FC2ブログ

豺虎の秋月・1 

BL観潮楼秋企画【豺虎の秋月・1】

豺虎 (さいこ・あらあらしく強い悪人をたとえていう語)




藩御用達の大看板を上げる、回船問屋「相模屋」の用心棒は役者のような男伊達と評判だった。

兄は鍛え上げられた鋼のような薄い筋肉を地味な着物で包み、新陰流免許皆伝を名乗る「瀬良弥一郎(せらやいちろう)」。
                        samurai1-2顔・pioさま
一方は女と見まごうばかりの絢爛な花の風情で、男ながら懐剣も小柄(こづか)も使う、流麗な太刀筋の義弟「瀬良笹目(せらささめ)」。
                         samurai2-2弟顔・pioさま

平和な慶長時代、用心棒といえば、むさくるしい食い詰め浪人か、貧乏旗本の部屋住みが小遣い稼ぎをするくらいで、実際大した職ではなかった。
この二人も大店の威勢を誇る、飾り物のような存在で見目良い容(かたち)から、裏では色通の相模屋に入り込んだ男芸者と噂されていた。
だが、見た目に騙されて、うっかり侮ったものはけんもほろろな扱いを受け、あるものは髻を落とされあるものは下帯を残して真っ二つに着物を斬られ腰を抜かした。

「また、つまらぬものを斬ってしまった。」

万引きが居直ったのを、一閃で帯を切り落とした兄が呟く。
samurai1背景あり兄・pioさま


「斬鉄剣の使い手じゃないのですから、兄上。」

くすくすと優しげな顔の義弟が笑う。
もし父親が健在ならば、話をすることもないはずの側室腹の義弟だった。samurai2背景あり弟・pioさま


5年前、勘定吟味役の父親が運悪く辻斬りに遭ったその後で、遺書が一通見つかった。
母親は、嫡男弥一郎に父の残した仇の名を数名明かした。
辻斬りは悪事が露見するのを恐れた仇が、口を封じるために行った。
密かに暗殺を予見していた父は遺書をしたためていたようだ。

「そなたは背中から太刀を受けた父上の、恥をそそがねばなりません。」

背中に受けた傷は逃げ傷とされ、不名誉なことと兄弟は家中(かちゅう)からそしりを受けた。
武士にあるまじき行為、腰抜け侍と申し開きも無いまま家名は断絶され、余りに血も涙も無い処断だった。
父は剣の腕前こそ人並みだったが、決して卑怯な人間ではなかったと、幼い弟達を連れて弥一郎は城代家老に懸命に言上したが、一度決まった沙汰は変わらなかった。

冷酷な裁可に歯噛みしながら、弥一郎は菩提を弔うために剃髪した母に言う。

「母上。仇討は弥一郎独りにて致しとうございます。」

「弥一郎。側室腹とはいえ弟二人は父上の血を引く男子(おのこ)、必ずや力になりましょう。母はこの日のために二人を育てた気がいたします。」

まずは、これをお討ちなさい・・・と母が指し示した先には、回船問屋「相模屋」の名があった。

その名があるということは、清廉潔白な父は、おそらく抜け荷に加担せよという誘惑を蹴ったのだ。

役人が目を零せば抜け荷は膨大な利益となり、父の上司はさっさと賄賂を受け取り、おそらく勘定吟味役の父は目こぼしを断ったばかりに惨殺された。
死後の扱いの酷さを見れば、おそらくは藩中枢に糸を引いているものが居ると分かる。
何故、もう少し上手く立ち回らなかったのかと口にはできないが、わが父ながら愚鈍なまでの実直さに眩暈すら覚える弥一郎だった。

「幼い月華(つきか)にも、重々いい含めておりますから、相模屋にお行きなさい。」

「相模屋は十の年まで大奥で過ごした男で、大層な色好みだそうですよ。稚児好きなら月華を、あてがっておやり。」

しれっと人身御供として差し出せという母親に、目を剥き絶句した兄、弥一郎と義弟、笹目だった。

「月華(つきか)はいくつになるのだった?」

「後、二ヶ月で十になります。兄上。」

「あんないたいけな子どもに、相模屋が食指を伸ばすはずがない。」

「兄上。ところが稚児好きというのは、そういうものらしいですよ。」

弟達は、何故か自分に良く懐き、腹は違えどなんのてらいもなく正面から親しく「兄上」と呼んだ。
末弟も自分のすべき事をきちんと理解する聡明な子どもで、ならぬお家の再興を等しく願っていた。
その姿は、露を含んだ撫子のように淡く儚い風情で、いとけなく愛らしかった。
稚児顔・piosama





夏企画のお坊様とお稚児さんの素敵絵に、ssを付けたかったのですが時間が無くて断念しました。
初めてこの絵を拝見したときは、流れも何も考えず全てのお話をお休みしてこちらを先に書こうと思ったくらいです。和ものは拙いですけど、時代劇が大好きです。pioさまのこの美麗な素敵絵に惹かれて後先考えずに書いて見ます。
絵にうっとり・・・観潮楼様のたくさんの素敵絵に脳内は活発ですが、キーを打つのが遅くていっそ口述筆記したいくらいです。   此花
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村

観潮楼さま秋企画
こちらで使用させていただいている美麗挿絵(イラスト)は、BL観潮楼さま・秋企画参加のみのフリー絵です、それ以外の持ち出しは厳禁となっております。著作権は各絵師様に所属します。
pioさま鼻血ぷぷっの美麗イラストお借りいたしました。ありがとうございました。きゅんきゅんの和風綺麗お子さま達です~~!
関連記事

4 Comments

此花咲耶  

NoTitle

pioさま

きゃあ。ご挨拶に伺おうと思っていたのに、先に来ていただいて申し訳ないですっ!綺麗お子さま達、どこも花盛りですごく嬉しいです。
斬鉄剣で笑っていただけて良かった~。どなたも分からなかったら隠れて泣く所です。(ちなみに、ルパン三世の石川五右衛門の剣です)
キー打ってくださるんですか?と喜びかけたら、母上さま、ゾウより遅いって・・・ぱお~・・・ゾウさんキー打つより先に壊しちゃうかもです。
素敵絵眺めていたらお話がひらひらと降りてきます。
読む本を山積みにしながら、書くほうが楽しくて今は必死です。本当にpioさまの絵にめぐり会えてよかったです。
観潮楼さまの素晴らしい企画に拍手です。誰かキー打ってください。此花、指二本挿し・・・じゃない、二本打ちです。こらこら・・・コメントありがとうございましたっ。うれしかったです。
いいこの綺麗お子さまたち、お借りします。ありがとうございました。(^▽^)ノ

2010/09/14 (Tue) 23:24 | REPLY |   

此花咲耶  

NoTitle

けいったんさま

豺虎 (さいこ)はどこかにあったよな~・・・くらいで、ゴロがいいので秋月とくっつけました。秋企画だもん。
仇討と言うより、武士道残酷物語のように、仕方なく敵を討つみたいな感じになれば良いなと思っています。
皆様、素敵絵にがんがんss書かれているのでちょっぴり焦りました。かぶっていなければいいなと思っています。
いっぱいお読みいただきありがとうございます。
コメントいっぱいありがとうございます。読んでいただけているのがわかって此花感涙です。睡眠・・・時々、立ったまま寝てるかもしれません・・・・

2010/09/14 (Tue) 23:12 | REPLY |   

pio  

きゃきゃきゃ~

かっこいい周二くんを見に来たら(日課になってる)こちらにもかっこいいお方が二人とかわいい子ちゃんが一人~ひゃあ~。コーフン!斬鉄剣の使い手~ププ。
お笑い&クール&鬼畜!ここハリウッドみたいです!私にキーを打たせてください!あ、私もキーを打つのが象並に遅かった……。

2010/09/14 (Tue) 23:09 | REPLY |   

けいったん  

素敵なタイトル~

もう 此花さまって 物知りなんだから~ また後で ググって みようっと。

テーマは <仇討ち>ですか!末っ子の お稚児ちゃんにも 辛い試練が 待っているようですね。 見目麗しい三人兄弟の お家再建に 翻弄される運命を じっくり 見させて頂きますね。

では 三作品の更新を 楽しみに(^o^)ゞ...此花さま、睡眠は しっかりね...byebye☆

2010/09/14 (Tue) 22:04 | REPLY |   

Leave a comment