FC2ブログ

小説・初恋・31 

ばんと、唐突に扉が開いた。


「奏さま!」


一瞬不愉快そうに、眉がひそめられた。


視線は、テーブルの上の茶器に向けられていた。


「喉が渇いたので、白雪に所望した。

留守に勝手に押しかけて、悪かった。」


何も悪いとは思っていないから、颯の声は当然明るい。


「いえ。どの道、あなたに使いをやるつもりでした。」


小姓に向き直った。


「・・・気の利かぬことだ。」


「白雪、茶菓子は?」

「あ。帰りに虎屋に寄って参りました。」


ぱたぱたと、隣の部屋に菓子折を取りに小姓は走り、颯は思い出して、上着の合わせから懐紙に包んだものを取り出した。


「ほら。」


「如月、口をあけて。」


「え?」


「いいから、ほら。干菓子だ。」


ぽんと、何気なく口許に放り込まれた、上品な和三盆の甘さが奏を戸惑わせた。


「・・・僕はあなたに、干菓子が好きだといった覚えは有りませんが・・・。」


「違ったか?・・・征四郎の好物だから如月も好きに違いないと踏んだのだけど・・・」

「・・・征四郎とは、どなたです?」


清輝は、また颯が余計な物言いをするのではないかと、内心、兢々(きょうきょう)としていた。


「国許にいる弟だ。

いつも後ろをついてきて、とても可愛らしいんだ。

如月を見ていると、思い出す。」


清輝は、どうかそれ以上言わないでくれと天を仰いだ・・・

「おいくつになられます?」

「着袴の儀を終えて、4つになったばかりなんだ。」


ああ・・・


終わった・・・。


清輝は、過日の惨憺たる有様を覚悟したが、驚いたことに、奏はくすりと笑った。

「そうですか。

僕を4歳の子供のようだとおっしゃるんですね。」


「では、あなたを兄上とお呼びしなくては。」


いつもの不遜な奏とは、少し様子が違っていた。


「如月。君、何かあった・・・?」


元々、色は白かったがその顔は蒼白になっていた。


異変に気付いた白雪が、虎屋の饅頭を床に取り落とした。


「何も。・・・あなたのような、兄上なら欲しかったですよ・・・」


「・・・父・・・上の声を・・・」

ふっと力が抜けたように、奏が崩れた。

うさぎの形の白い饅頭が、足元の血溜まりに転がった・・・


「如月!?」


「奏さまっ!」


扉からずっと、点々と血の飛沫が続いていた。


抱きとめた颯の両手がしっとりと染まるほど、わき腹の辺りから出血していた。


「何があった、如月。誰に、やられた?」


固く閉じられた睫毛は、微動だにしない。

「校医を呼んでこよう。」


清輝が、急いで出て行った。


当時はまだ新政府に、不満を抱くものも多く、要職に付いたものなどはしょっちゅう襲われていた。


小さな諍いも多く、突然身分を剥奪された士分の不満は多かった。


そのような輩が、如月を襲ったと言うのか・・・?


ありえないとは言わないが、可能性としては低いと思う。


もし、襲われるのなら何の権力も持たない孫の奏ではなく、侯爵の方ではないのか?


しかも、奏が一人で外出するとは思えなかった。


関連記事

0 Comments

Leave a comment