FC2ブログ

小説・凍える月(オンナノコニナリタイ)・37 

「・・・てめぇっ!先公っ!!」

「みぃに、何しやがるっ!」

翔兄ちゃんの声がして、やっと凍った時間が動き始めた。
走ってきて、翔兄ちゃんが受け持ちの先生に両足でキックしたのか靴音がした。
何かがくぐもった悲鳴をあげて、どっと倒れこんだ音がした・・・

「みぃ!」

目隠しと詰め込まれた布が一気に取られ、やっと酸素が流れ込んできた。
翔兄ちゃんの顔を見たら、ぶわ・・・と涙が溢れた。
ぼくは息の出来ない金魚みたいになって、口をぱくぱくしていた。

「大丈夫なのか、みぃ。どこも痛くないか?」

がたがた震えながら、翔兄ちゃんの姿を見たら、やっと声が出た。

「ふぇ・・・翔兄ちゃ・・・ああぁんっ!」

物音に気が付いた翔兄ちゃんの友達が、素っ裸のぼくと翔兄ちゃんに異変を感じて、職員室に他の先生を大急ぎで呼びに行った。

体育の先生が飛んできて、怒り狂った翔兄ちゃんを止めるまで、受け持ちの先生は呆けたように、ずっと顔面に蹴りを受け続けていた。

後で聞いたら、腫れ上がった顔は、腐ったかぼちゃのようにぐずぐずだったと、翔兄ちゃんが言っていた。
見事に鼻骨と頬骨の、陥没骨折だって。

「中身が出るほど、蹴ってやればよかったんだ。」

「全治二ヶ月ぐらいじゃ、手ぬるいぞ、翔。」

洸兄ちゃんも朱里兄ちゃんも、話を聞いてものすごく怒りまくった。

「くそったれがっ!」

「あの野郎、みぃを泣かせやがって。一生許さねぇ。」

誰がどんなに慰めても、自分が悪いと言って、翔兄ちゃんは拳を白くなるほどぎゅっと固めて、ずっと自分を責めていた。
でもね、ぼくは暗い海の底のような不安の中で聞いた声を覚えてる。
正義の味方のように、ぼくを助けてくれた翔兄ちゃんは、すごく格好良かったんだよ。

「来い、みぃ!」

翔兄ちゃんは、教室で震えるぼくに急いで服を着せると、右手でぐいっと赤くなった目もとを拭った。
ぼくはといえば、もう何が何だか分からないまま、ずっとえぐえぐと泣きっぱなしで、頭と喉が酷く痛かった。

「翔、兄ちゃん・・・えっ、えっ・・・ん・・・」

「ごめん・・・、みぃ、ごめん。俺が、教室で待ってろなんて言ったからだ。」

「危なくても、ちゃんとベンチで待ってろって言えばよかったんだ・・・。」

「こんな・・・こと、みんな俺のせいだ。」

「ごめんよ、みぃ・・・わああぁあっっんっ!」

大声をあげて、拳を握りしめた翔兄ちゃんが謝りながら泣いたのを、ぼくは初めて見た。
そしてぼくは目もとを赤くして、黙りこくった翔兄ちゃんの背中に負われて帰って来た。

その日の夜に、校長先生と学年主任の先生が、おうちにやって来た。

「受け持ちの先公が、放課後の教室で、みぃを裸にして泣かせた。」

翔兄ちゃんから、そんな風に話を聞いたパパは蒼白で、ダンと応接台を拳で叩きつけたきり、黙り込んでしまった。
代わりに、叔父さんが話をしたらしい。

「で?訪問してきたと言うことは、あなた方は、何らかの結論をお持ちになったということですね?」

極めて冷静に話をする叔父さんに、校長先生はこれが初犯であったこと。
海広が女子ではなかったことを理由に、怪我などの実害はなかったことですし・・・出来れば穏便にと、鼻の汗を拭いた。

先に何の謝罪もないことに、叔父さんはすっかり呆れていた。




自分を責める翔兄ちゃん。小さくたって男前です。
それに引き換え、おとなって。おとなって。あっちでもこっちでも、可愛い子達、襲われ中。  鬼畜修行、此花
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村



関連記事

2 Comments

此花咲耶  

Re: ・・・・・・・・

> 涙と鼻水でグショグショだ・・・・・・・・・

ここか~・・・受難でした。

2010/12/30 (Thu) 01:16 | REPLY |   

小春  

・・・・・・・・

涙と鼻水でグショグショだ・・・・・・・・・

2010/12/29 (Wed) 22:32 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment