FC2ブログ

紅蓮の虹・24 

顔色をなくして悪人が退場し、百合はため息をついた。

「虹。ありがとう。」

「そして、おじさんもありがとうございました。」

・・・あ、ストレートにおじさんといわれてコウゲイがへこんだ・・・

百合は知らないけど、コウゲイは本当はとても若い龍だった。

真実の姿は、俺とタメにしか見えないくらいだ。

「いえいえ。お役に立てて「おじさん」もうれしいですよ。」

「お金はどうだってよかったんだけど、渡したくなかったの。」

「・・・だって、これからお母さんと弟の、お墓とか建てなきゃならないし・・・。」

「でも、虹?何でここにいるのがわかったの?」

俺は、仕方なく双子のステレオが泣きながら尋ねてきたことを教えた。

施設長の部屋で俺の住所を探して、そのままタクシーに乗ってやってきたのだ。

そういえば、何時間乗って来たんだろう。

料金メーターは大変なことになっているはずだった。

「そっか。ステレオに礼を言わなきゃね。」

ずいぶん会ってない気がするけど、まだ一週間も経っていない。

百合は少し大人びて見えた。

「連絡するって言ったのに、ごめんな・・・」

「新しい場所に慣れるのは大変だもん。気にしないで、みんな元気だから。」

「虹は虹の道を行けばいいんだって。」

ごめん、コウゲイ。

人に関わるからいけないんだって、わかってるけど、理屈じゃないことも有るんだよね。

離れてみてわかった。

「俺、百合が好きだ。」

心の中で、そういってみた・・・

関連記事

0 Comments

Leave a comment