FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BL観潮楼様・夏の企画「狂った夏」愛犬志願・2 

pioさま挿絵ss
BL観潮楼様・夏の企画「夏―心を焦がす恋―」

「狂った夏」愛犬志願・2


戻ってきた周二くんは、箱を抱えてちょっとうれしそうにしていた。

「ほら、隼。好きなの選べ。」

「なあに?こ・・・れ・・・、犬の・・・?」

箱に入ったのは、たくさんの首輪・・・何でこんなにあるんだろう?
手錠は重くて、手首に痣が付くから動かしたくない。
困っていたら、一つずつ取り上げて、周二くんがぼくの首に合うサイズを探して嵌め始めた。

「おも・・・」

幅の広い首輪は大きな鋲が打たれていて、肩にずんと重みがかかってつんのめって倒れそうになる。

「これ、や・・・」

倒れそうな身体を、前のめりになって何とか支えた。
ぼくはこんな首輪を嵌められて鎖で繋がれて、周二くんのおうちの番犬になって、このままおうちに帰れなくなるのかな・・・・?
大好きなパパと、もう会えなくなるのかな・・・?
そう思うと胸の奥がつきんと悲しくなってくる。

「隼?」

ひっくと、ちょっとだけ涙が出た。

「大丈夫。車に自転車をぶつけたのも、とらさんのカーペットにうんちつけたのも、ぼくだもん。」

「弁償します。」 (`・ω・´)きりっ!←隼


「う~ん・・・SM用の金属でできたやつはスマートだけど、ねんねには似合いませんね~。」

箱の中を物色した挙句、これなんかねんねにいいんじゃないっすかと、木本さんが取り上げたのは、「うちの愛犬日本一」と書かれた桐箱だった。
中に入っているのは西陣織の名工が織ったという、超高級品の一点モノの首輪だった。

「周二坊ちゃん、これなら首に当たる所丸く加工してあって軽いから、ねんねでも・・・」

「こんなの、いや・・・」

「周二くん、ぼく・・・首輪なんて、いや、いや。」

犬になって、周二くんのおうちにつながれてしまったら・・・
長い鎖を引きずって、ご飯とお散歩を待つだけの暮らしになってしまったら・・・

「隼。」

周二くんは、にこにこと優しい笑顔を向けた。
涙が零れそうになってるぼくを、周二くんが背後からふわりと包み込む。

「大丈夫、怖い目になんてあわせないよ。ほら、ちょっと付けてみるだけだから・・・ね?」

優しく宥められて、つい頷いてしまった。

「あっ、隼!めっちゃ可愛~い!やべぇ~~!」

「あぁ~~・・・っ!!殺人的に悩殺的に、超可愛~い!」

と、首輪をつけた(だけの)隼を押し倒して、妄想王子周二は叫んだ。

鎖の重さにちょっと涙目になって見上げてるところも、剥かれた腰のラインも半端なくそそるぜ、隼。
使い道はちょっと違うかもだけど、「うちの愛犬日本一」を作った首輪職人、いい仕事だぜ!

明日になったら、耳付きカチューシャを買ってきて付けてみよう、隼。
そしてバイブの付いた大きなしっぽを後孔に嵌めて、リードをつけてお外にお散歩に行こう。

「周二くん。」

トイレもきちんと足上げてするんだよ、ちゃんと見ててやるから。
後から見たら、小さな隼のたまたまが、ふるふる恥らって震えているのが丸見えだ。
俺の大きなソーセージを、しっぽをぶんぶん振って本気で欲しがれ、隼。
涙目で咥えて、喉の奥で受けとめて泣け、隼。
蜂蜜でもミルクでもぶっかけて、気絶するほど何度でも「おかわり」させてやるから。

腕の中できゅ~んと顔を寄せて、切なく喘ぐ子犬の毛を撫でた。

「ああ、隼・・・まじ、たまんねぇ・・・。」

「周二くん。」

「新しい餌入れ、いつ買いに行こうか・・・。」

「周二くん・・・ねぇ。」

「このまんまずっと永遠に、檻につないで側においときたい、隼・・・」

「しゅうじ・・・くんってば・・・ずっと、ぴんぽん~って鳴ってるよ。」

文字通り、隼が尻尾を振って現れた飼い主に飛びついた。

「パパ!」

「げっっ!!」

『悪魔が来たりて、笛を吹く』

昔、そんな恐ろしいタイトルの映画があった。



愛犬志願3へ続きます。

pioさまの、美麗挿絵の綺麗なお子さん眺めていたら、いじめたくなってしまいました・・・
鎖につないで犬耳つけたら、可愛いだろうなぁ・・・と思ってしまいました。
すみません、ホントすみません。

どきどきしていましたら優しいお言葉を頂いて、根が単純なのですっかりその気になってしまいました。
この続きもありますので、生意気にも書いてゆこうと思います。
ありがとうございました。
夏企画終わっても、このまま秋企画になだれ込み・・・?
今、気がついたらこの二人、本当にキスしかできてないです。いつか、がんばろう(汗)・・・・此花
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村


●こちらのpioさまの鼻血ぷぷっの美麗絵は、BL観潮楼様、夏企画「お題絵」ですので、それ以外の目的の持ち出し使用はお控えください。


関連記事

- 4 Comments

此花咲耶  

No title

アドさま

二回も可愛いっておっしゃってくださって、ありがとうございます。
や~ん・・・うれしくて、どうしましょう。
お話書いているときは、いじめっ子なので登場人物は身も心も大変です。
お仲間の香り・・・?わ~い、お仲間になりたいです。
でも、ちゃんと経験つまないと会話すら理解できないかもです。
がんばります。
(`・ω・´)←まだ、キスどまりのだめっこ。

2010/08/10 (Tue) 16:56 | REPLY |   

アド  

ねんねちゃん

かわいいっ、かわいいっ(2連発)
首輪のネーミングいいですねー!!

そして、ナンといっても「お散歩」中の「おまた」の様子を妄想して、まじ堪んなくなってる周二くん゜ヽ(亝∀亝。)ノ゜.:。+
最高!!

ナニナニ?>うん〇ちびらせたり、全裸で首輪つけてたり・・・
此花さん、なんというスバラシ発想!!
なんだか、お仲間の香りがしますー!

2010/08/10 (Tue) 14:23 | REPLY |   

此花咲耶  

No title

るかさま

いつもお世話になってます。ありがとうございます。
pioさまの美麗絵を眺めていたら、いくらでもお話が出てきてこわい楽しいです。うん〇ちびらせたり、全裸で首輪つけてたり・・・のわ~・・・でも、鼻血吹くほどじゃないのが自分で悲しいです。
大御所の皆様たちに、こんなに続き書いてもいいよ~とおっしゃっていただけで、果報者です。
お読み下さった方が、鼻血でたよ~^^vと言ってくれるようにがんばります。

るかさまのリーマンのお二人の話、読ませていただきました。
性格がきちんと書き分けられていて話し言葉で、ああ、言いそうと思ってしまいます。主人公は皆、傷つきやすく繊細で自分よりも相手を理解しようとするし大切にしようとします。和海さん、好きです。
何か、読んでて自分のよこしまな心が、透明に澄んでゆくような感じでした。
・・・ここに、書いちゃってすみません。
コメントありがとうございました。うれしかったです。

2010/08/10 (Tue) 08:32 | REPLY |   

るか  

No title

大魔神、手ごわ過ぎる・・・いや、手ごわいのは隼くんか??
ああ~~、全裸に首輪!!萌え~~。涙目?!萌え過ぎる。
そんな状況なのに、何も手出しせず、
前かがみでトイレにいって処理。
どっちかと言うと、周二くんのが我慢プレイさせられてるあたり、
やっぱり、ねんねくんは最強です。
続き、プリーズです!
どんどんいっちゃってください~~~!

2010/08/09 (Mon) 23:47 | REPLY |   

Leave a comment

- 1 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  NO.173「檻で飼う」
  •  美佐子(仮名)がJ夫人となってからは年に1回必ず連絡が入る。  彼女はモデル並みの美貌と体型の持ち主である。  実際結婚する前から何度もスカウトを受けたらしい。  だが、彼女が選んだのは中東の某大企業オーナーの夫人としておさまることだった。  現在の...
  • 2010.08.19 (Thu) 20:57 | SMdream
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。