FC2ブログ

小説・初恋・42 

白雪の入れた、紅茶は馥郁(ふくいく)と辺りに香った。


颯は、談笑の延長で奏に告げた。


「如月も、一緒に行こう。」


「どちらへ?夕食には、まだ時間があります。」


「欧羅巴(ヨーロッパ)」


「せっかくですけど、はなむけの食事は洋食ではなく、日本食を予約して有りますが?」


白雪はうれしさの余り、確かめるように清輝のほうを見た。


「実業家枠が一名あるので、申請しておいたんだ。」


「モンテスキュウ教授が骨を折ってくれて、先ほど内定の知らせをくれた。」


小声で囁くように、白雪に伝えた。

「留学の話をしているんだ。如月。」


「留学・・・?」


思いも寄らない急な話に、奏は当惑していた。


「・・僕には、仕事があります・・・」


「それでも、一緒に行こうと誘っている。旅券(御印章)の手配も済んでいる。」


「夏の間に山陰の方まで、線路を引くんです。」


自分のことにかまけている暇はないと、奏は断言した。


「事業家として、しなければいけない仕事は山ほどありますし、働く者の生活も考えなければならないんです。」


「誰が、僕の代わりをするんです。」

精一杯感情を抑えながら、奏は正面から拒絶した。


「君の代わりを誰かがする心配じゃなくて、行く気があるのかどうかを聞いている。」


「そんな・・・」


直接手を下していないとはいえ、領民に酷いことをしておいて、自分を恵まれた環境に置くのを良しとしない奏の話は、仕事上のつきあいのある父親からも聞いていた。


領内で湖西の犠牲になった者達の親族に、詫びているらしい・・・と。


爵位を返上し、貴族院の名誉も捨て、普通の生活を手に入れた奏は、自分が踏みつけてきたものを、時間を掛けて修復しようとしていた。


遺産を残し、死んで詫びることも考えたが、そのまま白雪が後を追うことを恐れた。


この眼前の細い青年は、いつまでそうやって、この世にいない老人の亡霊を引きずってゆく気だろう。


何も知らなかった綺麗なだけの雅な京人形は、今や知りすぎるほど自分を知っていた。


華やかな外見にそぐわない繊細な子供のような内面は、決して表には出なかった。


そんな奏の、隠された孤高の性分を哀れに思う。


颯の胸の奥が、つきんと痛む。


「如月。」


颯は、清輝と相談したとおり奥の手を使った。

「なんです?」


「ちょっと、ここに来て目を瞑ってくれないか?」


「ここで良いんですか?」


不思議そうな奏の手を取り、立たせた。


背後から、ゆっくり包み込むように、腕を回した。


「奏・・・」


耳元に、父の声がする。

背中が固くなった・・・


「もう、いいから。」


「これからは、自分の為に生きなさい。」

颯の声は、記憶する奏の父のものと同じものだった。

ゆっくり、目を開けた。



父の大罪は、私が彼岸に持ってゆく・・・

お前を大切に思っているよ・・・



瞼の裏で父が微笑み、奏は心に響く声を聞いた。


颯の腕の中から、すとんと力なく奏が落ちた・・・・


「ああ・・・この瞬間を、凍らせてしまいたい・・・」

細い震える声が、呟きのように漏れた・・・

関連記事

3 Comments

此花咲耶  

nichika さま

うふふ~♡無視なんてしませんよ~(〃▽〃)
だって、コメントいただくとすごくうれしいんですもん。どきどきしながら、読ませていただいています。
きっと、どこがBLやね~ん……になってると思います。どきどき……(〃゚∇゚〃)

2013/02/03 (Sun) 21:19 | REPLY |   

此花咲耶  

小春さま

> 颯の腕の中から、すとんと力なく奏が落ちた・・・・
>
> 奏救われて力抜けたね^^
>
> 作戦成功( `^ω^)=3 ぃぃぉ

颯の声は、記憶する奏の父のものと同じものです。
せつないです・・・(´・ω・`)

2011/01/24 (Mon) 19:58 | REPLY |   

小春  

つきものも落ちた

颯の腕の中から、すとんと力なく奏が落ちた・・・・

奏救われて力抜けたね^^

作戦成功( `^ω^)=3 ぃぃぉ

2011/01/24 (Mon) 16:14 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment