FC2ブログ

紅蓮の虹・31 

正直、俺は疲れていた。


何本もの興味のない時代劇の映画を、立て続けに見せられたそんな気分だった。


しかも、その先にあるのは紛れもない悲劇なのだ。


全然落ち度のない、清らかな少年が、人々の悲しみを見かねてついに決起する。


正しい行いは正当に評価されることなく、羽根をもがれたように阿鼻叫喚のるつぼへと落ちてゆくのだ・・・


「どうして、コウゲイは俺を連れてきたんだろう・・・」


「俺がいたって、コウゲイの役に立つと思えない。」


コウゲイのいない夜、爺さんと二人きりだった。


いない時に、あれこれ聞くのはフェアじゃないのかもしれなかったが、ちょっと話を振ってみた。


「旦那さまは、虹さまが成長されるのを、それは楽しみにずっと待たれたのです。」


「あそこにいるって、知っていたって事?」


「だったら、なんでこれまで何も言ってこなかったんだよ。」


俺は、かなり不機嫌になった。


ずっと、天涯孤独と信じていた。


うんとちびの頃には、いわれのない、執拗ないじめも受けた。


親がいないというそれだけで、俺は異端の扱いを何度も受けてきたのだ。


それは、百合にしたってステレオにしたって同じことだった。


人と違う。


その排斥の理由は、いつも余りに理不尽だった。


「今のお立場では、どんなにあいたくとも人前にでるわけにはいかなかったのです。」


別に爺さんを困らせるつもりはなかったが、爺さんはやたらとコウゲイを擁護した。


そりゃ、確かに目立つけど・・・


立場ってなんだよ・・・


わけわかんね~よ。








関連記事

0 Comments

Leave a comment