FC2ブログ

BL観潮楼H22秋企画【狂おしい秋・近づく嵐・2】 

BL観潮楼・H22秋企画【狂おしい秋・近づく嵐・2】

R-15くらいでお願いします・・・

そんな昼間の顔を脱ぎ捨てた放課後、樋渡蒼太は塾のない日、理性を脱ぎ捨て淫乱になる。

木本は浅く息を吐く年下の恋人の汗ばんだ頬を、優しくなで上げた。
指を求めて追いすがる口には枷が入れられ、まるで蒸気を吹くやかんのような切ない声が漏れる。
木本を知るものは、おそらく別人だと思うくらいにその手は優しい。
拘束された四肢を、追い詰めるように撫でた。

「んっ・・・ふ・・・ふうっ・・・」

口許から、細く滴る胸元に流れる銀糸を追って、年上の恋人は歯型の付いた薄い胸を愛おしそうに撫で回した。
下ろせない腕は、吊るされたまま血が降りて白くなっていた。

「痛いの、好きだよなぁ・・・蒼太・・・」

ふる・・・と視線を捕らえて、懸命にそうではないと横に頭を振った。
目じりに溜まった涙が振られて落ちた。
好きなのは、こんな行為ではなくてあなたなのだと伝えたかったが、声は発せられない。
濡れた目だけが、必死に向けられていた。

「なぁ・・・ここに・・・たまたまの裏っ皮に孔開けてさ。俺の名前の入ったプレートぶら下げよっかぁ・・・」

ささやかれただけで、ぶるりと震え、芯が熱く通って半分勃ち上がった蒼太を見やって木本が笑う。

「若いね~、高校生。お兄さんを誘うかい?」

低音の木本の声は、蒼太の脳に直接響くような気がする。
何も言われても抗えない気がするのは、一度全てを手酷く攫われてしまったせいだろうか。
指を絡められて、薄い筋肉の乗った腹が揺れた。
異質なものが内部でうごめくたび、小さくうめき声が漏れる。

「そろそろ、ねだってみるか?外して欲しい?」

返事の代わりに、一筋つっと唾液が零れた。

「か・・・はっ・・」

やっと自由になった口は痺れて、まともな言葉にならなかった。

「こえ・・やっだ・・ずして。」

ぐしゃぐしゃと汗と涙に浮いた蒼太の頭を掴んで、何言ってるかわかんないな~と木本は笑った。
最初が酷い抱き方だったと自覚があるので、今はまるで羽で触るように慎重だ。
振動する内部の異物に、内腿が震えていた。

「きもとさ・・・んのが、いいっ。木本さんが、いい。」

木本と一緒にいる時の蒼太は淫らで隠微で、子どもっぽかった。

「聞こえね~な~・・・もう一回言ってみな。」

「ここに、何を入れるって?」

「・・・ふっ・・・あぁんっ・・・」

肩に歯形をつけられて固く縛められた全身を揺すって、愛をねだる若い恋人は、自分好みに身を震わせて耐え切れずに涙を零す。
身体の内部で震えるものの代わりに、木本自身を欲しい場所に入れて欲しくて、もどかしい思いで泣いていた。

「いい子で鳴きな。・・・もっとくれって。」

「も、も・・・っと・・・ああぁぁ・・・」

異物の替わりに、蒼太の欲しがる優しい肉がぎち・・・と埋め込まれた。

優しく頬を行き交う指に、唇を摺り寄せた。

「あ・・・あ。木本さ・・・ん。こ、れも愛?」

「ん~、たぶん愛だな。」

「きっと?」

「きっと愛だ、蒼太。だから、これ以上激しいのは、おまえがもっと大人になったらな」

「木本さん、好き・・・好き・・・大好き。」

「蒼太。」

ぐっと腰が入れられ、汗と唾液に濡れた蒼太の喉が喘いだ。



近づく嵐・3へ続きます。


不思議です~・・・生徒会長だったら、何とかうっすらエチ場面おっけ~みたいな此花です。
隼ちゃんは、おしり描写すら書けてないのにね~(//▽//)・・・作者も一緒に剥けた事だし、ちょっとずつがんばります。また、季節がめぐってしまったらどうしよう~。  此花←笑えね~・・・
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村

観潮楼さま秋企画
出演がないので、綺麗お子さまの美麗絵が貼れません。つまんない・・・自業自得だけど。
関連記事

4 Comments

此花咲耶  

NoTitle

けいったんさま

けいったんさまにも、三千メートル上空から感謝のうちゅ~~っ♪(*^ ・^)ノ☆逃げないでねっ!

「凍月」...PTSDに関しては、千差万別の状況によって星の数ほど症状は分かれるみたいです。色々調べて、みぃくんのパパと、「狂秋」の隼ちゃんは少し症状も変えています。あっちも、こっちも過去は傷だらけです・・・ごめんよ~~っ。此花、過去に何かあるほうが好きなんです。

「秋トレ」...秋のトレーニング、あはは~本当ですね。今夜のアップでお話は終ります。「幸せの国ゆき」切符は必ずそこへ届けてくれる魔法の切符なので大丈夫です。YUKI様素敵絵の可愛い二人、見守ってください。

「狂秋」・・・サディストが蒼太につけるのなら、Do not touch it・・・きゃあ。そんなこと考えても見ませんでした。リアルだと、せいぜいピアスくらいじゃないと生活の邪魔になるような気がします。痛そう・・・・
いいものを見つけたので、そのうち木本さんにお試しして欲しいのです。あのね・・・きゃあ、ここには書けない~っ。

コメントありがとうございました。お読みいただきありがとうございます。うれしいですっ!

2010/09/09 (Thu) 16:22 | REPLY |   

けいったん  

怒涛の更新には 負けませんぞッ!

頑張って憑いて(背後霊か・・・)X 、付いて行きますから~♪

「凍月」...PTSDにも 色々あるんだ。みぃくんが 少しでも パパが元気になる様に 支えて あげてね!

「秋トレ」...タイトルを縮め過ぎ?"秋のトレーニング"とも取れるし、すみませんm(_ _;)m
遠瑠と里瑠が <幸せの国ゆき>切符を 使った方が いいのか 悪いのか... 二人を 見守っていきたいです。

「狂秋」・・・もし 本当に 蒼太につけるのだったら 木本は プレートに なんて 文字を刻むのかな? <蒼太は 俺のもの>or<手を出すな>...いい言葉が 浮かばな~い(iioii) 

pio様が アッチへ 走って行きましたが、此花様は どこ?
オォ  上空からの 投げKISS爆弾投下中ですかッ!
(◎o◎;)...わ・私は に・逃げませんからッ。ヒィーー...byebye☆


2010/09/09 (Thu) 09:14 | REPLY |   

此花咲耶  

NoTitle

PIOさま

きゃあっ!鬼畜、おっけ~ですか。合格で良かった~、一応R付けました。(^▽^;)←内心、冷や汗だくだく・・・
褒めていただいて、三千メートル上空まで舞い上がってます。
読んでくださる方の、想像力頼みと言うありえない大技でがんばります。
こちらこそコメントありがとうございます、とてもうれしかったですっ。わ~いっ!PIOさま、うちゅ~っ!(あっ、逃げてっ!)

2010/09/09 (Thu) 00:18 | REPLY |   

pio  

キター!(///▽///)

王子の妄想で満足してそうな気がしてましたが……やっぱりホンマモンがいいー!!理性を脱ぎ捨てちゃった蒼太くんカワイくてキュート~♫木本さ~ん優しい鬼畜たまりませ~ん。こんなにかわいくて愛溢れる鬼畜始めて。。。なんだか幸せな気持ちになりました。(*Y▽Y*)此花さま~!ありがとうございます~。

2010/09/08 (Wed) 23:55 | REPLY |   

Leave a comment