FC2ブログ

小説・初恋・36 

「奏さまが死んでおしまいになるかと思って、必死だったんです。」


「・・・それで、構わなかったのに。」



白雪は、あんまりだと言って泣いた。


側に控えるだけの白雪の感情が、珍しく露わになったのは、ひたすらの忠義だろうか。


颯は征四郎にするように、白雪をひょいと膝の上に載せて、よしよしと頭を撫でてやった。


「湖上様。」


しばらく、されるままだった白雪が、涙を拭いた。


「ん?」


「一度、聞きたかったのですが何月生まれです?」


「二月だ。」


「わたくし、湖上様より年長です。」


ああ・・・清輝が、天を仰いだ・・・


奏は白雪の父に宛てて、奏一郎が遺言を残していたと知り、中身を知りたがった。


幼いときに、父は肺病に罹り遠目でしか姿を見ることも叶わなかったから、ほとんど関わりがなかった。


少ない記憶の中で、覚えていたのは奏一郎の穏やかな「声」だけだったが、それも颯の存在で危うくなっていた。


「ぼくは出会った時から、父の声を持つあなたが嫌いでした。」


「大切な父の思い出が、いつか意地悪なあなたに、取って代わられてしまったから。」


「大勢で居ても、いつもあなたの声だけを耳をそばだてて聞いてしまう・・・。」


・・・清輝は、颯が鈍感で良かったと思う。


まるで告白のような話を聞いても、颯はただの話として、にこにこと笑っているだけなのだ。

そういえば、颯もうっとりと見とれながら、女じゃなくて良かったと、宣言していたのではなかったか・・・?


「もしかすると、如月には初恋なのか?」


と、小さな声で白雪に問うてみる。


「ご自覚はないでしょうが、おそらく。」


「お互い、主家は選べぬからな、白雪。」


「はい。骨の折れることです。」


憂いの晴れた二人は笑った。
関連記事

0 Comments

Leave a comment