FC2ブログ

BL観潮楼H22秋企画【狂おしい秋・恋人達の一番長い夜・6】 

BL観潮楼秋企画【狂おしい秋・恋人達の一番長い夜・6】
秋企画pioさま、バストショット


大方の話は沢木に聞いていたが、普段の会話や些細なやり取りの中で、周二はそこまで情報を拾っていたのかと木本は驚いていた。
とうとう腹を割って、真面目に向き合って話をすることを決めた。
ここで引き止めなければ、周二は正真正銘の犯罪者になることを厭わない。

自分が法律となって、愛するものを貶めた輩を本気で抹殺しようとしていた。
返り血を浴びる周二を、密かに心裏で見たいと願っている木本には決してとめられないだろう。

「周二坊ちゃん。・・・いっそこれを機に、ねんねと別れちまえばどうです?」

瞬時に顔色が変わり、野生が牙を剥いた。

「て・・・めぇ・・・木本、親父の付けた守役だからって、ふざけたこと抜かすんじゃねぇ。」

「生憎、木本は至極、本気ですがね。何度もこういうことが起こると、この先、ねんねは周二坊ちゃんの荷物になりかねない。」

「坊ちゃんは、ねんねが絡むと理性がどこかへ飛んじまうようですからね。危うすぎるんですよ、端で見てると。」

ぎりと奥歯をかんで、周二はあまりに正論を語る木本をねめつけた。

「木本っ・・・隼は俺が手に入れたくて、無理矢理連れてるんだ。これ以上、俺と隼のことに口出しするな。」

「聞かなかったことにしてやる。終いにしろ!」

周二の瞳の奥に燃え上がった青い焔に、何を言ってもより勢いが増すだけなのだと知り、木本は口をつぐんだ。

内心、恐怖しながらも周二の纏う殺気を恍惚とずっと眺めて居たかった。
視線を外した周二の背後に、気圧が迸っていた。

もう、この狼を止めるのは、隼の父親沢木か、実父の三代目しかいないだろう。
手に負えないどころか、止めようとすればきっと自分も致命傷を負って赤い海に沈む。

「周二坊ちゃんがばらすなら、後始末はこちらでやります。ただ、周二坊ちゃん、いつかは考えなきゃならないって事だけは含んどいてください。」

「それと、沢木の旦那がねんねのことで話があるから病院に来いとメールが着てます。バラシはそちらを先に済ませてからに。」

「わかった。」

「隼坊ちゃんを酷い目に遭わせた野郎が恐怖に怯える時間は、沢木の旦那にとっても長いほうが都合いいんでしょうよ。」

沢木の呼び出しにどこか落ち着かない周二に、木本は大丈夫だと頷いた。

「ご心配なく。サツには渡しませんし、こうなった以上、こちらも乗りかかった船です。」

「わたしも、本当のところ、食っちまいたいくらいねんねは可愛いですからね。これでも、内心煮えくり返ってんですよ。」

何も言わずに携帯を床に叩きつけて踏みつけると、周二は病院へと向かった。




沢木パパの反応はどうかな。実は木本さんもできるものなら、やっちまいたいと思ってたみたいです。
ぴんくのゾウさんまだ、出てこないねぇ・・・今日もまだ、周二くんかっこいいままでした。
いつもお読みいただきありがとうございます。拍手もポチもありがとうございます。励みになってます。がんばります。   此花
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村

観潮楼さま秋企画
こちらで使用させていただいている美麗挿絵(イラスト)は、BL観潮楼さま・秋企画参加のみのフリー絵です、それ以外の持ち出しは厳禁となっております。著作権は各絵師様に所属します。
pioさま鼻血ぷぷっの美麗イラストお借りいたしました。ありがとうございました。きゅんきゅんの綺麗お子さまです~~!
関連記事

2 Comments

此花咲耶  

NoTitle

けいったんさま

最後は結局、隼ちゃんのぴんくのゾウさんでぱお~・・・のお話になればいいなと思っています。
もう少し、悲しい場面も痛い場面も続きますけど、此花は小心者なので、登場人物はみんな幸せにしてあげたいです。
周二パパまで出てきたら、えらいことになりそうです。今は真面目に水商売やってる実業家のパパ設定です。
思わぬ長い話になりそうです。何しろタイトルが、恋人達の一番長い夜・・・(^▽^;)・・・あら~
コメントありがとうございました。嬉しかったです~。けいったんさまにきゅんきゅん♪しっぽをぶんぶん♪

2010/09/16 (Thu) 01:24 | REPLY |   

けいったん  

周二、 怒りの炎を 消して

これからも 隼を 見守って行かなければならい周二に 犯罪者には なって欲しくないです。

沢木パパ、どうか周二の暴走を 止めて! それとも 三代目周二パパの 登場か!!

此花さま、周二パパの登場は?(*^o^*)...yes or no...byebye☆

2010/09/15 (Wed) 23:21 | REPLY |   

Leave a comment