FC2ブログ

小説・凍える月(オンナノコニナリタイ)・44 

翔兄ちゃんは男の子だから、普通に想像がついたらしかった。

「あははっ、みぃ。お漏らししちゃったんだろう?」

「う・・・ん・・・。」

耳まで真っ赤になってうつむいたぼくに、いつものように

「ばぁか!」と笑った。

「それって、男なら当たり前のことじゃん。」

「みぃも、ちゃんと男の子だったんだな。もしかして、そろそろ朝起ちもあるか?・・・」

男の子の当たり前の話は、ショックだった。
突然あふれ出したぼくの大量の涙に、翔兄ちゃんは面食らったみたいだ。

「みぃ!?何で泣くの?」

「翔兄ちゃん・・・みぃくんは・・・そんなの何にも知らないっ!いやだぁ!」

「わ、わ、みぃ!どうした?」

「うわわぁあぁんっ・・・・」

ぼくの中の、白いワンピースのオンナノコミタイナぼくが、どこかに消えて行きそうで怖かった。
男なら当たり前の出来事が悲しくて泣いたなんて、翔兄ちゃんに言えないけど、どうしても涙が止まらなかった。

ぼくは、おちんちんがぽろりと落ちて、いつかおっぱいが大きくなると信じていたけど、とうとう絶望を知った。
そんな日は、どんなに待っていても一生来ないのだ。
ぼくは男の子だから、大きくなったら男の人になる。

そんな当たり前が分からずに、ぼくは泣いた。
そんな当たり前に、成長するのが辛かった。
自分の身体が、嫌いだった。
前に揺れてる、小さなおしっぽみたいな「おちんちん」がオンナノコミタイナぼくは、いつまで待ってもオンナノコには成れないんだよって笑った。

「性同一性障害」

まだ、その病名も知らなかったぼくは、そのころ毎日必死で戦っていた。

誰も、本当のぼくを知らなかった。







苦悩のみぃくんです。
・・・いつもお読みいただきありがとうございます。今、ちょうど半分くらいです。
よろしくお願いします。   此花
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村




関連記事

0 Comments

Leave a comment