FC2ブログ

小説・凍える月(オンナノコニナリタイ)・13 

「それでいい。」

俺は、きっぱりと告げた。

「交渉成立だ。金は明日用意するから、一日だけ時間をくれ。」

「いいのか?三百万も、そんな簡単に出せるのか、おっさん。」

・・・途端に、拍子抜けした。

「ちょっと待て。おい・・・三千万じゃないのか・・・?」

短い沈黙の後、だれかれとも無く笑い始めた。

「俺、三十万かと思ったんだけど。」

忍び笑いが響いた。

「貧乏人は、黙ってろ。」

「見かけによらず持ってるんだな、おっさん。」

存外、今の俺の見た目なんて、そんなものかもしれない。
どうみても、今はしょぼくれた30半ばの親父だ。
しかも、今は無職だ。

「妻子の生命保険が、入ったんだ。」

みぃくんの母親の最後の情夫だった金髪の良心に救われて、俺はそれから長い間、話を聞いてもらった。
火事ですべてを失ってから、人とちゃんと話をしたのは久し振りだったかもしれない。
金髪は真剣にじっと顔を覗き込んで、俺に起こった話を聞いてくれた。

大人の話しこむその横で、みぃくんはピンクのガーターベルトだけを身に着けて、ぷりんと裸のお尻を晒したまま、駄菓子をぽろぽろ零しながらお行儀悪く転がりながら食べていた。
みぃくんは、沢口海広(ミヒロ)と言う名前で、奇遇にも愁都と同じ年齢だった。

「何でまた、こんなガキの面倒みようなんて思ったの?正直、面倒くさいだけじゃないっすか?」

そこにいる、一応会社のスタッフと金髪(若いのに、社長らしい)に、俺は家族を失った話をした。

「上手く言えないんだが、この子が一緒なら、もう一度前を向ける気がするんだ。駄目だろうか?」

「ん~、どうかな。それじゃいっそ、みぃと直に話をしてみる?」

そして気が付くと、いつか名前を聞かれ「おっさん」から「松原さん」へと出世して呼び名が変わっていた。
おじさんの子どもになってくれないかなと、口の周りにお菓子の粉がついたみぃくんに、正面からお願いしてみた。

「おじさんじゃ、みぃくんのパパになれないかな?」

「パパ・・・?・・・みぃと、お写真とるの?」

「おじさんも、えっちのお仕事するの?」

彼には、世間にはばかられる行為も、そのくらいの認識しかないのだ。
みぃくんには、保護者のことを「パパ」と呼ぶ定義がなかった。
金髪が、横合いからひょいと膝に抱き上げた。

「違うさ、みぃ。パパができたら、もう、ママのためにえっちのお仕事しなくていいんだよ。

みぃは、本当はえっちのお仕事、泣くほどイヤだもんなぁ。」

「うん・・・や。」

たぶん、話の内容が正確には理解できていないんだろうと思う。

「おじさんね、みぃくんみたいな子どもが欲しいんだ。」

「おじさんの子どもになって、一緒に遊園地に行ってくれないかな?」

「ゆーえんち?」

遊園地などと言うと、まるで餌で釣るような気がしたが、半ばうんと言わせたくて、俺はむきになっていたようだ。
金髪が助け舟を出してくれた。

「みぃ。このおじさんもね、いつも一人でご飯食べてるんだってさ。

だから、これからは寂しくないように、みぃと一緒にご飯食べたいんだってさ。」

こいつ、いつも一人で飯だったんすよ、と金髪が告げた。

「なにしろ、撮影、編集はおろか、下手すると、喘ぎ声まで社長自ら後入れするような悲しい会社でね。

可哀想だと思ったけど、仕方なくてこいつは一人で毎日、コンビニ弁当を食ってるしかなくて。」


「だっこ・・・」

泣きそうな顔で、俺に向かって海広は手を伸ばしてきた。




ぎゅっとしてあげたい・・・
ご訪問、拍手ありがとうございます。
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村
関連記事

2 Comments

此花咲耶  

こはるさま

> なぜかここに居るよ~

Σ( ̄口 ̄*) えらく、又遠いところに来ましたね~。
でも、読んでいただいてうれしいです。
>
> ここ泣けるよね・・・・・・・
> 「だっこ・・・」

泣きながら腕を伸ばす場面が好きで、ほかの作品でも何か所か書きました。
余りBL要素のないお話ですが、このお話はたくさん調べものをしたので思い入れがあります。
こはるちん~、読んでくださってありがとうございます。
(*⌒▽⌒*)♪きゅんきゅん~♪

2011/09/09 (Fri) 09:03 | REPLY |   

こはる  

えへへっ~

なぜかここに居るよ~

ここ泣けるよね・・・・・・・

「だっこ・・・」


2011/09/09 (Fri) 08:01 | REPLY |   

Leave a comment