FC2ブログ

小説・初恋・34(初恋) 

婚約者に、危険が及ぶかもしれないと聞き、颯はひたすら星龍号を走らせた。


葦毛の馬は一目散に、故郷を目指す。


星が瞬く頃、やっと懐かしい領内に入って、一息ついた。


目指す芳賀の家に駆け込むと、水を与え、無理をさせた馬に詫びた。


星龍号は、うっかり奏に観賞用などといってしまったが、自分の馬のようにとてもよく駆けた。


今はまだ不埒な輩は、いないようだ。


「あら、颯さま・・・?」


聡子の無事な姿に、思わず脱力した颯・・・

「今時分、どうなさったの?」


「何か・・・あっ・・・」


颯は思わず、聡子を引き寄せた。


「良かった、無事で。」


椿油の芳しい香りが、豊かに鼻をくすぐる。


緩く髪を編んだ聡子は、以前と何ら変わらない姿で、奏の思い過ごしだったらと思う。


失血でふらつきながら、急げと言った奏の叫びは今も耳に残る。


だが、思い過ごしなどではなかった。


安堵も束の間、ふいにわらわらと、刀を持った数人の男が庭先に現れる。


今時、刀を下げているのは士分にこだわる侍の生き残りだけだ。


聡子の母親が、勝手口で悲鳴を上げた。


「慮外者っ!」


聡子を背中に回し、颯が手にしたのはそこにあった庭箒だ。



「離れないで下さいね。」


「はい。」


息をつめて、聡子は颯の背中に張り付いた。

「その方等。ふとどきな振る舞いの、後ろ盾も知れていると思えっ!」


颯の怒声に一瞬、無頼の輩はたじろいだ。


「北辰一刀流免許皆伝、湖上颯。

いささか腕に覚えがある故、お相手仕る。」


黒い布で顔を覆った男達は、正眼に構えた颯の剣幕に押された。


だがじりじりと、ゆっくり間合いが詰められてゆく。


多勢に無勢、しかも颯の背には聡子がいるのだ。


たとえ死んでも聡子を守らねば、清輝に合わせる顔がない・・・と、観念した。

ぱん!


膠着した、両者の足元に弾着した。


「時代遅れの、名乗りですな。颯さま。」


「清隆。」


「狼藉者などに、武士の情けは無用です。

こういう輩には、飛び道具で卑怯に応戦すべきです。」


湖上家が小藩だった頃からの藩医、芳賀家当主が短銃を構えて手前の男を狙った。


「去ぬるか、向かうか、自由にして構わん。」


「言っておくが、鉛玉は痛いぞ。」


「・・・引けっ!」


こうして男達は去り、説明は後日と言い置いて、再び颯は騎乗の人となった。

まさか本当に奏の言うとおり、聡子の命を狙うものを如月老がよこすとは、思いもしなかった。


本当に、奏の祖父は狂人なのだろうか・・・


しかも何故、自分の婚約者が狙われるのだ・・・?


たった一度招かれた、如月家の夜会での出来事は、誰に聞いても不都合なものではなかったはずだ。


突然いわれのない悪意の攻撃を受けて、颯は未だ混乱していた。


無法者を撃退し、颯は柔らかな愛する人に再会を約束し、もう一度来た道をひたすら駆けた。

・・・そして今。

寄宿舎には白雪の想像通り、華桜陰高校創始者、如月湖西の姿があった。


関連記事

0 Comments

Leave a comment