FC2ブログ

BL観潮楼様・夏の企画「狂った夏」・任務遂行(後編) 

pioさま挿絵ss
BL観潮楼様・夏の企画「夏―心を焦がす恋―」

「狂った夏」任務遂行(後編)



「やっぱ、ブルーレイっすよね。」

「おうっ!肌の質感が違うからなっ。保存用だしなっ!」

「出来ればいっそ、3Dにしてぇくらいだがなっ!」

「テレビ大型に買い替えしといて、正解だなっ!」

「さすが、周二坊ちゃんです。よっ、4代目っ!男殺しっ!」

「バカ野郎っ、女はともかく男は隼独りだぜ。」

二人は嬉々として、キングサイズのベッドサイドに三点、ビデオをセットした。
抗った隼が、掻いた足で蹴っても届かないように。
喘いだ顔が、アップで撮れるように。
勿論一台は、手撮りで。

想像だけで、各自トイレで2回ずつ手コキした。
虚しい行為だったが、後を思えばなんでもなかった。

「周二坊ちゃん、こんなものが・・・。」

ベッド脇のサイドボードの引き出しから、古臭いディスクが出てきたのだという。

「懐かしいっすね。木本の兄貴の伝説のビデオです、これ。」

「見ますか?周二坊ちゃんも。俺、まだ見たことなかったんっすよね、噂には聞いてたけど。」

「ん~、まだ時間あるしな。」

過去には綺麗なお姉さんを騙して輪姦した後、逃げないように脅す材料として、ムービーを回すことはよく在った。

それも立派ないけない事なのだが、守役の木本は何だかんだといって女の扱いには長けていた。
今も、片手に余るくらいの女を連れて、多額の金を貢がせていたが過去には相当名を馳せたらしい。
どれほど凄腕かと言うと、多くの女を騙したが、一度も警察沙汰になったためしがない事からもわかるだろう。

それは、木庭組直営ホストクラブの新人が、必ずお世話になるという「実践・木本」と言う伝説のマニュアル・ムービーだった。
今やちょっとしたプレミアが付いて、出回っているものはダビングにダビングを重ねた質の悪いDVDだった。

その内容はといえば・・・。

騙した挙句連れてこられた女の、初花を手ひどく散らした後、泣くのは女ではなく木本の方だった、という所から始まる。

「こんなやり方でしか・・・俺は愛せないんだ・・・すまん・・・」

「俺の側にいたら、お前が不幸になると思うのに、手放せないんだ・・・〇〇・・・」
注:〇〇には、あなたが騙した女の名前を入れましょうと、字幕

「真人(まこと)さん。」
注:ホスト当時の木本の源氏名ですと、字幕

「本当の誠(まこと)なんて、どこにもありはしないんだ。(苦しそうに)だけど、もしほんの少しでも俺の中に信実(まこと)ってヤツがあるなら、それはお前に向けた気持だけだ。」
注:できるだけ子どものように、無防備に泣きましょうと、字幕

二股がばれた時の言い訳もすごい。
見事なまでの金の無心、キャバ嬢にヘルスへの店変えのお願い、これでもかというほど清々しい顔の木本の鬼畜っぷりが伝わる。
綺麗な男は、さすがに自分の武器を良く知っていると、思わず二人は感心した。

「やるなぁ。」

「まじ、勉強になりますねぇ。」

「特に、浮気がばれた時のは参考になるな。メモっとこ。」

周二はうっかり画面に見入っていて、隼を呼び出したのを忘れていた。

少しでも肌の当たりがやわらかくなるように、麻縄を台所でエプロンかけてことこと煮込んだのに。
下手に縄が伸びると、血管を余計に圧迫するから、素人は綿ロープか麻で短時間勝負というのは、専門家から聞いた。
その後、ダイロンで紅く着色したのは、真白い隼の肌に咲いて映えるのは、やはり紅い華だろうと思ったからだ。
通販で「縄大全」を買って、真夜中密かにばかでかいキューピーを抱え、亀甲と菊花の縛りの練習をした。

「あっん・・・いたく、しないで・・・ね。」

キューピ-の目が潤んだ。

「任せろ。お前は感じていればいい。」

ついでに一応、もののはずみで必要になるかもしれないから、低温ろうそくも準備した。
用途が違っても大丈夫なように、サイズも周到にそろえた・・・

「もうすぐ来るかな。」

大張り切りで、隣の部屋に飲み物を取りに行ったら、置手紙が在った。


『周二くんは、何やらお勉強で忙しそうです。
寂しいけれど、ぼくはおうちに帰ります。またね、隼。』

「うっそぉ~、隼!?またねって~!?」

「俺はお前の、おまたに重要なミッションがあるんだよ~~っ!」

ちょうどその時、テレビで、バスケットアニメの再放送が流れ始めた。

主人公のチームメイトが、暗闇から光に向かって腕を伸ばしていた。
何も失ってなどいないのだと、優しい声で包み込むように告げるのはチームの監督だ。

「あきらめたらそこで試合終了ですよ。」

「安西先生・・・バスケがしたいです・・・」

安西先生・・・隼とえっちがしたいです・・・そう、呟いた。


どこまでも切ない周二だった。

参加中です。
短編小説です。
夏、小説

作者のテクがないのが響いて、余りにも周二くんが可哀想な結末に・・・。
真夜中、縄掛けの練習する所など、想像してちょっと笑ってしまいました。いじめっこ。
さすがにちょっと、可哀想になってしまいました。
もうちょっとだったのにね~・・・此花
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村


●こちらのpioさまの鼻血ぷぷっの美麗絵は、BL観潮楼様、夏企画「お題絵」ですので、それ以外の目的の持ち出し使用はお控えください。

関連記事

4 Comments

此花咲耶  

Re: NoTitle

pio さま

きゃあ。綺麗お子様達の母上さま、お越しいただきありがとうございます。
秋もこのまま、妄想で行っちゃっていいですか?
わ~い!絡みエチなしBLなのにおっけ~頂いてしまいました。
よろしくお願いします。目指せ!鼻血ぷぷっ濃厚シーン!←世界の果てより直、遠そうっす・・・^ ^;

コメントありがとうございます。うれしかったです。
長袖バージョン描いてくださるんですか。きゃああぁぁあ!萌え死にするかもしれません。
どうしましょお~~~~・・・、すっごくすっごく、楽しみです。わ~いっ!

2010/08/14 (Sat) 22:22 | REPLY |   

pio  

またしても…

お預けの周二君……。
かわいそうだけど、妄想がgood!なので、
このまま引き延ばしても……。
いいえ!ぜひ最後までいっていただきたいっす!
という訳で、秋も引き続き行っちゃいましょ~(^▽^)/

2010/08/14 (Sat) 20:49 | REPLY |   

此花咲耶  

NoTitle

アドさま

きゃあ。お越しいただき、ありがとうございます。
先輩作家のアドさまに面白いって言ってくださって、すっかり幸せになってます。初めて書いた作品が、ここまできてしまいました。
自分でも、すごく驚いています。

テンプレ見つけたとき、迷わずダウンロードしました。肌色が映える~~~~!!!って、選んだ理由ここです・・・うふふ♪
お忙しいのにコメントありがとうございます。うれしかったですっ!

2010/08/14 (Sat) 00:12 | REPLY |   

アド  

きゃぁああ

面白い!オモシロイよ―!!
夜中にキューピーちゃんで練習したのに、エロビデオを観ているうちに隼くん帰ってしまったー!!
縄に対するなみなみならない周二くんの探究心いいですねー!(笑)エプロン~~(笑)

テンプレきれいです~~!!

2010/08/13 (Fri) 22:48 | REPLY |   

Leave a comment