FC2ブログ

小説・凍える月(オンナノコニナリタイ)・51 

洸兄ちゃんが一緒だったからお終いの頃にはぼくも少し慣れた。

お兄ちゃん達に、もう一度お辞儀をして、さようならと別れを告げた。

「みぃちゃん、ほんとに小さくて可愛いなぁ・・・」

「あ~、いっそ、お持ち帰りしてぇ~。」

「りかちゃん人形の実写化みたいだもんな~。」

「くそぉ、松原兄弟、二人とも別れちまえっ!俺にくれっ!」

悪態をつくお友達の前で、洸兄ちゃんはぼくを抱き上げると、ほっぺたにちゅっと音を立てて、軽く小さなキスをした。

「あ。」

ほっぺたが、真っ赤になったのが分かった。

「みぃ。はい、お兄ちゃん達にバイバイして。」

素直に手を振って別れたあと、洸兄ちゃんは朱里兄ちゃんに

「やりすぎだろ、ばぁか。みぃに、キスまですんなよ。俺だって、したい。」
と、言われていた。
恋人同士なんだから当然だと、洸兄ちゃんがすごく真面目に言うのがおかしかった。

こわごわ女の子になったけど、不思議と誰にもばれなかったみたいで、ぼくはとても不思議な気持だった。
夢に見た白いワンピースを着て、誰にも遠慮せずにくるくる回ってスカートの裾を広がらせてみた。


「その内、俺等が叔父さんに、みぃの話をしてやらなきゃいけないんだろうな。」

「こんな違和感ないんじゃ、やっぱりそうとしか思えんよな。」

「翔は気が付いてるのかな?」

「どうだろう、入学式のとき泣いたのは知ってるはずだけど。」

洸兄ちゃんと朱里兄ちゃんは、ふたりで内緒話をしてた。
ぼくは二人から離れて、朱里兄ちゃんの彼女さんと手をつないで、道路の端っこの段差の所を歩いていた。

履きなれない可愛い赤い靴。
白いレースの付いた靴下。
カールした睫毛。
栗色の長い髪の毛。
ほんの少しの初めての女の子の変装が、ぼくの中の何かを変えた。

「オンナノコミタイナぼく」が「オンナノコ」に、なりたがっていた。

このままでいたい。

でもそれは、きっと言ってはだめなこと。

パパが出張から帰る前に、シンデレラはおうちに帰ってドレスを脱いで、きちんと男の子に戻らなくてはならない。

その後、ゲームセンターに行って遊び、朱里兄ちゃんが彼女さんとお揃いのネックレスとリングを買った。
そして、ぼく達の帰宅時間は、パパの帰ってくる夕方に近かった。

「みぃ、大丈夫。まだ叔父さん帰ってないみたいだ。」

12時の鐘が近くなって、シンデレラと王子さまは少し慌てていた。

「早いとこ、シャワー浴びて化粧を落としちまわないとな。こんなところ、みられたら大変。」

慌しく帰宅して、大急ぎで風呂場に直行しようとしたとき、最後の審判が下るように玄関が開いた。

「ただいま。」

「あ。」

瞬時に血が下がり、凍りついた空気を、ぼくは一生忘れない。
心臓が、どくんと高く跳ねたきり、止まってしまうような気がした。

「ああ、洸。来てたのか。お友達か・・・?」

流れた視線がぼくを捕まえて、一瞬、パパの目の形が歪んだ。

「おまえ・・・?」

「海広なのか?何を、やってるんだ・・・?そんな恰好して?」

「パパ・・・」

ぼくが、そうっと後ずさって風呂場に消えようとしたとき、パパは脱衣場の中まで追ってきて、鍵をかける前にぼくを引きずり出した。

「あっ。」

「どういうことだ!いますぐパパに分かるように説明しなさい。」

ぼくは顔色を無くして顔を覆ってしゃがみ込み、洸兄ちゃんはぼくを庇ってパパの前に仁王立ちしていた。

「ごめん、叔父さん。みぃを怒らないでやって。」

「ちょっとした、遊びだったんだよ。」

「ぼくが頼んで、みぃに無理矢理彼女の真似事をさせたんだ。」

「友達に見栄を張って、誰にも頼めないから仕方なくみぃに頼んだんだ。みぃは、何も悪くない。」

パパの視線は、ぼくに向けられたまま外されなかった。

「パパ・・・ご、ごめんなさい・・・」

かすれた喉から出た言葉は、余計にパパを激しく怒らせたみたいだった。
あっさり笑い飛ばせば良かったのかも知れないけど、ぼくはパパの険しい視線に凍り付いていた。






大変ですっ!一番内緒にしておかなければならなかった、パパに「オンナノコ」の恰好がばれてしまいました。
みぃくん、危うし。  此花
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村
関連記事

2 Comments

此花咲耶  

Re: 大丈夫ですかー(@o@;)

けいったんさま


きゃあ、お見舞いの優しいコメントありがとうございます。うれしいです。やっと熱が引きましたら、今度は寝すぎで腰痛と言うお約束な事態になってます。情けなや~・・・
家人が病気になったのと、家業が忙しかったのが原因で疲労が溜まっていたみたいです。原因不明で発熱。
初めて、血尿でました。いや~、本当に赤くなるんだね、これ・・・って何かに使えるかなぁ。
本気で隼と周二の祟りかなぁと思いました。大丈夫、秋は愛が深まる予感です。
上手く行くかどうかは、パパの気持次第です。コメントありがとうございました。うれしかったです。
けいったんさまにお礼の、うちゅ~~~~っ!(^ε^)    逃げてっ!

2010/08/31 (Tue) 08:59 | REPLY |   

けいったん  

大丈夫ですかー(@o@;)

熱中症か 夏風邪か・・・

予約投稿されてて 良かったですね。でも 家事や作品の事で 無理をなさらずに お体を 労わって お過ごし下さいませ。

隼と 中々 うまく行かない 妄想周二の 祟りかも~
(Y_Y)...恨めしや~...byebye☆

2010/08/30 (Mon) 08:35 | REPLY |   

Leave a comment