FC2ブログ

BL観潮楼様・夏の企画「狂った夏」愛犬志願・4 

pioさま挿絵ss
BL観潮楼様・夏の企画「夏―心を焦がす恋―」

「狂った夏」愛犬志願・4


ふるふると肩を震わせて泣く、愛おしい恋人の頬に手を添えた。
何があっても、どんなことが起ころうとも、俺はお前を愛するよ、隼。
地球上の全ての生き物が、お前をなじっても俺だけはお前の味方でいると誓う、隼。
粗相をしてしまった可哀想な恋人は、頬を染めて羞恥に打ち震えていた。

「・・・えっ・・えっ・・・周二くん、ごめんね・・っ。」

周二は、自分の胸に縋るやわらかい丸い肩を、そっと引き寄せた。


「4代目、汚して悪かったな。」(別に思ってないけど、一応口先だけね。沢木心の声)
「いえ、沢木さん。側に俺が付いていながら、こんな可哀想な目に遭わせちまって・・・ぐしっ・・・」
「ごめんよ、隼。俺がバスタオル一枚、かけてやればよかったんだ・・・っ。」

周二は、泣き濡れる隼をかき抱き、自分を責めていた。
クリーニングから帰って来たばかりの、とらさんのカーペットは再び悲惨なことになっている。
絶滅危惧種の貴重な毛皮の上に転がっているのは、4人家族で仲良く一個のプリンを食べるというコンセプトの元、発売された大容量の「男のプリン」の空き容器だった。
沢木が呆れて、さすがにおでこをつついた。

「食いすぎ。」
「だって。」
「プリン好きだもん。」

元々、鶏卵と牛乳に軽いアレルギーのある隼は、両方一度に摂取するとお腹を下すことが多かった。
しかも冷気が直接あたる場所に、転がっていたから堪らない。

「ねんね、可哀想に・・・また、借金増えちまったなあ。」

湯船に湯を張りながら、なにやらうきうきして松本が独り呟く。
向こうの方では、これはもうクリーニングに出しても駄目だなと、木本が言うのが聞こえた。

「モノホンの上物だから、もう出物はないでしょうし、闇で買うとしたら100万は下らないでしょうね。」
「とらさんのカーペット、洗ってももう使えない?」
「ああ、二度目だからな。」

くすん・・・と涙ぐんだ隼が、腕の中で周二を見上げた。

「周二くん、どうしよ?」
「ぼく、もうおちんちんを「売る」しかないのかも。」(´・ω・`)しょんぼり・・・←隼
「隼、あぁ・・・とうとう、俺のモノに・・・?」

虎の毛皮の替わりに、ここでもう俺の下敷きになれ、隼。
うっかりとさりげなく、両足を肩に乗せあげて後孔にそうっと俺を突っ込んでやるから。
細いバイブの先がゆれるたび、しっぽで俺を誘って見せろ、隼。
前のしっぽにも、細い尿道バイブ突き刺してやるよ。
野生の獣のように性器を愛咬みして、真夜中に月に向かって声が枯れるほど叫ばせてやる。

シートン動物記の狼王ロボのように、おまえだけを愛すると誓う。
隼の裸の真白い胸にほのかに揺れる薄紅色の尖りに、周二は唇を寄せた。

「ああ、俺のビアンカ(狼王ロボの嫁の名)・・・・」

愛するものを奪われて、狼王ロボは呻いた。
胸に風穴が空いたように、体温がうばわれる。
腕の中の愛おしい存在は、ロボが唯一歯が立たない人間に奪われたのだ。

「ほら。さっさと身体流しにいくぞ、隼。」
「パパ。」
「パパが汚れちゃうといけないから、降ろして?」
「ばかだなあ、隼はションベンちびったって、クソにまみれたって可愛いんだよ。」
「やぁん、パパ。」

微笑ましい、父子の会話は続く。

「狭い(ここの)風呂だけど、我慢して入ろうな、隼。」
「狭いと、隼のおしりにパパのおちんちんあたっちゃうから、やん。」
「そんなこと言いながら、こいつぅ、つんつんさわるくせに~。」
「だって、くすぐったいんだもん。」

あははは・・・

いちゃいちゃする沢木親子を見つめながら、絶対いつかその位置を奪ってやると目をぎらつかせる周二だった。



参加中です。
短編小説です。
夏、小説

話としては、今回余り展開がなかったです。
少しずつ大人の階段登ります。・・・まさか、上らずに降りてる・・・?
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村


●こちらのpioさまの鼻血ぷぷっの美麗絵は、BL観潮楼様、夏企画「お題絵」ですので、それ以外の目的の持ち出し使用はお控えください。
それにしても、本当に綺麗なお子様たちですね、うっとりとしてしまいます。
眺めていると、お話がわいてきます・・・さすがに、もうちびるのはやめとこ。
関連記事

4 Comments

此花咲耶  

NoTitle

pioさま

きゃあっ。美麗なお子様達のおかあさま、お越しいただきありがとうございますっ。
お話が広がってるのに、大切な所が広がる気配がないので、テクのない作者はどうやってお仕置きにつなげようかと焦りまくっています。←燦然と輝く高級三点セット・・・使い方から講習受けなければなりません。
虐めてもいいとおっしゃっていただけて、すごく肩の荷が軽くなりました。わ~い☆、いじめっこおっけ~ですか?せめてR指定がつけられるようにがんばりたいです。一皮、いつ剥けるんだろう・・・と思いながら待っててください。
コメントありがとうございました。
がんばります!(*^ー^)ノ

2010/08/12 (Thu) 13:25 | REPLY |   

pio  

やっと拝ませていただきました。

(◯▽◯)電車の中で読まなくてよかった……。
椅子から転げ落ちるくらい面白かったです。
相変わらずの懲りない妄想王子くんに、
相変わらずかわいいねんねちゃん…。
そして微妙に鬼畜な感じがやっぱりたまりません!
かわいいねんねちゃん。。。
どんどん虐めていただきたいですなあ~。
→そしてパパが周二くんをお仕置き→
そしてまたねんねちゃんを責め→繰り返し。
うひゃあ!たまらん。続きが楽しみです~。
ありがとうございました。

2010/08/12 (Thu) 10:45 | REPLY |   

此花咲耶  

Re: Re: こんばんは~

> あみさま
>
> きゃあ。お気に入って下さったようでうれしいです。
> 前のテンプレがどういう具合か、上手く表示されなくなったので(くずれてしまったの)あれこれ探しているうちに、これにたどり着きました。
> 美しいです、見つけたとき此花も思わずおお~!と叫びました。世の中、天才がいっぱいです。
>
> 思いがけず挿絵をお貸しいただいて、お話が広がった気がします。
> 最後にはらぶらぶになるといいなぁ・・・と思っています。作者がテクを磨くしかないですっ!がんばります。
> コメントありがとうございました。うれしかったです~(*^ー^)ノ

2010/08/12 (Thu) 00:07 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2010/08/11 (Wed) 23:33 | REPLY |   

Leave a comment