FC2ブログ

紅蓮の虹・37 

胸の辺りが、暖かい・・・


ああ・・・百合が呼んでいるのか・・・


胸に秘めた水晶が、小さく振動していた。


飛び起きて、俺は何かに導かれるように図書館を飛び出た。


「すみません、すぐ帰るのでそのままにしておいてくださいっ!」


百合の父親だ。


あっさり引き下がったけど、あいつ、諦めていなかったんだ。


通学路を狙うなんて、マジせこい奴。


コウゲイがいないから、ひたすら走るしかなかった。


百合は車に乗せられまいと、奮闘していた。


「おらぁ!」


見事に、相手のみぞおちに膝蹴りが決まった!


倒れこんで苦しむ、黒服。


「高校生を、なめんなよっ!」


百合の手を掴んで、走った。


「逃げるぞ!」


目配せして、俺たちは駆けた。


「何で今頃、登校してんだよ。狙われるだろ!」


百合はちょっときつい視線を向けた。


現役サッカー部は、足だけは早いんだ。


欲深い親父を振り切って、俺たちは図書館に戻った。


関連記事

0 Comments

Leave a comment