FC2ブログ

BL観潮楼様・夏の企画「狂った夏」・任務遂行(前編) 

pioさま挿絵ss
BL観潮楼様・夏の企画「夏―心を焦がす恋―」

「狂った夏」任務遂行(前編)




ぜってぇ、おかしい。

周二はいきり立っていた。

「坊ちゃん、そう苛々しないで落ち着いたらどうです?」

周二は嘆いた。

「だってよ、木本。ちょっとおかしいと思わね~?いっつもいい感じになったところで、沢木が来るじゃん。」
「ぜってぇ、おかしいって!」

周二は勉強に関してはからっきしだが、こういうところ(だけは)妙に感は鋭かった。
木本自身、余りにタイミングよく現れる沢木に多少の疑問は抱いていたが、二度三度と来ると確かに何かあると思うのが妥当だったかもしれない。
むしろ、「今更?」と思うのだが、恋は全てを盲目にするのだ。

セキュリティ会社を呼びつけて、色々話を聞いてみた。

「それは、やはり最新のGPSでしょうね。」

あっさりと簡単に告げたGPSは、一番簡単に説明するとすれば、子どもの安全のために親が持たせる携帯電話の位置確認機能のことだ。
確かに児童誘拐は、高性能のGPSの登場で減ったと言われている。
徘徊老人の位置を確かめるにも役立っているらしいが、ここはまあ関係ないので触れないで置く。

「元々、グローバル・ポジショニング・システムと言うのは地球の位置を確かめるために、軍事的に開発利用されたもので、その範囲はゆうに・・・」

「もう、いい。」

つまり隼が携帯電話を持ち続ける限り、GPS機能とやらが働き、いいところで沢木が現れるという構図はかわらないと言うことだ。

だったら・・・?
裏を返して、もし隼が携帯電話を持たなかったら・・・?
持っている携帯電話を取り上げて長距離トラックの荷台にでも載せてしまえば?
どんなに助けを呼んでも、隼がどこにいるか分からなかったら?

守役の松本と目を合わせた。

あんなことしても?
こんなことしても?
許されるんじゃね?

心ゆくまで拡げても?
四肢を開いたまま拘束して眺めても?
隼のあそこに、きゅうりやらアスパラやらいろいろと入れてみて弄り倒しても?
濡らした指を一本ずつ増やしていって、限界まで広がって薄く敏感になった入り口を舐めてみても?

「あ・・・んっ・・、しゅうじくん・・・」

蟻の門渡り舐めると、背筋がそそけ立つぜ。

あいつが来ない・・・?

「やりたい放題じゃね~か?」

思わず狂気(喜じゃない気がする)乱舞で小躍りの周二だった。

「人間、真面目に生きてれば神様が御褒美くれるって本当だなぁ、松本。」
「そうっすねぇ、周二坊ちゃん。」
「お前、しょっちゅう隼を触り倒しているけど、今度ばかりは遠慮要らないからな。」
「え?まじっすか?」
「今後のおかず用に、本格的に撮影会を決行します。」(`・ω・´)きりっ!←周二
「うわ~、楽しみだなぁ。」
「今夜こそ、声が枯れるほどあんあん言わせてやるぜ、隼っ。」

二人は任務遂行のため、上機嫌で大手家電店へと走った。



任務遂行(後編)に続きます。
参加中です。
短編小説です。
夏、小説

今度こそ上手く行くのでしょうか・・・
沢木さんは出て来ない予定です。おおっ・・・?ついに、ミッションコンプリート・・・?
テクないんで無理か~・・・ 此花
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村


●こちらのpioさまの鼻血ぷぷっの美麗絵は、BL観潮楼様、夏企画「お題絵」ですので、それ以外の目的の持ち出し使用はお控えください。
関連記事

2 Comments

此花咲耶  

NoTitle

きゃあっ。お越しいただきありがとうございます。
毎回自分でここを開くたび(あ、この場所を・・・)綺麗な絵があるので舞い上がってます。テンプレ変えたらますます、美人さん・・・わ~いっ。
ありですか?うれしいです~!
妄想だけはがんばっているのですが、そっか~、母上さまには笑の方が・・・・
そのうち鼻血ぷぷっと吹いていただけるように、がんばりたいです。

2010/08/13 (Fri) 20:09 | REPLY |   

pio  

(^▽^)(^▽^)(^▽^)

なんだか単純で能天気な妄想王子が
愛おしくなってきました。妄想ですでにR指定……。
毎回鼻血…じゃなくて笑いがぷぷっとなってしまいます。
ありじゃないですかー!?

2010/08/13 (Fri) 16:02 | REPLY |   

Leave a comment