FC2ブログ

小説・凍える月(オンナノコニナリタイ)・26 


「今すぐ、みぃを連れて中央南病院へ来てくれ。急変した。」

「急変?」

脳のでかい血管が切れて、人事不省になったまま二年以上も入院していた、みぃの母親の命が尽きようとしていた。
俺は慌てた。

「みぃくん。ママの病院へ行くよ。」

目を開けずに夢の中で頷くみぃくんを、抱き上げそのままタクシーで飛ばしてきた。
病院の玄関先で、見覚えのあるカメラマンの青年が待ちかねた様子で手を振った。

「松原さん!こっち!」

「間に合ってよかった。どうやら心臓が、停まりそうなんですって。」

病院内の小さなランプを頼りに、脳外科の入院病棟へと駆けた。

「意識が戻らないまま、このまま逝ってしまうかもしれないんで、成瀬さんが呼んだんです。」

「みぃくんとも、これで最期になるかもしれないからって。」

病室から、灯がもれていた。

「みぃ。間に合って良かった。」

成瀬がみぃくんを受け取り、そっと寝台脇の椅子に座らせた。

「ほら、祥子、みぃが来たよ。」

器械につながれた病人は、子どものように小柄で、その顔は驚くほどみぃくんに似ていた。

「祥子、みぃに何か言うんじゃないのか?」

「このまま、逝くのか・・・?」

濃いクマの出来た目もとを見る限り、成瀬はしばらく眠っていないのだろう。
もしかすると、ずっと病院にいたのだろうか。

「ママ?」

小さくつぶやいて、みぃくんは枕元に擦り寄った。
座らせたみぃの頬を、成瀬がずっとこすっていたのだが、やっと意識が醒めてきたみたいだった。
血圧が45になりました、まだ下がってますと、看護師が医師に報告する。
針の太い注射器が、驚くほど華奢な腕に、ぶすりとめりこむように打たれた。

「みぃ・・・ママはいっぱいがんばったんだよ・・・。」

「治ったらみぃと一緒に暮らしたかったんだけど、もう駄目なんだって。」

「ママ・・・」

成瀬が、ぼんやりとしたみぃを、母親の脇に抱き上げた。

「みぃくんが、えっちのお仕事、いやっていったから・・・?」

「違うよ、みぃ。」

「がんばらなかったから?」

充血した目が、傍目にも潤む。

「みぃは、いっぱいがんばったよ。祥子も、がんばったよ・・・」

「でも、駄目なんだよ・・・。」

成瀬の声がいつになく震えたのを、みぃは敏く気が付いたようだった。

みぃくんの、大きな目からふいに涙が溢れ出た。

「おじ・・さん・・・」

「みぃくん、いっぱい、えっちのお仕事する。」

みぃには、たった一人しかいない肉親の死が、直ぐ側に近づいていると分かったようだった。
時々ぐずった自分のせいで、ママが死ぬのだと思ったようだ。

「せんせぇ、ママに、お薬あげて。」

「せんせぇ、ママに、お注射して。」

「ふ・・・ぇっ・・・ママ・・・」

腕を掴んで懸命に揺するみぃくんの姿に、医師が耐え切れず、横を向き鼻をかんだ。



自分で書いてて、哀しくなった箇所です。
子どもって、どうしてこんなに親のこと大好きなんだろう。此花
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村




関連記事

4 Comments

此花咲耶  

こはるちん

> ここは~号泣ですね・・・・・・・・・

読み返して、此花も泣きました。←自分で書いたくせに・・・(´・ω・`)

2011/09/09 (Fri) 10:05 | REPLY |   

こはる  

何度読んでもね・・・・・・・

ここは~号泣ですね・・・・・・・・・

2011/09/09 (Fri) 09:10 | REPLY |   

此花咲耶  

Re: どうしょう・・・・・

> 大泣きです・・・・・

この回は、自分で書いておきながら読み返して泣きました。
切ない場面でした。

2010/12/30 (Thu) 01:04 | REPLY |   

小春  

どうしょう・・・・・

大泣きです・・・・・

2010/12/29 (Wed) 22:01 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment