FC2ブログ

小説・初恋・29(血の飛沫) 

翌日、颯は舞踏を指南してくれた教授にも、不首尾に終わった旨を伝えていた。


「すみません。土壇場で、怖気づいてしまいました・・・。」


にこやかに頷いたモンテスキュウ教授は、颯の夜会での話を既に知っていた。


思いがけず、つい何故かと訊ねた。


「夜会の後、料亭で政府関係の外国人の集まりが有ってね。」


「侍の舞うのを見たと、コンドルが喜んでいましたよ。」


頭を下げに行った颯は、世間の狭さに眼を丸くしていた。


「余りに古風なのが、却って珍しがられたって事なのか・・・?」


清輝も首をかしげた。


「さあ・・・でも、とりあえずしばらくは夜会に行く予定はないし。

舞踏の練習が必要ないのは、確かですね。」


「清輝の詩吟が、思わぬ手柄になった。」


「父上に付き合って覚えたのが、思わぬところで役立ちました。

次は、川中島にしましょう。練習しておきますよ。」


昨夜の颯の切羽詰った表情を思い出して、清輝はからかった。

「あ、白雪。」


寄宿棟の窓から、こちらに向かって頭を下げる奏の小姓に、颯は気が付いた。


あっという間に、植え込みの中を走って行って、下から声をかけた。


「白雪。

昨夜は、世話になった。如月は?」


「奏さまは、本宅にいらっしゃいます。」


「今日は、休むのか?」


「はい。」


手にした雑巾で、掃除中なのだと分かる。

「白雪。一息入れないか?」


「ちょうど、喉が渇いたところなんだ。給湯室で茶を貰ってこよう。」


白雪は、慌てた。


大切な主人の学友に、茶を所望することになる。


「あの・・・。

湖上さま、もう終わりますから、こちらの方にお越し下さい。」


「どうぞ、芳賀さまもご一緒に。」


隣で、清輝が手を上げた。

主のいない部屋は、余計に広く見える。


勝手知ったるという風に、颯は奏の椅子にかけた。


「如月は、気疲れか?」



何気ない問いかけに、小姓は身を硬くした。

「いえ。奏さまはお元気です。」

「ただ、今日の外出は、旦那様がお許しになりませんでした。」


「何故?」


「奏さまが、ご学友をお呼びになったのは初めてでしたので・・・聞くことがあるとおっしゃって。」


白雪は、どこか落ち着かず、頬は青ざめていた。

颯は、奏の後ろに立って表情も変えず、広間を眺めていた老人を思い出していた。


どこか異質な印象を受けていた。


「ああ。鳥羽伏見の武功で、異例の侯爵になったという・・・。」


ふと思いついて、聞いてみる。


「如月の、父上と母上は?」


「奏さまに、ご両親はいらっしゃいません。」

余り詮索をするのはよくないと思ったが、思わずそうかと納得してしまった。


あの、奇妙で不器用な人との関わり方は、心許せる家人の少なさが理由に違いない。
関連記事

0 Comments

Leave a comment