FC2ブログ

BL観潮楼H22秋企画【狂おしい秋・恋人達の一番長い夜・8】 

BL観潮楼秋企画【狂おしい秋・恋人達の一番長い夜・8】
秋企画pioさま全身



周二に向かって、恐るべき話を沢木は語った。

「まあ、掛けろ。」

それは、周二が初めて知る話だった。

「以前、話したことがあったろ?こいつが昔、誘拐されたって話。」

「はい。沢木さんの仕事上の逆恨みとかって聞いてます。」

「あれな、犯人は俺のストーカーだったんだ。」

「ストーカー・・・って。」

沢木を付けねらうなんざ、豪気な野郎だぜと思ったのが、どうやら顔に出たらしい。

一発ごんと、目から火花の散る拳骨を頭にくれて、沢木はふっと笑った。

実際、沢木は部類で言うなら整った方なのだろうと思う。
必要以上に、むさくるしくしている(としか思えない)無頓着な恰好と、中途半端な無精ひげを何とかすれば、かなりいい男なのかもしれなかった。

「俺が自分になびかないのは、周囲に邪魔をするヤツがいるからだ、と犯人はストーカー心理で都合よく思いついたらしいんだ。」

「沢木が自分に冷たいのは、ガキが恋路を邪魔しているからだ、と言う勝手な理屈をつけてさ。隼さえ、俺の側にいなくなれば自分と俺が上手くいくと思ったんだろうな。」

以前の話と、どこかつじつまが合わない気がした。

「前に聞いた話だと、犯人を掴まえたとき女とやってる最中だったって・・・」

「最中と言うかさ、実際連れ込んで散々やってたらしいんだが、あまりの変態っぷりに女も嫌気がさしてうんざりしてたらしいんだよ。」

「そりゃあそうだよな、他のやつが好きだって言う男に抱かれるなんて、女にしたってたまったもんじゃない。しかも相手は男で、俺だし。」

周二は軽く頷いた。

「犯人の調書によると、疑うことを知らないまま誘拐された隼は、ただただ獣のような男女の絡みが怖くて、耳を押さえて縮み上がっていたらしい。で、女になじられたそいつは、自分が掻っ攫ってきた憎いガキでしかない隼を眺めたわけだ。」

ガタと、椅子を蹴立てて思わず周二が立ち上がった。

「さすがに女が必死になって止めたらしいが、一度おかしくなったやつにはもう燃え盛った火に油を注ぐような状態だったんだろうなあ・・・隼が邪魔をするなら、自分が罰してやろうと思ったんだな。無茶苦茶な理屈だけど。」

周二は、握りこぶしが白くなるのも構わず力を込めた。

「そ・・・れって・・・まさか・・・?」

「ああ・・・。俺が見つけたときは、隼は失血死寸前だった。」

「内も外も肛門括約筋がずたずたで、俺は最初目を疑ったよ。手術をする医者も余りの酷さに絶句するほど、壊されてた。」

顔色を変えない沢木が、どこか不気味なほど穏やかに語った。

「だがな、血みどろで柘榴のようになった隼が、気を失う前に言ったんだ。」

蒼白の顔の周二は、怒りで震える拳を押さえながら、寝台で眠り続ける恋人を眺めていた。

幼い昔の隼は、怖いよといって泣いたのか、それとも痛いよ、パパと告げたのか。

考えただけで、錐を突き立てたように、つきんつきんと胸が疼いた。
この胸の痛みは、きっと隼が受けた痛みだと思った。

「隼は・・・何て言ったんすか?」

声が上ずって、どこか違う気管が発声しているような気がする。

沢木は周二の目の奥に燃える火に向かって、語りかけた。

「うん。あのな・・・

『パパ、おじさんは泣きながらぼくを食べたの。』

『だから、おなかのすいたおじさんに、ご飯をあげてちょうだい。』

・・・って。」





痛ましい隼ちゃんの過去が明らかになりました。
余りに可哀想で、書いててちょっと涙が出ました。
隼ちゃん、ごめんね。「・・・ぱお~・・・(´・ω・`)」←通訳「・・・だいじょうぶ~」
お読みいただきありがとうございます。
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村

観潮楼さま秋企画
こちらで使用させていただいている美麗挿絵(イラスト)は、BL観潮楼さま・秋企画参加のみのフリー絵です、それ以外の持ち出しは厳禁となっております。著作権は各絵師様に所属します。
pioさま鼻血ぷぷっの美麗イラストお借りいたしました。ありがとうございました。きゅんきゅんの綺麗お子さまです~~!いじめっ子でごめんね~。
関連記事

7 Comments

此花咲耶  

nichika`さま

(´・ω・`) あ……責められてる?
でもね、大きな試練を乗り越えた暁には幸せなラッセーラが待っているのでっす!(`・ω・´)
寄り道、ありがとうございます。(〃゚∇゚〃)

2013/02/24 (Sun) 16:52 | REPLY |   

此花咲耶  

NoTitle

るかさま

いつもお世話になってます。
きゃあ。こちらも危険な スパム・コメ・・・。ありがとうございます。
こちらも止めないとっ!
そうなんです!おっしゃるとおり、沢木パパの心情は、結局は救って欲しいというところのつもりで書きました。
書き始めたらうんと長くて、申し訳ないくらい引っ張ってます。
るかさまの書く、サクラくん、大好きです。新しいお話読みたいです。読ませてください・・・と、ここに書く。
コメントありがとうございました。嬉しかったです。
「・・・ぱお~・・・(´・ω・`)」←通訳「・・・だいじょうぶ~」ですから、安心してください。

2010/09/18 (Sat) 21:14 | REPLY |   

るか  

ぱお~~

けいったんさんといっしょに、私もその男をブッ○○○!!
あ、サクラを好きって言ってくださって、
ありがとうございます~~けいったんさん~~ノシ
うう・・・隼くん、なんて壮絶な過去・・・。
うん、でも付いていきます、ぱお~~。
淡々と語るパパが痛ましい。こんな過去を話すのも、
パパが周二くんを認めて、救って欲しいからなんだろうなあ。
ハッピーエンドって、此花お母さんが言ってるから、
大丈夫!!
隼くんの言葉に涙・・・

2010/09/18 (Sat) 20:36 | REPLY |   

此花咲耶  

NoTitle

けいったんさま

危険な言葉として スパム・コメ・・・一体どんな言葉を入力されたんでしょう。あわあわ・・・
隼ちゃんの身に起こった事件は、後できちんと解決します。
「・・・ぱお~・・・(´・ω・`)」←通訳「・・・だいじょうぶ~」
こればっかり。
ハッピーエンドですっ!!←力むほどに、此花の信用なくなっているかも・・・
コメントありがとうございました。嬉しかったですっ!

2010/09/18 (Sat) 00:52 | REPLY |   

此花咲耶  

NoTitle

pioさま

「・・・ぱお~・・・(´・ω・`)」←通訳「・・・だいじょうぶ~」
こればっかり。
大切な綺麗お子さま、思いっきり虐めちゃってごめんね。
隼ちゃんはすっかり「家の子」ですので、幸せ街道まっしぐらのはずですっ!←どこかの、猫のご飯じゃないですけど幸せにならなきゃ、やりきれません。
美麗挿絵見ながら、可愛いよな~、いい子だよな~と呟いている危ない人です。
明けない夜はない。やまない雨はない。ので、幸せに銀杏の舞い落ちる挿絵を一番いいところで使いたいです。
コメントありがとうございました。嬉しかったですっ!

2010/09/18 (Sat) 00:47 | REPLY |   

けいったん  

何て 酷いことがぁーー!!

私が ソイツを 見つけ出して ブッ○○○(危険な言葉として スパム・コメと判定されたので 書き込めなかったので 皆様が 独自で 判断を)ーーー!!オ~イ、オ~イ(ToT)

隼、何て あんたは いい子なのぉー!!エ~ン、エ~ン(T0T)

じゃ、じゃぁ 今度の この隼の出来事は ・・・(@o@;)ヒィッ...byebye☆


2010/09/17 (Fri) 23:08 | REPLY |   

pio  

もう失神寸前。

どうも。相変わらずこの辺をうろついてる者です。
あっちもこっちも窒息死寸前です!なぜか国善大使の黒柳徹子さんアフリカレポを思い出しましたよ?戦場はここでしたー!隼くん~(;o;)おじさんに、ご飯をあげて……号泣~!……大丈夫。きっと此花お母様が幸せにしてくれる…ですよね?ね?
ほとんどテレビ画面に向かって泣きながら訴えてるオババでした。

2010/09/17 (Fri) 22:45 | REPLY |   

Leave a comment