FC2ブログ

紅蓮の虹・25 

「ありがとう、虹。」

「うれしかった、来てくれて。」

俺は、笑うしかなかった。

やがて、懐かしい施設の前で百合と別れた。

「今はまだ、誰かの世話になっていなきゃならないけど・・・

いつかわたしが独り立ちしたら、会って。

虹。」

「虹がきちんとがんばっているのがわかったから、わたしも泣き言いわないでがんばる。」

コウゲイは側でずっとにこにこしていた。

俺はそっとつついた。

「何で、ずっと笑ってるんだよ・・・」

「いや、可愛くていいな~と思ってね。」

弱みを握られた気がした・・・

きっと、こいつには俺が百合の事が好きだとわかったのだろう。

何でもお見通しだから。



  

「お守りだよ。君とわたしの虹がいつでもつながっていられるようにね。」

「ありがとう、おじさん。」

あ~・・・・

百合ってば、又いっちゃったよ・・・

コウゲイの背にびりっと青白い炎が揺れた。

「水晶だよ。

強い波動を持っているから、困ったときには念じてご覧。

きっとわたしの虹の心に届くから。」

ふっと息を吹きかけ、コウゲイは小さな透明な球を革の袋に入れた。

「こっちはわたしの虹に。」

俺も小さな皮袋を首にかけて貰った。

百合が触ると、体温が届く気がする。

きっとコウゲイの不思議な力を込めてくれたのだろうと思う。



百合が施設に入ったのを見届けて、俺はコウゲイと手を取り合って上空に駆け上がった。

二階の窓に、百合のシルエットが見える。

雲ひとつない空に、赤龍は自在に飛翔した。

「あ!お母さん、虹が出た。」

小さな子供が空に向かって指を差している。

「あら・・・雨上がりでもないのに、不思議ね。」

「虹を見たから、きっといいことがあるわよ。」

あっという間に、俺等は点になった。


  
その後ステレオは、爺さんが送ってくれたそうだ。

ご丁寧にタクシーに大金を払った上に、運転手と共に施設にわざわざ行って、彼等のために言い訳をしてくれたらしい。

いつの間にか、「大好きな虹兄ちゃんに会いたくて来た」ことになっていた。

きっと何かしたのだと思うけど、気にしないことにした。

一度信用した奴は、俺はずっと信用する。

それが人の付き合いというもんだ。

ステレオはときどき、遊びに来るのを許された。

こちらから迎えをやると言う条件らしい。


「あの・・悪かったよ。」

俺はコウゲイに詫びを言った。

百合の事で一気に頭に血が上ったのが、いまさらながら恥ずかしかった。

きっとコウゲイがいなかったら、俺は百合の父親を叩きのめしていただろうと思う。

世間に背中を向けながら、これまでだって幾度となく俺は周囲に迷惑をかけてきた。

例えば、世話になった施設長とかにもね。

一度、激情に溺れてしまったら抑制が効かないと、自分でも知っていたはずだったのに・・・

「ごめんなさい。」


次から行動には気をつけるから。

あくまでも・・つもりです。


関連記事

0 Comments

Leave a comment