FC2ブログ

BL観潮楼H22秋企画【狂おしい秋・恋人達の一番長い夜・7】 

BL観潮楼秋企画【狂おしい秋・恋人達の一番長い夜・7】
秋企画pioさま、バストショット


強い西日は、遮光カーテンで薄日になっていた。

ベッドの傍らで、長い指を組んで沢木はじっと最愛の息子の顔を見ていた。
浅く息をするだけの青白い横顔に、遠い過去の痛ましい姿がかぶる。

まだ学校に上がる前、自分に対する妄執を受けて隼は誘拐された。
精神的に追い詰められた誘拐犯が、幼い隼に一体何をしたか・・・それは、周二にはまだ話せずにいた。

長い病院暮らしの記憶は、昨日のことのように鮮明だった。
リハビリが嫌だと泣く幼い隼を、宥めたりすかしたりしながら親子で何とか乗り切った。
一日に何十回となく入れられる、医療機器の冷たさに怯える息子の姿に、沢木は本気で泣いた。
いっそ代わってやりたいと何度も空しい願をかけ、それでも毎朝息子には笑顔を向けた。

獣のような声が怖くて、時々大声や怒声に反応して軽く意識を失ったりすることは、退院した後もこれまで何回か有った。

沢木は忘れない。
それどころか、油断すると記憶の底に引き込まれ、悪いほうにしか考えられなくなるのは、隼ではなく自分の方だ。

隼が誘拐されて3日目に、監禁された場所をやっと見つけて飛び込んだとき、隼は血の海の中で瀕死の状態だった。
意識が戻るまでの何ヶ月もの間、ずっとベッドで抱いて過ごした小さな隼は、長い間今のような状態だった。

カタ・・・とドアが細く開く。

振り返らずに入ってくれと告げた。

「隼の様子は・・・?まだ、気が付かないんっすか、沢木さん。」

はっと浅く息をつき、ベッドの上の隼は、物音に緩く視線をめぐらせた。

「隼・・・」

意識はまだ戻っていない。
視線の先に周二を認めて何か物言いたげな風だが、そのまま又固く瞼を閉じてしまう。

時折長く細い悲鳴をあげ、助けを求めるように腕を伸ばす。
手を握りしめてやるとほんの少し柔らかな表情になって、軽い眠りに入る、その繰り返しだった。

「可哀想に・・・。」

汗に浮いた額の髪の毛を、そっと払ってやった。
いつも潤んだ瞳を向けて、うれしげに「周二くん」と名前を呼ぶ恋人は、固いベッドに身を預けて身じろぎもしない。

「時々、目を開けるのは、探しているんだろうと思うんだ。」

「沢木さん・・・?」

「夢の中でも4代目を探してる風なんだ。じっと見ていると分かる・・・」

そこにいるのは、子連れ大魔神と恐れられるマル暴の刑事ではなく、病気の子どもを心配する一人の父親の姿だった。

ベッドの脇に肘を付き、視線はじっと見守るように息子に向けられたままだった。
痛いほどの愛情を見やりながら、周二は思い切って訊ねた。

「俺に、何の用ですか?」

「こっちもできれば、隼が気が付く前に済ませたい用件があるんですが。」

その一言に、想像のついた沢木の視線が険しくなった。





自分も同じ思いを抱いたことのある沢木パパ。
頑なな気持はほぐれるでしょうか・・・

お読みいただきありがとうございます。12話まで続きます。
次回は隼ちゃんの過去の痛い話になりますので、痛いのが苦手な方は遠くからそうっとご覧下さい。此花
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村

観潮楼さま秋企画
こちらで使用させていただいている美麗挿絵(イラスト)は、BL観潮楼さま・秋企画参加のみのフリー絵です、それ以外の持ち出しは厳禁となっております。著作権は各絵師様に所属します。
pioさま鼻血ぷぷっの美麗イラストお借りいたしました。ありがとうございました。きゅんきゅんの綺麗お子さまです~~!
関連記事

6 Comments

此花咲耶  

NoTitle

けいったんさま

きゃあ。大好き・・なんていってもらったら、うかれぽんちにすぐ本気にしちゃいます。や~ん、嬉しい~♪(T▽T;)...泣いちゃいます。

想像つかないほど可哀想で衝撃的な隼ちゃんの過去。
可愛くぱお~といってたのに・・・というか、けいったんさま、大丈夫って言ったのに、すごくあわあわしてません?
此花も書こうと思って、リハビリ方法とか調べてゆくうちに、一部載せるのちょっとだけ悩みました。
でも隼ちゃんが「・・・ぱお~・・・(´・ω・`)」←通訳・「だいじょうぶ~・・・」と言うので、なるべくやわらかく書いたつもりです。
愛おしい沙羅ちゃん撮影会の後は、救急箱スタンバイですね。よろしくお願いしますっ!コメントありがとうございました。嬉しかったですっ!

2010/09/17 (Fri) 11:51 | REPLY |   

けいったん  

全部 大好きだよ♪

此花さまが 書くキャラは、 誰も 秀逸つけ難く 全部 大好きです♪ でも 誰か 一人を 選べていったら ...ヤッパ 無理だぁーー!!
るか様宅では 私も サクラが 大好きですねー。

もう ほんと 此花さまに 大丈夫だから <隼の過去>を書いてと 強請った私。 だ・だから ま・真正面から ド・ドーンと 受けます(攻めのSだけど・・)!!

明日(...って今日だけど)は もっと いたい、痛いのですか? バンド・エイドが いるのか、それとも 胃腸薬、それとも 救心?!何でもいいから 準備万端用意して 待っております
(・・i)゜゜:)・・i)゜゜:)...落ち着かない...byebye☆

2010/09/17 (Fri) 10:21 | REPLY |   

此花咲耶  

NoTitle

るかさま

きゃあ。いつも世話になってます。ありがとうございますっ!
秋企画もたくさんのお話とイラストがすごいです。
もう一個、脳みそと右手があれば良いのに~とおもってます。
余りに痛くて可哀想な話で、今日アップの分は自分で書いてて泣けました。
美麗挿絵が余りに透明な笑顔だから、余計に悲しい過去になってしまいました。ランキング・・・きっと、山ほど書いているからです。るかさま宅のサクラちゃんみたいに、大好きといってもらえる子を書きたいです。コメントありがとうございました。嬉しかったですっ!

2010/09/17 (Fri) 09:07 | REPLY |   

るか  

隼くーーん・・・

ああ、ついに過去の痛い話!
こんな深い話だったなんて~~~・・・
付いて行きますとも!!
乗り越えるには、周二くんの愛がきっと必要なはず。
周二くんにとっても、ここは乗り越えるべき試練だ~。
パパ、なんて言うのでしょう?
ランキングぐいぐい上昇ですね~~。
うーん、次話が待ちきれない!

2010/09/17 (Fri) 06:32 | REPLY |   

此花咲耶  

NoTitle

pioさま

きゃあ。pio母上さま、まだ泣いては駄目です~。
・・・(^▽^;)・・・明日は、もっと大変です・・・と、思わずハードルを上げてしまったり。汗、汗・・・

色々な試練を乗り越えて、男の子は強くなるはず。
きっと隼ちゃんも雄雄しく立派になって、ぴんくのゾウさん(重要)と一緒に帰って来るはず。
「・・・ぱお~・・・(´・ω・`)」←通訳、「帰りたいよ~」
コメントありがとうございます。嬉しかったですっ!きゅんきゅん♪

2010/09/16 (Thu) 23:36 | REPLY |   

pio  

こんばんわ。

また今晩も例のようにやってまいりました。
……わーん。切ない展開です。隼君かわいそう……。此花師匠。前回まで本気で笑わされましたが、今回は本気で泣かせようとしてますね?今から涙腺蛇口の点検をして、パソコンにビニール欠けて大判のタオルを用意しとかなきゃ!ぱお~んの隼君早く帰っておいで~(;o;)```←もうすでに泣いている。。。

2010/09/16 (Thu) 21:40 | REPLY |   

Leave a comment