FC2ブログ

小説・凍える月(オンナノコニナリタイ)・18 

「はい、カットー。」

「里奈ちゃん、お疲れさま。休憩ね。」

金髪が、女優にお絞りを渡した。

「可愛い声で熱演だったね~、成瀬さん、疼いちゃったよ。」

「や~ん、成瀬さんったら。」

先ほどまでの、狂態が嘘のように見えるほど、女優は清々しい顔をしていた。

「実は、彼女の方が圭さんよりも、芸歴長かったりするんすよ。」

「ロリータからやってるから、結構長いよ、あたし。」

うふふっと、こちらに笑顔を向けて、なまめかしく笑う。
いつの間にか、女優の膝の上に乗った海広が、里奈の乳房をさわさわと撫で上げていた。

「里奈ちゃん。みぃくん、おっぱいにちゅっ・・・・していい?」

「いいよ、みぃくん、里奈のおっぱい好きだもんね。」

そっと小さな手を伸ばして胸に触れようとしたとき、つい俺は怒鳴ってしまった。

「みぃくん!何やってるの!」

「駄目だろ?もう、えっちのお仕事止めるんだろ?」

「・・・ふぇ・・パパ、怒っちゃ、や・・・。」

海広はびくっと驚いて、ふるふると肩を震わせると、うつむいて泣き始めた。
俺の怒りの説明もつかない。
真っ当に育て直さなければとでも言うような、妙な正義感に支配されていたとでも言うのだろうか。
女優の胸に伸ばす手馴れた仕草が、何故だか妙に腹立たしくて、怒鳴ってしまったのだ。
海広は、俺の怒声に怯えて、里奈の身体を巻いたシーツの端に顔を埋めた。

「ふ・・・ふぇっ・・・」
「あぁ・・・ああん・・・」

金髪が、ぽんぽんとなだめるように、泣き咽ぶみぃくんの頭を何度か撫でた。

「松原さん。あんたね、みぃの年いくつだと思ってんの?」

責める視線をよこしてきた。

「確かに、みぃには、よくない仕事をさせてきたけど、今のは全部あんたが悪いよ。」

「みぃの年じゃ、まだ、ママのおっぱい触りながら眠ってもおかしくないはずだろ?」

「あ・・・。」

情けないことに、そこで俺はやっと気が付いたのだ。
この子がまさぐったのは、女優の胸ではなく、側にいない母親の乳房だった。

「ああ、そうだったのか・・・」

育った環境がどうあれ、海広は就学前の幼い子どもだったのだ。
求められるままに見せる痴態も、例えば、右を向けといわれたら右を向くというものだ。
俺の持っている常識で考えれば、世間から外れている行為でも、幼い海広が恥ずかしいと思うわけなどなかった。





パパに叱られて、涙ぐむみぃくんに愛を下さい。愛にも、いろいろあるものです。
ss(短編)もお読みいただきありがとうございます。 此花
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村


関連記事

2 Comments

此花咲耶  

Re: 金髪君偉い!

> パパ・・・頑張れ!

みんな、生きるのに大変です。

2010/12/30 (Thu) 01:02 | REPLY |   

小春  

金髪君偉い!

パパ・・・頑張れ!

2010/12/29 (Wed) 21:44 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment