くのはわたしだけだ。」


・・・どうやら、読まれていたみたいだ・・・赤面。


いじわるな、コウゲイ。


関連記事

0 Comments

Leave a comment