FC2ブログ

紅蓮の虹・26 

「わたしの虹。素直でうれしいよ。」

「だから、その代わり。わたしが四郎の死を受け入れられるまで、もう少しだけ付き合ってくれ。」

「わたしも君のように、きっと自分で片を付けるから。」

そういいながら、コウゲイは俺の向こうに四郎の姿を見ていた。

コウゲイは四郎の死を受け入れて、その後どうするのだろう。

もし、俺なら・・・

俺なら目の前で百合が、鉄砲の弾や、砲弾に吹き飛ばされても正気でいられるだろうか・・・

四郎の側で、笑っていた同じ名前の少女がいつか死んでしまうことは、とうにわかっていた。

四郎が侍大将となり指揮する「島原の乱」に、生き残ったものはいないのだ。

たった一人の内通者を除いて・・・

俺もコウゲイに感化されてしまったのだろうか。

四郎に会いたかった。



  

その時代に飛ぶのは厄介だったが、姿を眺めるのはそこにどんなものでも水面さえあれば可能だった。

こういうの、水鏡っての・・・?

便利だよね。

意識さえ集中できれば、バスタブに張った湯の中にでも、四郎の姿を見つけられると思う。

もっとも、これは歪んでしまって余り映像としては良くない気がするし・・・それにさ。

やっぱ、コウゲイと一緒の風呂は勘弁してください。

俺とコウゲイは、しょっちゅう水を張った大きめのグラスを覗き込んだ。

俺は、一人で映像を結ぶことはできない。

コウゲイとどこかが触れていれば可能だった。

いつか、龍になるのかな・・・

誰も何もいわなかった。

コウゲイと、爺さん、イレーネ。

わからないことはいっぱいあった。


関連記事

0 Comments

Leave a comment