FC2ブログ

小説・凍える月(オンナノコニナリタイ)・36 

「可愛い、可愛い、海広くん。」

「本当に、なんて可愛いんだろうね。やっと、手に入ったよ。」

「いい子だからじっとしてるんだよ。」

「じっと静かにしていれば、痛くなんてしないからね。」

「ああ、やっぱり、どこもかも真っ白ですべすべなんだね。思ったとおりだ・・・」

遠くで誰かの声がする。
「やっぱり?」・・・今、やっぱりって言ったの・・・?
気持の悪い何かが、ぴちゃぴちゃと音を立てて、ぼくの首筋を這う・・

や・・めて・・・
ぼく、舐めてもおいしくないよ。
この匂い知っている、誰の髪の臭いだったっけ・・・?
油の匂い・・・

「そんな顔して、独りでいる方が悪いんだよ。海広くん。」

すぽんと、ぼくのトレーナーから両方の腕が抜かれ、そのまま倒された。
背中が床に当たる。

「せ・・・せんせぇ?」

な・・・に?
ぼくに、何をするの?
どうして、服を脱がせるの?

「君が悪いんだよ、海広くん。」

「ぼくを毎日、誘う目で見て。」

ぼくは何か、いけないことをしたの?
先生を、怒らせるような悪いことをしたの?
だったら、ごめんなさい、ごめんなさい。
大きなナメクジが、首筋からぬらぬらと降りてきて、今度はぼくの裸の胸を這ってる。
気持悪いよ・・・。
さわさわと、手が動く。
生暖かい息がふうっと、そそけ立ったぼくを動けないように包み込む。
ぼくは、蜘蛛の巣にかかった蝶々になってしまった。
逃げられないように、ぐるぐる巻きに糸がかけられる。

教室の冷えた空気が、泡だった肌を刺した。

いや、いや・・・放して。
先生がこわい。

ぼくは、薄暗がりの教室の床に引き倒され、天井を仰いで怖くて固まっていた。
かたかたと全身が震えて、かちかちと歯が走って鳴っていた。

「い・・・やあっ!・・・パパ・・・ぁっ」

声を上げようとしたら、何かで目を覆われ、口の中に何かが突っ込まれた。
湿った冷たい手が、身体中をいったり来たりする。
何とかうごめく手から逃れようと身体を捩じったけれど、非力なぼくにはどうしようもなかった。
どんな状態なのか、見えていないから何も分からなかった。

こわい。
こわい・・・
見えないのが、こわい。

何か、ぬるぬるしたものがお尻の下で動物のようにうごめいていた。

気持悪い。

気持悪い。

助けて、誰か・・・

助けて、誰か・・・

パパ・・・

どのくらいの時間が経ったのか分からないけど、すごく長い時間が経ったような気がしていた。
助けを求める言葉は、押し込まれたものに吸われて声になっていなかったと思うけど、その時ガラ・・・といきなり戸が開いた。

「みぃっ、遅くなってごめ・・・っ!?」

服を全部脱がされて、背後から抱きすくめられたまま、剥き身のぼくは恐ろしい魔人に囚われていた。
両手を縛められて倒れこんだきり、声も出せずにずっと泣いていた。

翔兄ちゃんが、固まった。





正義の味方遅い~!
こんな風に理不尽に襲われてみぃくんはこの先、大丈夫でしょうか。ちょっと展開にやりきれなさが残るかもしれません。でも、幸せがまっているので、長い目で見てください。此花
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村



関連記事

0 Comments

Leave a comment