FC2ブログ

小説・初恋・32 

「奏さま・・・奏さま・・・」


忠義な白雪は、辺りを片付けることも忘れて震えながら、小さく奏の名を呼んだ。


「いつかはこうなると・・・ああ・・・」


「分かってた?犯人に心当たりがあるのか、白雪。」


「殿様は・・・いつも。

いつも、奏さまを苦しめるのです。」


白雪の話は、抽象的で颯を混乱させた。


如月候の仕業なのか・・・?


まさか。


しかし、白雪は言葉を重ねた。


「殿様は、狂っておいでです。」


百合の花弁のような白い指が伸びて、白雪の言葉をさえぎった。


「し・・ゆき。よせ・・・。」

「君は、少し外してくれないか。

白雪と話がしたい。」


「そんな顔で何を言う。

医者が来るまで、付き添う。」


奏は、ほうっと大きな息を吐いた。


「迷惑だと言っているでしょう。この部屋は・・・僕の部屋だ・・・」


「どうかしている、如月。何があったか言え!」


「あぁ・・・うるさい・・・うるさい。

白雪、早く薬をくれないか。」


そこにいる颯を完全に無視して、小瓶に入った液体を湯飲みであおった。


度数の高い、洋酒の匂いがした。

傷のあるときに、アルコールを身体に入れると血の廻りが良くなって、出血はひどくなる。


そんなことも知らないのかと、怒鳴る颯を無視して奏は薬を混ぜた酒を、続けざまに何度もあおった。


「いいですか。一度しか言いません。」


「お爺様に関しては、白雪が言ったとおりの事実がある。

表向きは政府に功ある武官だが、実際は何より血を好む性格破綻者です・・・。」


「しかも、自分に似た僕の血を。」


背筋を怖気が走った。


そして奏は、はっと宙に視線を泳がせた後、何かに気が付いて颯を見つめた。


「そうだ・・・そんなことはないと祈るが・・・いや、わからない・・・」


「なんだ?何が言いたい?」


奏は思考をめぐらせ、できうる限りの湖西の動向を予想し思い描いていた。


奏の流す血と涙だけが、湖西を恍惚とさせるのだ。


その為なら、どんなこともしてのける化け物を畏れながら、今だけは気を失っている場合ではない。

「早く。今は何も聞かずに、早く行ってくれ・・・

最悪の場合、あなたの婚約者に危険が及ぶかもしれない・・・。」


「聡子さんが・・・?何故?面識もないのに。」


「僕が、あなたに興味を向けたから・・・」


「如月!どういうことなんだ!?分かるように、説明しないか。」」


思わず、詰め寄って激しく肩を揺すった。


「ううっ・・」


怪我をしていたのを思い出して、手を離したが考えがまとまらなかった。
関連記事

0 Comments

Leave a comment